« 「排尿障害」フォーブス日本版3月号 | トップページ | 「新内視鏡手術」 健康雑誌「わかさ」4月号 »

感染症の真実 共生関係

Sanmi1tai_3【曼荼羅図】
感染症の経過をみると、さまざまなパターンがあります。
一見して一貫性がないように思えるこの自然現象(病気はすべて自然現象)を注意深くみていくと、右のイラストのように思えます。
まるで仏教世界の曼荼羅図のようですが、これを使って複雑な感染症の世界を解説しましょう。理解できた時点であなたは解脱したのです・・・。
まずは、イラストの説明から・・・

【配置と役割】
この曼荼羅イラストは、人間を中心にバイ菌(細菌)・カビ(真菌)・ウィルスを配置しています。人間の上部には、白血球・免疫抗体が配置され人間を守護しています。
人間・バイ菌・カビ・ウィルスの輪郭が二重に表現されています。
一つ目の輪郭は、本来の背伸びをしていない、あるいは無理をしていない存在範囲です。
二つ目の輪郭は周囲に対して存在を過剰にアピールしている逸脱した状態を意味します。各々の調和が取れていない状態ともいえます。

一般の人の中にはバイ菌を敵視し、殺菌!消毒!抗生剤!とお題目のように唱え実行する人がいます。しかし人間はバイ菌がいなければ生きていけません。腸内に存在する大腸菌や乳酸菌は、発酵で人間に必要な栄養素(ビタミン)を産生します。バイ菌は人間から栄養を頂戴しエネルギーを作って、自らを生かしています。
この関係は、持ちつ持たれつの共生関係です。健康な状態の時には、この共生関係が良好だということになります。

人の体を調べれば分かることですが、人間にはバイ菌以外にもカビもウィルスも無数に存在します。人間の細胞の数が60兆といいますから、恐らく何十兆何百兆という微生物が存在するでしょう。カビやウィルスとの共生関係を示す知識を私は持ち合わせていませんが、おそらく共生関係にあるのでしょう。
病気にならないためには、この良好な共生関係を保つことです。共生関係のアンバランスが炎症や病気の原因です。

バイ菌が自己主張すると、守護神の白血球が抑えにかかります。ウィルスが自己主張すると、今度は免疫抗体が抑えにかかります。
ところが守護神である白血球も免疫抗体もカビを抑えることはできません。でもご安心下さい。バイ菌とカビは敵対関係にあり、いつもお互いを牽制し合い、その力関係は均衡状態で維持しています。常にバイ菌の方が強いのでカビは小さくなっています。
カビは植物に近い微生物です。我々人間は植物細胞に対して免疫がありません。元来動物細胞は植物細胞に寄生していましたから、遠い太古の過去のから植物に対して免疫を持つ必要がなかったのです。しかし、最近食物アレルギーや花粉症などの植物に対しての免疫異常が問題になっていますが、これは、ここ数十年の生命界の異常事態です。
Treponema免疫がつかない有名な病原菌として「梅毒」があります。梅毒の原因菌であるトレポネーマもやはり植物由来の菌らしいのです。
動物細胞にとって植物由来の細胞からできている病原菌は、免疫が獲得できない厄介な存在です。
(画像:戸田新細菌学 南山堂から)

【風邪を引いたら、のどが腫れて化膿した】
ウィルス感染症である風邪を引くと、のどが腫れ化膿することがあります。
これは可笑しな現象で、化膿という現象は白血球の活躍する現象です。守護神の白血球が主役の炎症、つまりバイ菌が相手の感染症なのです。風邪はウィルス感染ですから、ウィルス感染から細菌感染に移行したことになります。一般的な医師は、風邪の原因は7割がウィルスで3割が細菌だと思い込んでいます。ウィルス性の風邪だと思っていたら、実は細菌性の風邪だったと、「なぁ~ちゃって」的ないいように事後判断するのです。これでは素人判断と大して違いがありません。
大学病院のガチガチの石頭の医師は、「風邪はほとんどがウィルスだから抗生剤は効かない」といって、抗生剤を処方しません。解熱剤か咳止めを処方して「暖かくしなさい」と注意するだけです。時間が経過して、扁桃腺が化膿したり肺炎を起こしたり髄膜炎になると、実はウィルスが原因ではなかったと事後診断して、「入院だ抗生剤の点滴だ脊髄穿刺だ」と状況が一変します。初期治療のまずさが病気の後手にまわるのです。

