« 繰り返す膀胱炎、実は異所性・子宮内膜症 | トップページ | 高橋クリニック「診療案内・診療時間」 »

尿失禁の治療 m3.comの記事から

腹圧性尿失禁に対するパルス磁気刺激のランダム化比較試験
2016年12月12日(原文公開: 2016年11月21日)

女性の腹圧性尿失禁(SUI)に対する外科的および非外科的治療間の成功率は有意に異なるものの、ほとんどの患者が非外科的手術を好む。
そこで、マレーシアのペナンにあるマレーシア科学大学薬学部のLim R氏らは、女性のSUIにおいて、パルス磁気刺激(PMS)を用いた研究下の非外科的治療の有効性を評価した。
【方法】
対象は、21歳以上のSUIの女性被験者120人とした。
ランダム化二重盲検プラセボ対照試験を実施した。
治療は、2カ月にわたる週2回のPMS(16回)であった。
2カ月後、被験者は最初のランダム割付けにかかわらず、追加の16回の治療を選択できた。
主要奏効基準は、国際尿失禁会議の尿失禁質問票-簡易版(ICIQ-UI SF)における5ポイントの低下とした。
重要な副次奏効基準には、他の副次基準で補完された客観的および主観的治癒とした。
1、2、5、8、14カ月時に追跡調査を実施した。
【結果】
2カ月時点で、実処置群45/60人(75%)、プラセボ処置群13/60人(21.7%)で治療が奏功した(P<0.001)。
2カ月後には、実処置群24人(40%)およびプラセボ処置群41人(68%)が実処置による追加のPMSを選択した。
14カ月時点で、治療奏効率は実処置のPMSを32回受けた群で(75.0%、18/24人)で、最も高かった(P<0.001)。
16回受けた群では72.2%(26/36人)および68.3%(28/41人)、実処置のPMSを一度も受けなかった群で21.1%(4/19人)であった。
【結語】
磁気刺激治療による長期奏効率は、手術を希望しない患者にとって魅力的な非外科的代替手段であることを示す。

Tmu1100nihonkoden
文献に記載されている磁気刺激装置が、当院にもあります。
唯一、日本光電一社から磁気刺激装置が発売されています。
尿失禁は勿論のこと、ご婦人の過活動膀胱の治療装置ですが、間質性膀胱炎や慢性前立腺炎の患者さんにも有効です。
1100mecha
椅子に仕掛けた高周波のコイルから磁力線が発生し、骨盤底筋や神経を刺激します。
本質駅には、骨盤底筋を刺激するから改善するのではなく、膀胱括約筋や膀胱三角部を刺激することで治療効効果が得られるものと、私は考えています。

« 繰り返す膀胱炎、実は異所性・子宮内膜症 | トップページ | 高橋クリニック「診療案内・診療時間」 »

コメント

70代の父のことでご相談させてください。
頻尿と排尿時のおちんちんの先の痛みがあり、近くのクリニックで尿検査をしたところ尿潜血と尿蛋白が陽性でした。
翌日大きな病院で尿採取後エコー検査をしたところ特になにもなかったそうです。
【回答】
超音波エコー検査の能力は医師によってピンキリです。」

翌週の通常のCTと造影CTでも何も見つからなかったのですが、先週とった尿細胞診の結果がクラス4だったということで膀胱鏡検査をすることになりました。
クラス4ということで家族としてとても不安です。
尿細胞診でクラス4が出ても造影CTにまで何も写らないということはあるのでしょうか?
【回答】
あります。」

