« 子宮頚部異形成class3aからclass1へ | トップページ | 神経因性膀胱の治療#1 1日4回の自己導尿の患者さん »

思い込み 「神経因性膀胱は治らない?」

この命題は、ある意味「本当」で、ある意味「嘘」です。
医師は、神経因性膀胱そのものは元の健全な膀胱に戻ることはないし、神経因性膀胱による症状(排尿障害)も治ることはないと、考えています。
私は、膀胱が元の健全な膀胱に戻ることはないと思っていますが、神経因性膀胱による排尿障害という症状は「治る」と考えています。
膀胱に力がないから排尿できないというのが神経因性膀胱の一般的な概念です。
私はこの概念を否定しています。例え本当に神経因性膀胱であっても治療法が的確であれば、排尿障害は治るというのが、私の自論です。

下記にその実例を上げましょう。

患者さんは岩手県在住の73歳男性です。
たまたま受けた健康診断でPSAが4.2(正常値は4.0以下)とわずかに高く、前立腺癌を疑われ、病院に入院して前立腺針生検を受けました。
12ヵ所の生検で1ヵ所から偶然に(12分の1ですから偶然と考えてよいでしょう)癌細胞が発見され、その後お決まりのホルモン療法を受けています。
前立腺癌の骨転移を調べる骨シンチ後に、まったくオシッコが出ない尿閉状態になり、それ以来6ヵ月間1日6回の自己導尿(自分でカテーテル・管を尿道から膀胱まで挿入し排尿する操作)を続けています。
大学病院から定期的に来る「神経因性膀胱専門」の偉い泌尿器科医は「神経因性膀胱」と当たり前のように診断し、自己導尿は一生続ける必要があると誰でも思いつく判断です。
患者さんにしてみれば、それまで自分の力で排尿できたのに、針生検や検査後から自然排尿できなくなったことを考えると納得がいきません。神経因性膀胱も以前からあったものだとの医師の判断です。
前立腺癌腫瘍マーカーのPSAは1を前後しています。患者さんの悩みは前立腺癌ではなく排尿障害であるにもかかわらず、主治医は執拗に放射線治療をすすめます。

さてさて、その患者さんが業を煮やして岩手から東京の高橋クリニックに来院されました。
検査で頑張って自尿が85ml、残尿が500ml以上です。患者さん曰く、「何とか自然排尿できた時は、直後の自己導尿での残尿は必ず500ml以上」という状態です。

ここで問題点を整理しましょう。・・・

ここで問題点を整理しましょう。

1.前立腺癌腫瘍マーカーPSAが4.2とグレイゾーンであった。
2.針生検の結果、前立腺癌が発見された。
3.検査後から、十分な自然排尿ができなくなり(0~100ml未満)、毎日6回自己導尿(毎回500ml以上)を繰返している。
4.排尿障害は神経因性膀胱のためであり、以前からあったと主治医は判断している。
5.現在の患者さんの苦しみは、前立腺癌ではなく排尿障害である。

患者さんの苦しみを無視し、前立腺癌を「錦の御旗(にしきのみはた)」にしている医師の姿が見えて来ます。命にかかわる「癌」の治療をしているだから、細かいことは黙れ!と、言っているようにも思えます。

誤解1.PSAは前立腺癌だけではなく、前立腺炎や排尿障害を来たす前立腺肥大症・神経因性膀胱の際にも上昇するのです。【PSAの上昇=前立腺癌】は誤解で、経過から判断すると本当は【PSAの上昇=神経因性膀胱】だったのです。針生検で確認した前立腺癌は潜伏癌だったのでしょう。

誤解2.高齢者の場合、潜伏癌は必ずしも治療する必要はなく、命にはかかわらないエビデンスがあります。

誤解3.患者さんの苦しみは前立腺癌ではなく、自己導尿を行なっている排尿障害です。

患者さんの強い希望で、前立腺癌は取りあえず横に置いといて、排尿障害を軽減させるため内視鏡手術を行ないました。
手術の結果は膀胱頚部硬化症+前立腺肥大症で、手術中に採取した組織からは、前立腺癌は認められませんでした。
手術後3ヶ月を経過しました。平均自尿86ml、平均残尿320mlと改善傾向にあります。自尿が多い時には200ml、残尿が少ない時には200mlということもあるのです。自己導尿も1日6回から4回へと減りました。患者さんは手術の手ごたえを感じ、平成20年2月に2度目の手術を強く希望しています。