Sanmi1tai2実際の病気の変遷をこのイラストを利用して解説しましょう。
①風邪のウィルスが人間の体内に浸入し細胞を攻撃をします。
②身体はウィルスを判別して、的確な免疫抗体の生産を開始します。開始したばかりですから免疫抗体が出来上がるまで3日~4日間の時間的猶予が必要になります。
③仕方がなく、その間のつなぎとして白血球に取りあえず頑張ってもらいます。
④白血球はすぐさま行動にでます。ところが白血球はウィルスを攻撃することができません。直ぐそばのバイ菌の存在がやけに大きく感じてしまいます。その結果、身体のバイ菌が多く集まる臓器(のどの扁桃腺・肺など)に集中して、まったく意味のない?全面攻撃をかけます。
⑤それまで大人しくしていたバイ菌は、白血球に攻撃されたので、自分の身を守るための対抗手段として数を増やします。それが結果として、人間の身体を攻撃することになるのです。
⑥バイ菌の数が増えれば、白血球の攻撃もエスカレートします。白血球の攻撃はバイ菌を食べ満腹になると自爆します。自爆は強力な白血球の消化液が周囲に散布されますから、細胞や組織が壊され炎症になります。炎症は白血球を呼び寄せます。この繰り返しで、のどは腫れて化膿し肺炎になるのです。
扁桃腺がひどく侵されれば、のどの常在菌である髄膜炎菌が血流に乗って脳に流れ、髄膜炎を起こします。私から言えば、風邪の合併症の髄膜炎は、風邪の初期治療に抗生剤を投与しなかったことにあると思っています。

【風邪の治療】
風邪かなと感じたら、直ぐに葛根湯を服用しましょう。葛根湯は交感神経の興奮を抑えてくれます。交感神経の興奮=白血球の興奮ですから、白血球が興奮してバイ菌をいたずらに刺激しないようにすれば、数日後には免疫抗体が産生され風邪は落着きます。鎮痛解熱剤も同じような作用があります。
運悪く具合が悪くなってきたら、直ぐに医師を受診して下さい。できれば、抗生剤の処方をお願いしましょう。抗生剤は何でもよいのです。弱い抗生剤で十分です。3日分もあればよいでしょう。バイ菌の数を減らすことと、白血球の興奮を抑えられれば良いだけですから、少量の弱い抗生剤で十分なのです。

Flu【インフルエンザの治療】
インフルエンザの場合は、悪名高い抗ウィルス剤のタミフルがありますから処方してもらいましょう。発症して48時間以内であれば、タミフルによってウィルスの細胞感染はある程度までで、くい止められます。白血球を刺激しないでインフルエンザ症状は直ぐに鎮火します。治ってからも後遺症は残りません。
しかし、発症48時間を経過してからは、タミフルを服用しても白血球主体の風邪症状に移行しますから、直ぐにはインフルエンザ症状は治まりません。この場合は抗生剤の投与と消炎鎮痛剤が必要になります。
インフルエンザ症状が治まったとしても身体のダルサなどの後遺症が残ることがあります。後遺症はウィルスによって壊された身体の細胞の総量によって決まります。
ある父兄会の席で、有名病院にかかったらインフルエンザ検査は陰性で風邪と診断された。でも1ヶ月近くも身体のだるさが取れないと愚痴をこぼしたお父さんがおられました。明らかにインフルエンザです。風邪程度では後遺症は残りません。インフルエンザ検査の陽性率は70%~80%です。すなわちインフルエンザにかかっても20%~30%の患者さんは陰性と診断されてしまうのです。このようにそのお父さんに説明しましたが、・・・無視されました。父兄会に来ている街の開業医の医師よりも有名病院の医師を信じるのでしょう。医師が自分の眼を信じないで検査データのみを信じていると、このような結果を生むのです。
(画像:http://web.uct.ac.za/depts/mmi/stannard/fluvirus.htmlから)

Sanmi1tai3【なかなか治らない亀頭包皮炎】
亀頭包皮炎が長期間なかなか治らないと来院される患者さんがいます。すでに他の医療機関で治療しているのですが治らないというのです。大抵の場合、カンジダ性亀頭包皮炎です。いわゆる「カビ」が原因の亀頭包皮炎です。
さて、またまた右の曼荼羅イラストを使って解説しましょう。
①何かの原因で細菌性の亀頭包皮炎になります。医師を受診し抗生剤の治療を受けます。
②抗生剤の治療でバイ菌は死にますから極端に少なくなります。
③バイ菌が少なくなれば、それまでのカビとバイ菌との均衡状態は壊れ、カビは増えます。
④そして皮膚や粘膜をカビが攻撃します。
⑤身体はカビからの攻撃情報で白血球に頑張ってもらおうとします。
⑥ところが白血球はカビを攻撃することが元々できないので、一生懸命にバイ菌だけを攻撃します。バイ菌の数はますます少なくなり、カビは増える一方になり状態はさらに悪化します。その内、白血球は暴走し皮膚・粘膜まで障害を受けるようになるのです。
⑦水分摂取は、白血球の働きを高めます。興奮した白血球は次々に無害な細菌に喧嘩を吹っかけて無意味な炎症を作るのです。