それとクラス4でも癌ではないということありますか?
【回答】
あります。」

宜しくお願い致します。

投稿: ちょうし | 2016/12/21 08:33

お返事本当にありがとうございます。
不安ですが癌でないことを祈って膀胱鏡検査の結果を待ちたいと思います。
またよろしくお願いします。

投稿: ちょうし | 2016/12/21 09:24

高橋先生
お世話になります。
梅毒検査に関しての質問です。
11月の血液検査でTPHA 80倍、RPR陰性の結果でした。
思い当たることとすれば6月頃風俗に一度行ったあとに、陰茎の根元に口内炎のような痛みを伴う1cmに満たないものができ、受診したら梅毒の心配はなく、ヘルペスかなと言われて抗ウイルス薬を5日内服しましたが良くならず、さらに5日飲みましたが改善しませんでした。ステロイドの軟膏を塗ったら数日で良くなりました。
上記結果だと、先生のブログを読むと、現在は治療の必要のない既感染で治療後と判断されると思うのですが、一期梅毒の無痛性潰瘍には一致せず、もやもやしています。梅毒としての治療はしていませんが、溶連菌感染の診断で夏にサワシリンを倍量10日間内服しており、これが治療になったのでしょうか?
12月にもう一度検査してもらいましたが、やはり血液検査の結果は同じでした。
少ないとはいえ偽陽性なのかどうなのでしょうか。
【回答】
偽陽性でしょう」

感染の既往に関して白黒つけたい場合はFTA-ABSをチェックすればよろしいのでしょうか。
よろしくお願いします。

投稿: ハート | 2016/12/29 16:30

高橋先生お世話になっております。
ご相談させていただきたいことが
ありましてご連絡させていただきます。
私は20代男性で以前にクラミジアの尿道炎にかかりました。
尿道炎は完治したのですが
まだ排尿時に尿道が痛むことがあります。
【回答】
尿線が細くなければ、尿道狭窄はないと考えます。」

後遺症で尿道狭窄症になるとの情報を耳にしたのですが
検査方法がレントゲンや内視鏡など
少なからずリスクがあるものばかりで
わかってはいてもレントゲンや内視鏡で
尿道に傷ついたらどうしようと思うと
脚が進みません。
尿道狭窄症の検査としてMRIでは
正確な検査は出来ないのでしょうか?
【回答】
出来ません。」

お忙しい中ではあると思いますが
よろしければ返信いただけると幸いです。

投稿: あかし | 2017/01/02 23:35

お忙しい中返信いただきありがとうございます。
見た所、尿線は普段と変わらないのですが、
亀頭から2、3センチ離れた所が生活してる中で
たまに痛みが出たり、尿をする時はその場所に
違和感を感じるのですがやはり狭窄とは違うものなのでしょうか?
【回答】
違います。

投稿: あかし | 2017/01/08 01:42

初めまして高橋先生!
1つ相談したいことがあります。
1ヵ月ほど前から、

私の亀頭の表面に7ミリくらいの血管のようなものが浮き出てきました。萎縮時には見えないのですが、勃起時には少し浮き出て目で確認できるほどです。
いろは青紫ぽい? まさに血管のような感じです。
しかし触ってみるとコリコリとしていて軟骨のような感触です。
特に痛みはなく触れば感触を感じるくらいなので困ってはいないのですが。心配にはなります。


性交渉は週に2度くらいあり、相手はいつも同じです。
また備考ですが、症状が出始めたころに 自慰のし過ぎ?か陰茎包皮炎になり泌尿器科でルリコンを支給してもらっていました。
包皮炎は完治したのですが、最近になって血管のような症状に気づき相談したいと思いここに書かせていただきました。
画像を提示することも可能ですので。良ければ送信先を教えていただけませんでしょうか。
お忙しい中長文で失礼いたします

連投になっていたらすみません
【回答】
尋常性乾癬でしょう。
専門家に診てもらってください。

投稿: たかし | 2017/01/17 19:11

高橋先生、よろしくお願いいたします

私(男性)は過去数十回、尿管結石になった事があるのですが、今回尿道(性器)に石が詰まって2か月ほど出てきません
痛みもあり、つまんで引っ張り出して欲しいのですが、通常泌尿器の先生に言えば取って貰えるのでしょうか?
または、断られるケースもあるでしょうか?
【回答】
経過が長ければ、除去してくれます。」