【2回目の手術後経過】
Nb20745m74letter患者さんから右の術後報告の手紙をいただきました。
患者さんに根負けして2度目の手術を行ないました。以前の手術を行った時も地元の主治医に気分を悪くされたそうです。一般的に神経因性膀胱は治らないとされていますから、それを内視鏡手術で治そうとする無謀な医師(私)に拒絶反応が出たのでしょう。新しいことを考えて実行すると非難轟々です。しかし、この治療法が一般的になれば「コロンブスの卵」と同じで「なぁ~んだ」ということになるのです。

さて、話を手紙に戻しましょう。驚くことに残尿量が激減したのです!文面の通り、排尿の勢いは未だ悪いようですが、自尿の量も増えました。
自己導尿を実施していますが残尿量がゼロの時も多くなり、自己導尿も行なわなくなっています。
下の排尿日誌を見ると、自尿の平均が255ml、残尿量の平均が32mlです。一番最近の3日間では自尿平均が282ml、残尿量はゼロです。
Nb20745m74letter3_3Nb20745m74letter2_4

【補足】
この患者さんの事例に限らず、神経因性膀胱=積極的な治療法なしという構図が一般的です。
治療法としては、自己導尿かカテーテル留置しかありません。神経因性膀胱にもっと手術を!と考えている医師はほとんどいないのが現状です。
この患者さん以外にも神経因性膀胱と以前にどこかで診断され、私の内視鏡手術でQOLが改善した患者さんが3人います。確かに神経因性膀胱そのものは私の手術では治せませんが、悩みを軽快させることは可能です。
泌尿器科医のみなさん!だまされたと思って下部尿路の尿流抵抗を軽減させる手術をぜひ行なって下さい。高齢男性であれば前立腺切除手術、若い男性あるいはご婦人であれば膀胱頚部切開手術です。きっと患者さんに感謝される筈です。

この患者さんは男性ですが、ご婦人の神経因性膀胱の患者さんについて知りたい方は、ここをクリックして下さい。

【参考】
神経因性膀胱についてまとめて掲載しています。詳細に知りたい方はクリックしてください。

« 子宮頚部異形成class3aからclass1へ | トップページ | 神経因性膀胱の治療#1 1日4回の自己導尿の患者さん »

コメント

スイマセン!心配な事があって質問します。前に同じ質問があったかもしれませんが......最近、以前と比べて睾丸が小さくなってきているのですが、何か病気でしょうか? (自分は、母子家庭なので親に質問しずらいので聞かせてもらってます)

原因かは、分かりませんが自慰を13歳ぐらいから毎日のようにしていました 現在、年齢は14です

【高橋クリニックからの回答】
まず問題ないでしょう。
心配なら地元の泌尿器科医を受診して下さい。

投稿: 少年 | 2008/01/06 13:52

すみませんが心配な事があるので質問させて下さい。5日ほど前から尿道口にそうように幅1mm程度、長さ3mm程度の平で薄い膨らみが出てきました。痛み,かゆみ,匂いは無いのですが,ほんの少し膨らみの範囲が大きくなった様な気がします。性交の経験はありません。何かの病気でしょうか??

【高橋クリニックからの回答】
性交渉がなければ、性病ではありません。
様子を見てよいでしょう。
心配なら地元の泌尿器科医を受診して下さい。

投稿: 高校3年 | 2008/01/07 11:09

すみませんが心配な事があるので質問させて下さい。5日ほど前から尿道口にそうように幅1mm程度、長さ3mm程度の平で薄い膨らみが出てきました。痛み,かゆみ,匂いは無いのですが,ほんの少し膨らみの範囲が大きくなった様な気がします。性交の経験はありません。何かの病気でしょうか??

