« 前立腺の基礎医学♯4(臨床医学的観点) | トップページ | 前立腺ガンの年齢階層別推移 »

膀胱の基礎医学♯1(発生学的観点)

Developbps3
これまで、男性の前立腺について、詳細に解説して来ました。これからは、男女共通の膀胱について語りたいと思います。
膀胱を単なる袋状の単純な臓器だと臨床医は思っています。しかし、膀胱の基礎医学を詳細に調べ直してみると、違った世界が見えてきます。
このイラストは、胎児の初期の下半身を示したものです。
白枠で囲んだ部分を、これから経時的に順番に解説します。

Developbps
胎児の初期に、「総排泄腔そうはいせつくう」と言う袋状の臓器が、体外(胎盤)と臍の緒で連結(尿膜管)していました。胎児が成長して時間が経過すると、総排泄腔の真ん中にクビレ(尿直腸中隔:白い矢印)が出来ます。このイラストは、第4週の胎児です。

Developb2ps
そのくびれ(尿直腸中隔:白い矢印)がさらに進みます。
次第に総排泄腔が前後2つに分離し始めます。
このイラストは第6週の胎児です。

Developb3ps
完全に分離独立すると、前側が膀胱に、後ろ側が直腸になるのです。膀胱の後ろ側と直腸の前側は、ほぼ同じ部位だとも言えます。このイラストは第7週の胎児です。
この発生の流れから考えると、元は同じ袋状の臓器ですから、脊髄内の膀胱と直腸の中枢神経は元は同じであつた筈ですから、かなり隣接しています。その結果、膀胱が刺激されると、脊髄を介して直腸が刺激され、直腸が刺激されると、脊髄を介して膀胱が刺激されるのです。
その証拠に便秘や下痢すると、頻尿や残尿感が出現し、膀胱炎になると、残便感や下痢が出現するのです。
しかし、不思議なのが、膀胱と直腸の粘膜の違いです。膀胱の粘膜は伸び縮みの可能な移行上皮で、直腸の粘膜は円柱上皮です。同じ総排泄腔から発生した膀胱と直腸なのに、何故に粘膜組織像が異なるのか分かりません。

両側の尿管が膀胱内に侵入して、膀胱の一番下位に結合し、さらに尿道内まで進みます。両側の尿管の断端が接合した部分が膀胱三角部です。ですから、膀胱三角部は、正確には膀胱ではなく尿管由来なのです。
膀胱三角部は、膀胱の他の部位に比較して一番敏感な部分です。なぜ敏感か?と言うと、理由があります。膀胱三角部は、圧力センサーです。膀胱内に尿が十分に溜まると、その圧力(膀胱内圧)が膀胱三角部を強く圧迫します。その圧力を膀胱三角部は尿意として感じるのです。
Img_0890
なぜ、その必要があるのでしょうか?尿管は膀胱の壁を貫通して膀胱内に連結しています。オシッコが沢山たまり膀胱内圧が高まると、膀胱壁の尿管が強く圧迫され潰されてしまい、腎臓から尿を注げなくなります。膀胱内圧を下げるために、尿意を感じて排尿させるのです。オシッコが終われば、膀胱内圧はゼロになりますから、尿管は抵抗なく尿を注ぐことが出来ます。

【参考文献】
ムーア人体発生学 (イラスト改変)
解剖学 金原出版

« 前立腺の基礎医学♯4(臨床医学的観点) | トップページ | 前立腺ガンの年齢階層別推移 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 前立腺の基礎医学♯4(臨床医学的観点) | トップページ | 前立腺ガンの年齢階層別推移 »