また、個人病院と総合病院では対応が変わる(取り出す器具の有無等)事はあるでしょうか?
【回答】
病院によります。」

お忙しいところ恐縮ですが、よろしくお願いいたします

投稿: 西村 | 2017/02/08 11:42

高橋先生、記事の内容とは違うのですが、どうかお知恵をお願いします。
現在35才独身出産未経験で、17才の時にお腹が筋肉痛をして数日後にお臍から膿が出て、肉芽も出て、尿膜管遺残症と診断されましたが、どうしても手術が嫌で、イソジンで消毒を毎日してたら肉芽がまたお臍の中に戻っていき治りました。
次に24才の時にもお臍から膿が出ましたが、抗生物質ですぐに治りました。
そして2年ほど前から、お臍から異臭がしており、特にお風呂上がりに臭いが強く、先週やっと泌尿器科を受信しました。
この2年ほど前からの再発では、膿も肉芽も出なく、臭いだけでした。
フロモックスを1週間分処方されて飲んでたら、いきなり4日目(昨日)に、下腹部に痛みが発生し、膀胱も圧迫されてる感じで、夜中も10回近くトイレで起きました。
今日もずっと痛みがあり、動くと更に激痛なので、仕事も休み、家事すらできません。
2年間臭いだけだったのに、フロモックスを飲んでから、症状を助長させたのでしょうか?
今回受診したのは泌尿器科で、尿膜管遺残の手術を勧められましたが、腹腔鏡の手術はこの先生はできないのか、開腹手術と言われました。
この病院を受診したらひどくなったのと、最悪手術するにも腹腔鏡じゃないと仕事柄困るので、腹腔鏡の尿膜管遺残の手術の症例がある病院を調べ、その病院の泌尿器科は明日は休みなので、明後日受診する予定です。
できることなら、手術はしないにこしたことないのと、万が一手術するにも、今は仕事柄もあり、少しでも傷が残る為、先延ばしして50代以降ならできるのですが、やはり薬で治すことは難しいでしょうか?
お忙しい中ご面倒おかけしますが、よろしくお願い致します。
回答
貴方は、水分多く摂取していませんか?
例えば、コーヒー、紅茶、ジュース、牛乳、お茶、水、アルコールなど水分の多い飲みものを毎日2リットル近く飲んでいませんか?
貴方の体に必要ない水分は、炎症という形で、水分を体外に出そうとします。
それが、おへその炎症に関連します。
1日の水分量は、上記のものを1リットル以下に減らしてください。
おへそは、消毒しないで、入浴中にお湯で洗うだけにしてください。
石けんもダメです。
薬局に行き、白色ワセリン軟膏を購入し、おへそに毎日、少しずつ塗ってください。
おそらく、貴方の膀胱には排尿障害が隠れていて、今回の症状に見かけ上なっているのでしよう。
ですから、水分を取れば取るほど、尿にならないで、炎症、膿みになるのです。

投稿: まるる | 2017/03/21 05:24

高橋先生、お忙しい中ご返信ありがとうございます。
先生の仰る通り、普段胃薬や偏頭痛薬、サプリメントを飲むので、ミネラルウォーターを1日2リットル近く飲んでます。
10年前から頻尿気味なので、仕事中や出先では、ほぼ水分は飲まなく、自宅でのみです。
これから1日1リットルに抑えます。
水分摂取が多いと、膿にも繋がってしまうのですね。
そうしますと、私は排尿障害で、尿膜管遺残ではないということでしょうか?
回答
尿膜菅遺残は、一定の%で人にあるものです。
その全ての人に病気があるとは限りません。」

また皮下脂肪でなのか、昔よりお臍が深くなったのですが、お臍の中の奥まで白色ワセリンを塗るのでしょうか?
回答
はい。」

ワセリンをお臍に塗ることには、どのような効果がありますか?
回答
理由は難しい理論で、ここでは説明できません。」

保湿のような役割でしょうか?
度々申し訳ありません。よろしくお願い致します。

投稿: まるる | 2017/03/21 19:05

高橋先生、お忙しい中再度ご回答いただきありがとうございました。
尿膜管遺残は全ての人が炎症を起こすわけではないのですね。
さっそく白色ワセリンを購入して毎日続けます。
この度は本当にありがとうございました。
高橋先生もお身体お大事になさってください。

投稿: まるる | 2017/03/24 21:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 繰り返す膀胱炎、実は異所性・子宮内膜症 | トップページ | 高橋クリニック「診療案内・診療時間」 »