投稿: 高校3年男 | 2008/01/07 11:12

下の書き込みの性別は男です。

投稿: 高校3年 | 2008/01/07 11:18

御回答本当にありがとうございます。おかげさまでとても安心しました。

投稿: 高校3年男 | 2008/01/07 18:07

ご回答ありがとうございます。一応、今日頑張って親に言ってみて、病院に行ってみようと思います。

投稿: 少年 | 2008/01/07 18:19

2004.5.19~地元で通院 23~27日まで入院、髄膜脳炎と28日に大学に移送され、診断されました。10日間くらい意識がなく(麻酔)その後8,12の退院までの間にカテーテルを数十回しました。
それから退院後通院して、そのときの医者との診断で、
膀胱内視鏡、水圧検査、尿流、残尿検査をしました。
1度尿閉ありです。腰椎穿刺を10回くらい髄液採取の為したために、出にくくなりました。
ウブレチド ハルナール セルニルトン ベシケアなどを飲んでました(いまはセルニルトン ベシケア)です。自然排尿が忘れ今年で4年目です。
通常の尿意を催したときの感じより10倍くらいの痛さが襲ってきます。腰もヘルニアです。
SSRIを飲んでてSNRIを服用したいが、排尿困難には出せれないと言われました。今の大学ではそれ専門は難しいようです。紹介とかも話しましたが、どういった方向に進めばいいですか?
思い切り力まないと出ません。残尿感はありません。

【高橋クリニックからの回答】
力むことができるのなら、膀胱出口~前立腺にかけての抵抗を除去するしかないでしょう。
場合によっては、内視鏡手術になります。
しかし、射精ができなくなるリスクがあります。

投稿: T | 2008/03/03 18:06

そうですか・・・手術はどうしても嫌なので、今後も薬と鍛えるつもりで頑張ってみます!!
ありがとうございました!!

投稿: トシ | 2008/03/06 10:25

去年の夏に“脊髄星状細胞腫”と診断され、手術をしました。
その際に“T12-L1”の位置を一部骨切りをし、腫瘍を除去しようと試みました。
しかし、病理検査の分しか、取れませんでした。
その時に、神経に触れたのか、徐々に下肢に麻痺が出現し、歩く事(立位も)が出来なくなり、寝たきり状態になりました。
今年の4月には、排泄障害も出てきました。
症状が出る、数時間前までは、尿意があり、尿器に出てましたが。
その後、尿意が無くなり、失禁状態になりました。
数日後になると、今度は出なくなり、腹部の膨満感が酷く、バルーンを挿入すると、一気に“3000cc”ほど出ました。
それからは“バルーン”を留置しています。
今は尿意・便意は無く、時々“ペニス”が「ザワザワする」と言ってます。
脊髄の病気になると、一度機能が停止した部分は、戻らないと聞きましたが、かすかに感覚がある!?以上は、望みを途絶えたくないと思ってます。
このような症状でも、尿意が戻り、自尿が出るようになりますか?
彼はまだ“50歳”です。

長くなりまして、申し訳ありません。

【高橋クリニックからの回答】
内容がとても重いので、テーマとして詳細に回答します。
http://hinyoukika.cocolog-nifty.com/urology/2008/06/post_de5c.html
少しずつしか回答できませんので、お待ち下さい。

投稿: さえ | 2008/06/01 05:19

とても心配なので質問させてください。
私の母は、八年前に髄膜炎に罹りました。
数年前から足がしびれたり平衡感覚が鈍かったりととても大変なようです・・・
最近頻尿が気になりだし、病院に行ったところ「神経因性膀胱」と診断されました。
1週間前からCICを始めたそうなのですが、うまくいかず、仕事が忙しのもあり、その作業をする体力も時間もなく一回やったきりでできてないのです。
CICは慣れるものなのでしょうか?またこの病気は治るものなのでしょうか?
ほかに治療法はありますか?
たくさん質問してすいません・・・
よろしくお願いします。

【回答】
CICは「自己導尿」のことを言っているのですか?同じ略語でいくつか意味が違いますから・・・。
自己導尿だとすれば、慣れると思います。
それよりもまず、エブランチルの服用を私はすすめます。

