« 2011年7月 | トップページ | 2012年10月 »

寒くなると頻尿・・・その理由

Naihaigaihai泌尿器科の外来は、寒くなると混雑します。
なぜなら、寒くなると頻尿になる方が多くなるからです。「寒くなるとオシッコが近くなる」という現象は、一般の人でも経験することです。では、なぜ寒くなるとオシッコが近くなる(頻尿)のでしょう?

では、発生学や生理学を元に医学的にその原因を考察してみましょう。

続きを読む "寒くなると頻尿・・・その理由"

| コメント (1) | トラックバック (0)

早漏の治療薬 「デパス」

泌尿器科を専門にしている開業医ですから、「早漏」を訴えられる患者さんが年に二人~三人くらいの頻度でいます。
「早漏」を訴える勇気も並大抵ではありませんが、ご本人にとってはそれを上回るほどの悩みです。
このような時には、私は抗不安剤である「デパス」を処方します。抗不安剤と謳っていますが、自律神経の安定剤でもあります。
射精は、性行為の最中の性器から微弱な信号を脊髄あるいは脳中枢で積算して、ある一定のエネルギーに達した時点で発火して射精するのです。「ある一定」のラインは人それぞれで、低ければ「早漏」に、高ければ「遅漏」という状態になります。
「デパス」は、この発火点のラインを上げて、なかなか発火点に達しないようにする薬剤です。もしも「早漏」で悩まれている男性がいましたら、地元の内科医でも構いませんから、デパスを処方していただいて下さい。行為の30分~1時間くらい前に服用すれば効果的でしょう。

下記はたまたま「早漏」の相談を受け、デパスを処方した患者さんからのメールの一部です。

『こんにちは、〇〇〇〇と申します。
・・・以前、ペニスの皮が切れやすいと診察に行った者で・・・因みに、診察時に早漏の相談をし処方していただいた薬は効果があり本当にありがとうございました・・・』

| コメント (10) | トラックバック (1)

« 2011年7月 | トップページ | 2012年10月 »