« 尿意と便意 | トップページ | 両側尿管瘤 Ureterocele »

若者の尿失禁

二十歳の男性が、2週間前から寝具を濡らすほどのお漏らしをしたと、近所の開業医の医師から紹介されました。
紹介状には下着が濡れる程度と記載がありましたが、本人の訴えはもっと深刻で敷布団がビッショリだというのです。
Overflowincont22701m20p右の写真は超音波エコー検査の所見です。
膀胱・前立腺を側面から観察している所見です。膀胱出口から前立腺部尿道にかけて開いている(赤い矢印の間)のが確認できます。前立腺部尿道が開いているのです。膀胱には100mlほどしか尿がたまっていませんから、通常であればこの部分は閉じていなければなりません。
Bns18317m20e右の写真は、二十歳の別の患者さんの超音波エコー検査の所見です。
上の写真の所見と比較して一目瞭然でしょう。前立腺部尿道が確認できません。排尿時以外は閉じているのが正常なのです。(実はこの写真にも異常所見がありますが、今回のテーマではないので説明は割愛します。)

Overflowincont22701m20p2右の写真は膀胱・前立腺を正面から観察している所見です。1番目の写真の所見と同じく前立腺部尿道(赤い矢印の間)が開いています。
1番目の写真と右の写真の緑の矢印は、拡張した静脈を示しています。排尿障害が存在すると、膀胱・前立腺周囲に排尿時に相当の負担がかかります。すると静脈が圧迫を受け静脈圧が高くなり、次第に静脈が拡張するようになります。
超音波エコー検査で膀胱・前立腺周囲に静脈が拡張した状態で確認できた場合は、「瘀血(おけつ)」や「うっ血」などと悠長なことを言っていないで、排尿障害の治療をすぐに始めなければなりません。
漢方や東洋医学が得意な医師は、「瘀血」や「うっ血」が原因で症状が出現すると誤解して、漢方薬の桂枝茯苓丸などの駆瘀血剤を処方します。しかし、瘀血やうっ血は、「原因の所見」ではなく、「結果の所見」ですから、治療が今ひとつにならざるを得ません。大雑把な診断は、治療の妨げになります。(目の前の結果=原因と誤解する医師はとても多いのです。)

治療として、この患者さんに排尿障害の治療薬であるα-ブロッカー(エブランチル)を処方したところ、薬の服用を続けている間(1ヵ月)は、尿失禁はなかったという結果になりました。しかし、薬を自己中止したら、再び尿失禁をしたので、あわてて薬の処方に来院されました。

« 尿意と便意 | トップページ | 両側尿管瘤 Ureterocele »

コメント

突然のメールで、すみません。四人の子供がいる28歳になる主婦です。長女を産んだ後から既に、膣内の様子?が出産前と変わってしまったように感じていました。sexする時の感覚が「気持ちいい」より「おしっこがしたい」と感じるといった感じでした。実際漏らしてしまったこともありました。
二番目の子までは普通分娩でした。
三番目、四番目は双子だったので、帝王切開でした。
でも、膣内に指を挿入するとやっぱり上から何かで圧迫されてるような感じで。そこを押すと、尿意がします。そのまま、押し続けるとやはり尿がチョロチョロと出てきます。
子宮口もすぐに指が届いてしまう場所にあると思います。
膣内の後ろの部分を押すと、排便が楽にできるように感じます。
まだ二十代ですが、骨盤臓器脱なのでしょうか?
手術はせずに骨盤底筋体操で治るのでしょうか?

【回答】
脱かも知れません。
婦人科の主治医にご相談ください。

投稿: マミ | 2009/07/30 14:51

おしっこをして、とまってもまだ少し残ってるためふんばって出して、さらにしごいて出して
振ってからパンツにしまうのですが、パンツにしまう動作をするとまだ残尿があり、
2,3滴くらい出てパンツを汚してしまいます。
どうしたらいいのでしょうか?

【回答】
http://hinyoukika.cocolog-nifty.com/urology/2005/04/pmd_1aa6.html
をご覧下さい。

投稿: | 2010/02/24 18:49

突然のメールですみません。
10代後半男性です。
今日、入浴中に性器を洗っていたら出血してしまいました。
血はすぐに止まりましたが、仮性で衛生上問題があるのか
あと、もしどのような症状が出たら泌尿科に行けばいいのか
教えてください。
【回答】
行く必要はないでしょう。
自然治癒します。

投稿: いっちー | 2015/02/27 00:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37412/43223056

この記事へのトラックバック一覧です: 若者の尿失禁:

« 尿意と便意 | トップページ | 両側尿管瘤 Ureterocele »