投稿: しずく | 2010/02/25 20:59

70歳になる父が脳梗塞の後遺症から神経因性膀胱になり、大阪の河内長野の病院へ通院し、4時間に一回カテーテルで自己導尿を1年近く続けておりますが、とてもじゃないけど続けていく自信と気力がないと、言っており、私としても何とかしてあげたい気持ちの所、先生の文章を見つけ、勇気がもらえました。大阪の病院で手術して下さる病院はご存知ないでしょうか?父は毎日のように、手術で治るなら治したいと言っております。

【回答】
神経因性膀胱は治らないというのが、泌尿器科医の常識です。
そういう意味では、私は異端児です。
ですから、ご紹介できる医師を存じません。
手術をしないまでも、前立腺肥大症の排尿障害の薬で軽快することがあります。
α-ブロッカー(ユリーフ・ハルナールなど)です。
地元の医師に処方していただいて下さい。

投稿: 主婦 | 2010/11/22 19:22

ご回答感謝します。
薬を処方して頂いて様子をみたいと思います。

投稿: 主婦 | 2010/11/24 11:10

70歳の母が先月「神経因性膀胱」と診断され、現在カテーテルで自己導尿を行っています。数カ月前から尿意をほとんど感じなくなり自分で意識してトイレに行き、膀胱の上あたりの下腹部を手で押さえるなどして排尿していたようなのですが、通院治療中に膀胱炎になったのをきっかけに自己導尿することになりました。

母は元々、若い頃から排尿の間隔が長い人で、意識してトイレに行かないと、朝排尿してから夕方まで尿意を感じなかったりするとは言っていたのですが、今回のようなことはもちろん初めてで、何より原因がわからないのが心配です。現在通院している先では、神経因性膀胱の治療のみを受けているようなのですが、その原因(外的要因や腫瘍などによる神経の損傷など?)は調べなくても良いのでしょうか?
本人は、特に他に具合の悪いところもないし、若いころ自律神経失調症によるめまいなども経験したので、またそれが原因だろうと自分で勝手に診断していますが・・・。

また、一旦このような状態になってしまった場合、原因がどうあれ、先生の薦めておられる手術以外に治癒、回復する可能性は低いのでしょうか?
【回答】
内視鏡手術以外ですたら、α-ブロッカー(エブランチル)の服用で軽減することがあります。

宜しくお願いします。

投稿: MY | 2010/12/02 23:48

はじめまして。
神経因性膀胱と射精障害についてお教えいただけないでしょうか。

私は、38歳男性、神経因性膀胱と診断されたのは11歳、8年程度自己導尿と投薬をしていましたが現在はどちらもしておりません。残尿の量がたいへん少なくなり若さと知識不足から勝手に止めてしまいました。神経因性膀胱になった原因は、鎖肛手術等であるようです。
さて、若い時から射精時に精液が外にでることがなく(膀胱に逆流している)、仕方ないと諦めておりましたが、妻が年齢的にも限界が近く、もし自分たちで授かれる方法があればと思っております。
かかりつけ医には、今一度自己導尿を中心として、キレイな尿、膀胱にして精子を取り出す方法を提案されています。
他に何か方法はありますでしょうか。
妻の希望は人工的ではなく、自然にと希望しており、その可否を正しく認識したいと思っております。
お願い致します。
【回答】
逆行性射精は、膀胱出口が射精時に閉鎖しないために起きます。
本来、排尿時には開き、射精時には閉じるべき動きのある膀胱出口が十分開きもしないので神経因性膀胱としての排尿障害に、十分に閉じもしないので逆行性射精になるのだと考えます。
治療として、動きのない膀胱出口に内視鏡手術で切れ込みを入れ、開きやすく閉じやすくすれば改善します。
お互いに(患者さんにとっても医師にとっても)勇気のいる決断です。

