« 超音波エコー検査で分かる前立腺・膀胱の形態学的変化 | トップページ | 自転車で会陰部疼痛 »

30代男性の尿管瘤

Netterureterocele尿管と膀胱つなぎ目が、何らかの原因で狭くなり、風船のように膨らんでしまった状態を「尿管留」と言います。イラストのように、尿管断端が風船状になります。風船状態が膀胱を刺激し、頻尿になったり排尿障害が出る人もいます。治療は手術的に狭い部分を切開し、尿管を開放して上げれば良いのです。

Uretcele35415m35echops
この患者さんは、30代の男性の方です。他の病院で左尿管留と診断されたのですが、そのまま放置状態にされ、悩んで高橋クリニックに来院しました。
超音波エコー検査で、確かに左尿管留を認めました(赤い矢印で囲んでいる部分)。この尿管留による刺激症状が、患者さんの訴える症状を作っていると思われました。患者さんの強い機能で、手術になりました。

Uretcele35415m35
手術直前の内視鏡検査で、膀胱の左に二つ玉の尿管留を確認しました。
この二つ玉の中央に尿管口がささやかに開いたり閉じたりしています。



Uretcele35415m352
そこで、電気メスを使い、二つ玉のつなぎ目に十分な切開を入れ、さらに、切開部分を大きく開きました。
開いた部分から中を覗くと、健全な連続性のある尿管粘膜が確認できました。


Uretcele35415m35echo2
術後の超音波エコー検査で、尿管瘤がしぼんでチューリップのように口が開いて見えます。





Uretcele35415m35echo3ps
超音波エコー検査のプローブの角度を変えて観察すると、尿管瘤がラッパのように口が開いているのが分かります。赤い矢印に尿の通り道が確保されています。



Uretcele35415m35echo3d
3D超音波エコー検査機器で観察すると、尿管瘤の小さな豆が観察でき、手術した部分が凹みとして描写されています。




Img_0252
手術後1ヶ月過ぎてから、患者さんが来院しました。
超音波エコーをカラードップラー設定で観察すると、尿管瘤の開放した部分から尿線が勢い良くきれいに見えます。まるで、ゴジラが火を吐いているようです。患者さんと一緒に喜びました。手術前の患者さんの症状も軽快しました。

« 超音波エコー検査で分かる前立腺・膀胱の形態学的変化 | トップページ | 自転車で会陰部疼痛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 超音波エコー検査で分かる前立腺・膀胱の形態学的変化 | トップページ | 自転車で会陰部疼痛 »