« いわゆる、慢性膀胱炎・間質性膀胱炎の症状の秘密と治療 | トップページ

神経因性膀胱 導尿の後遺症「膀胱のカビ感染」

Bns33307m62echo
平成25年4月に大学病院で脊髄疾患の手術を行った岩手県在住の患者さんです。その後、尿が思うように出なくて、さらに尿意切迫感と尿失禁が治らず、神経因性膀胱と診断されました。泌尿器科に自己導尿の指導を受けていました。2年後、高橋クリニックを見つけ来院しました。
初診時の所見は、自尿が90ml、残尿が98mlでした。前立腺は大きくはないので神経因性膀胱と診断されても仕方がないでしょう。超音波エコー検査で膀胱三角部が肥厚し、前立腺内に石灰化を認めます。膀胱頚部硬化症による排尿障害の所見です。まずは排尿障害の治療を優先し、ユリーフとザルティアを処方しました。

Bns33307m62
症状は軽快しましたが、完全ではなかったので、患者さんの強い希望で内視鏡手術を行ないました。
写真は、内視鏡手術直前の所見です。予想通り膀胱出口が閉じていて膀胱頚部硬化症の予見です。

Bns33307m623その際に、患者さんの尿の臭いが独特で異質感をとても感じました。そして膀胱内を観察したら、いつもと全く違う風景でした。膀胱粘膜に黒いものがたくさん付着しているのです。まるで海底の岩のりのようです。臭いの元凶は、おそらく、この黒い物体なのでしょう。おそらくカビ・真菌でしょう。


Bns33307m622
内視鏡手術で膀胱頚部を十分に切除し、前立腺は手を付けずに無事に手術が終わりました。手術後、通常の抗菌剤の他に、抗真菌薬ラミシールを処方し服用してもらいました。膀胱の粘膜に相当の菌糸塊があるし経過が長いので、直ぐには効果が出るとは思えませんでして。

ところが、その翌日、「尿の悪臭がなくなった」と患者さんが喜ばれました。
さて、なぜ膀胱にカビが感染し繁殖したのでしょうか?おそらく自己導尿によってカテーテルでカビを押し込んだのだろうと、思いました。ところが、患者さんに話しを詳しくお聞きすると、ご自分では導尿していないことが分かりました。導尿指導で、すべて医師と看護師が実施したと言うのです。つまり、医原性、医療行為によって感染したと思われるのです。あくまでも、私の予想です。

ここで一つ私が反省することがありました。泌尿器科医からすると、尿臭の存在価値を認識していませんでしたから、考えを改める必要があります。私からすると排尿障害を自覚していない患者さんは、実際には臭わないのに臭う(幻臭)という症状があります。当院に来院する患者さんの多くが、排尿障害が潜在しています。その排尿障害を治療すると、幻臭が消失するという患者さんを多く経験したので、幻臭は大したことはないと思い込んでいました。たから、患者さんから尿臭の訴えを聞いても、「ハイ、ハイ」と軽く考えていました。尿臭を訴える患者さんに遭遇したら、カビも念頭に置くように心がけようと思いました。

« いわゆる、慢性膀胱炎・間質性膀胱炎の症状の秘密と治療 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いわゆる、慢性膀胱炎・間質性膀胱炎の症状の秘密と治療 | トップページ