投稿: たか | 2012/02/29 17:03

排尿困難の場合神経因性膀胱と膀胱頸部硬化症の違いはどこにありますか?
【回答】
症状だけで違いの判断はできません。
検査で判明します。

投稿: | 2012/08/30 20:37

はじめまして、お世話になります。
お聞きしたいことがあって書き込みさせていただきました。
つい先日、母が水腎症、急性腎盂腎炎の疑いで入院し検査したところ原因が神経因性膀胱とのでした。
膀胱の圧が高くて貯留できる尿量が70ccくらいで、やはり尿管へ逆流して腎疾患を引き起こした模様です。
原因としては24年程前に子宮癌で全摘しているのですが、そのときの放射線治療の後遺症で膀胱=尿管機能失われてきたとの見解でした。
これからの治療としては選択肢としましてやはり自己導入が考えられるのですが、母としてはどうしても精神的に落ち込んでいるようで、なんとか自己導入しないような方法で考えていきたいのです。
何かございますでしょうか?
【回答】
排尿時に膀胱出口が十分に開かないので、内圧が上昇するのだと考えます。
まずはα-ブロッカー(エブランチル)を使用し、膀胱出口を開きやすくするのが第一の治療と考えます。』

症状を見てみないことには何とも言い難いとは思いますがよろしくお願いいたします。

投稿: 息子 | 2012/10/02 09:09

お忙しい中、回答いただきありがとうございます。
エブランチルですか・・・、実は検査入院の前にエブランチルが処方されていたのですが、副作用で血圧が下がって気持ち悪くなったのです。
近々退院予定なのですが、どうやら今日、ベタニスが処方された模様です。
ベタニスがどれほど有用性があるか服用してみて様子見という感じですね、きっと。
これからの症状次第では、ぜひ先生に一度診ていただいた方がいいのかもしれないと思っています。
その際はよろしくお願いいたします。
【回答】
OKです。

投稿: 息子 | 2012/10/02 14:51

25歳女性です。排尿困難で病院を受診し、神経因性膀胱と診断されましたが、原因がわかりません。私は特に子宮や膀胱の手術した事もありませんし、椎間板ヘルニアになった事や、背骨に異常があるなどとは一度も言われた事はありません。自己導尿方法とエブランチルカプセルを処方されました。できる事なら自己導尿はしたくありません。エブランチルカプセルは飲んではいますが、なかなか改善の兆しが見えません。もしこのまま自分で排尿が出来なくなったら…と考えると夜も眠れず涙が止まらなくなります。自己導尿せずに自分で排尿する方法、何かないでしょうか。助けてください
【回答】
私の出来ることは、現時点では内視鏡手術しかありません。

投稿: まい | 2012/11/09 17:36

はじめまして。

 膀胱無神経について治る可能性はありますかにいて教えていただけないでしょうか。

 病院で先天性無神経と言われました。その病気は治りますか。どういう治療法がありますか。
【回答】
先天性無神経という病名を聞いたことがありません。
もしも、そのような病気が存在するのなら、乳幼児から強い排尿障害がある筈です。
大人になってから病状が出現したとすれば、そのような嘘くさい病気にはなりません。』

 回答をよろしくお願いいたします。

投稿: 栄子 | 2012/11/10 22:28

はじめまして。先日高橋先生にお電話をさせて頂いたものです。6年前に子宮頸がんの為、広汎性子宮全摘手術を受け、放射線照射、退院後は1年間経口抗がん剤を投与されました。神経因性膀胱、放射性膀胱炎、
リンパ浮腫、全身疼痛、体温調整障害等の後遺障害が続々と出現し、ひたすら体調不良とむきあってきました。病院での応対は非常に冷徹で「大きな手術をしたんだから、しょうがないね。これぐらい、大したことは無い。」、「同意書、読んで貰っていますようね。」と言われました。一昨年秋頃に突然下腹部が破れた様な疝痛が襲いました。放射性膀胱炎でした。発作は小一時間続き、その後も疝痛は予測のつかない状態で頻発しています。血尿も出ます。

今は別の病院で診て貰っていますが、トラムセット、クラビットを処方され痛い時に飲んで凌ぐしかないといわれりだけです。予測の立たない疝痛の恐怖に毎日が苦痛と悲しさで支配されています。以前のように子供に優しく接してあげたいです。

投稿: | 2013/01/08 20:19

はじめまして。
神経因性膀胱を検索してこちらにたどり着きました41歳男です。
排尿、排便障害有り、終日自己導尿をして自排尿はしてない状態です。


先天性潜在性二分脊椎でかかりつけ医の紹介で、現在までに某総合病院で3度の手術(20歳、37歳、39歳)を経験。
いずれも、脊髄係留解除術。

3度目の手術前までは、尿漏れは少ない状態でした。
ですが術後、尿漏れがひどく便失禁も見られる状態になり、脳神経外科の担当医との説明では
『術後半年間は状態が落ち着かないので様子を見ましょう』
との説明を受けました。

半年経って状態は変わらず、
『手術の際、神経に触った為に尿漏れが頻繁になったのだろう。申し訳ない』
と担当医に言われました。
術前に予想される合併症と危険性の説明は受けていましたが、大丈夫との先生の言葉を信じていたばかりに反動が大きく……

その後、もともと通っていたかかりつけ医の泌尿器科で術後の説明をし、人工尿道括約筋という方法もあると説明を受け、某総合病院を紹介されました。

いろいろと検査した結果、人工尿道括約筋のリスク等を考えると、現時点での手術は見送った方がいいとの結果になりました。

そして現在
トラフニールを処方してもらい、症状は少し緩和されたのですが副作用が強く、スピロペントを処方してもらいました。
ですが尿漏れは、改善されていない状態です。

今まで、尿失禁がさほどなく生活してきましたが(排尿は自己導尿ですが)、現在、尿漏れに悩んでいるところです。

現在の状態は
・運動してもしなくても尿が漏れる
・オムツorパットの生活
・膀胱の尿量が少しでも漏れる
・便が軟らかいと漏れる
等です。


何か打開策はないかとこちらで質問させていただきました。
アドバイスなどありましたらよろしくお願いします。
【回答】
漏れる機序が何なのか調べなければ分かりません。
1.尿道括約筋が損傷しているのであれば、他の骨格筋もダメージを受けている筈です。
2.膀胱括約筋が損傷しているのであれば、原因は排尿障害です。
3.過活動膀胱が原因であれば、それを抑えれば良いことです。
尿が漏れると言っても原因がいろいろです。

投稿: キツネ | 2013/01/08 20:19

お電話で放射性膀胱炎による疝痛発作と血尿のお話しをさせて頂いた者です。よろしくお願い致します。6年前に子宮頸癌のため広汎性子宮全摘手術を受け入院中は抗がん剤点滴、退院後は経口抗がん剤を1年間投与されました。術後は神経因性膀胱、リンパ浮腫、自律神経失調症による体温調整障害、全身疼痛を抱えながらも仕事は休めませんでした。病院に症状を訴えても「大きい手術をしたからしょうがない」「これくらい大したことはない」と後遺障害について放射線科も婦人科、泌尿器科全て全くフォローはありませんでした。卵巣欠落症の酷い症状も出現していました。
浮腫、神経因性膀胱による排尿困に6年間ラシックスを婦人科から処方せれ常に尿素窒素、尿酸値が常に高値でした。一昨年秋頃突然、下腹部が破裂したような経験したことの無い激痛と血尿があり放射性膀胱炎と診断されました。現在まで疝痛、血尿は前兆なく頻発し精神的、肉体的にも限界です。私自身から笑顔が消え去ってしまいました。恐怖と激痛に怯えています。先生、どうか助けて下さい。

投稿: | 2013/01/08 21:52

神経因性膀胱で、こちらに辿りつきました。
息子は1歳6ヶ月の時に熱がなかなか下がらず、総合病院で検査をしたら尿路感染と尿の逆流もみられると言う事で入院。色々な検査をした結果、膀胱が1歳6ヶ月の時に大人の拳くらいあります、尿が自力で出せてない為、膀胱の中がデコボコしてますね。と言われ、幸い腎臓に悪い影響はありませんでした。

MRIは脊椎に異常なし
造影検査も狭窄部分はみられず...

小児の泌尿器をみてる、大きい病院にまわされました。
そこでも、MRIと造影検査は異常がみられず...
退院後は自己導尿1日4・5回、母親のあたしがしています。投薬はポラキス、便秘がちな為マグミット。1日3回飲んでます。
今は6歳になり来年から小学校に行く為、自分で導尿を出来るように訓練をしています。
担当の先生いはく
膀胱の壁の厚みからして、お腹にいる時からこの病気だったでしょう。
と言われ
治ると思わない方がいいですよ。
って言われまし。
100%尿が出ないとゆーわけではなく、オシッコと言って排尿する時もあるのですか、その後導尿しても200ml溜まっている事もよくあります。
今は県内の病院に定期的に通院しているので、相談するのを悩みました。
担当の先生にも、子供の為なら県外でも行くので、先生からみて、どこかいい病院ありませんか?息子みたいな病気の子の手術を沢山してる病院とかないですか?
って聞いたら
息子さんの場合、そもそも排尿障害がおきてる原因が不明なので、手術のしようがないんですよね...
と言われました。
担当の先生はすごくいい先生なので、今は先生を信じて、投薬・自己導尿・検査などで経過をみています。
やはり、治らないと思ってた方がいいのでしょうか?
【回答】
神経因性膀胱は治りませんが、症状を改善させることは可能でしょう。』

何か、排尿にいい運動とかありますか?
【回答】
排尿障害の治療薬であるα‐ブロッカー(エブランチル・ハルナール・ユリーフ・フリバスなど)が適応になります。』

来年小学校にあがるのが不安で...。
ちなみに、排尿障害だけで運動能力などの影響はありません。やっぱ子供と大人は違いますよね...
【回答】
10代後半であれば内視鏡手術も可能です。

投稿: 母親 | 2013/12/18 19:26

先生。高齢者のEDの相談はしていいでしょうか?お尋ねいたします。
【回答】
はい。

投稿: | 2014/09/12 22:15

しつれいします。
オシッコが出ずらくなって4年経ちました。
最近尿が一日50ccしか出なくいよいよやばいと思い導尿してもらいに個人病院にいったのですがエコーだけで残尿なしと言われました。
導尿しないとやばいと伝えたのに『意味がない、やっても5cc〜10ccしか出ないと言われました。腎臓も腫れてないし。』
超音波エコーの有効性は高いんでしょうか?
【回答】
はい。」

間違いなく飲料に対して出ておらず
ポタポタしかでません…
非常に辛いです…
下腹部がパンパンで尿閉に近いくらい出てないのに残尿がないとかあるんですか?
おかしいです。
助けてください。
【回答】
下痢気味ではありませんか?
汗かきではありませんか?
水分が他のルートで排出されれば、尿は作られません。

投稿: 30歳男子 | 2015/09/30 22:25

夫(32歳)が仕事でプレス機に挟まれ骨盤を骨折し、2週間バルーンから排尿、そのあとは自排尿をして1ヶ月後に睾丸下側に皮膚瘻ができ尿と膿が流れ出し尿管損傷が発覚しました。膀胱ろうを設けて排尿しながら皮膚瘻が塞がるのを待ち、皮膚瘻が出来てから6週間後に造影検査をして皮膚瘻が塞がっているのを確認。膀胱に液を入れて自排尿を促されましたが約20mlしか排尿できず担当医に、この先自排尿は無理だと思います。自然妊娠も無理です。と言われました。
私たち夫婦があまりに狼狽えた姿を見たからなのか、焦ることはありません。時間をかければ治るかもしれません。と結果あやふやな診断をされてしまいました。
合併症だから仕方がないと言われます。でも仕方がないと思えません。
どうすればいいのか分からなすぎて途方にくれています。セカンドオピニオンを受けた方がいいのでしょうか?

投稿: 妻 | 2016/12/06 18:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37412/17515522

この記事へのトラックバック一覧です: 思い込み 「神経因性膀胱は治らない?」:

« 子宮頚部異形成class3aからclass1へ | トップページ | 神経因性膀胱の治療#1 1日4回の自己導尿の患者さん »