治療はどのようにしたら良いと思われますか?
①~⑥までの病気の連鎖を断ち切ればよいことですから、まず抗真菌剤(カビを殺す薬剤)を投与すればよいことになります。ここで注意しなければならないのは、治療中におチンチンを洗い過ぎないことです。「?」とお思いでしょう。
おチンチンを洗うとバイ菌はいなくなるのですが、カビはほとんどそのままそこに存在します。カビは植物に似ていて、皮膚・粘膜に根を張っていますから洗い落とすことはできません。すると、バイ菌とカビの均衡関係は崩れますから、再びカビは増える一方になってしまうのです。おチンチンを洗うなとは言いません。石鹸を極力使用しないでお湯かお水で洗っていただくでいいのです。亀頭包皮炎におチンチンを洗うなという生活指導は不思議でしょう?
⑦では、毎日の水分(お茶・コーヒーを含む)を極力控えてください。1日1リットル以下、できれば500ミリリットルが適正でしょう。日本人は3食の食事だけで十分水分を摂取しています。食事以外の水分は、体に負担をかけるだけです。

【アトピー性皮膚炎】
何らかの原因でアトピー性皮膚炎になります。
経過が長いと、乾燥タイプから湿潤タイプに移行し、ジュクジュクの皮膚炎になります。ステロイド軟膏や抗生剤軟膏をつけても一向に治らないのが現状です。
このような場合、上記のイラストから考えて治療方針を立てます。
初めの内は細菌感染だったかもしれません。その際はステロイド軟膏や抗生剤軟膏が効く場合があるのですが、経過が長いとカビによる感染症が優位を示します。そうなると、ステロイドも抗生剤も逆効果になり症状をひどくするばかりです。
まず抗真菌剤軟膏でカビをある程度退治します。次に保湿剤の軟膏でダメになった皮膚に潤いを与えます。ひどい場合は免疫抗体や白血球が暴れているので、抗ヒスタミン軟膏で落着かせるのです。
具体的には、
レスタミン軟膏(抗ヒスタミン剤)20グラム
ヒルドイドソフト(保湿剤)20グラム
ラミシール軟膏(抗真菌剤)10グラム
を混ぜて50グラムで処方します。

Sanmi1tai4【冷えると膀胱炎になる】
このお話は「間質性膀胱炎」のブログで解説しましたが、ここでは右のイラストを使って視覚的にご説明しましょう。
「冷える」といっても高気圧が来ている状態でないとこの現象は起きません。冬の気圧配置、西高東低型でシベリア寒気団が日本上空を覆っている状態だとこの現象が起きます。
①寒い高気圧が訪れると、人間の防御システムが刺激されます。
②すると、白血球が興奮し、攻撃する相手を捜します。
1998111809③たまたま膀胱にわずかでもバイ菌を見つけると、容赦なく攻撃を仕掛けます。
④白血球に攻撃を受けたバイ菌は、対抗手段としてバイ菌の数を増やします。増えた結果として膀胱を刺激します。
⑤刺激を受けた膀胱は免疫システムを刺激して、さらに白血球の数を増やし、バイ菌に波状攻撃を仕掛けます。
⑥それを繰返すうちに、白血球そのものが膀胱を刺激して、急性膀胱炎になるのです。

« 「排尿障害」フォーブス日本版3月号 | トップページ | 「新内視鏡手術」 健康雑誌「わかさ」4月号 »

コメント

申し訳ありませんが心配な事があるので質問させて下さい。
1ヶ月ほど前から尿道口にそう様に縦2mm、横1mmほどの膨らみができ、その2週間後くらいに亀頭に小さな赤っぽい点の様なできものが数粒できました。その赤っぽいできものは2日程で消えたのですが、それからさらに2~3週間後に非常に小さな砂粒程度の大きさのつぶつぶの様なものが亀頭にいくつもできました。また、亀頭に少し赤っぽくなっている部分があります。
性交の経験はなく、それぞれ痛み、かゆみ、においはありません。
何かの病気でしょうか?よろしくお願いします。
【高橋クリニックからの回答】
性行為感染症・STDではありません。

現在、性行為感染症・STDについての相談を受けていません。
今までのコメント回答をよくお読みになれば解決します。
その程度の努力を惜しまないで下さい。心配なら地元の泌尿器科医を受診して下さい。

投稿: 18歳・男 | 2008/02/13 19:16

御回答ありがとうございました。
過去のコメントを拝見させて頂きます。

投稿: 18歳・男 | 2008/02/14 11:58

質問なんですが20日くらい前から尿道に痒みがあり泌尿器科で検査したところ淋病でもクラミジアでもなく原因がわからずセル二トン錠とクラビット錠をもらって飲んでるのですが全然痒みがおさまらずこまっています。

あと薬のせいかわかりませんが左腹がなんとなく痛みがあり肛門もかゆくなってきたんですよね。尿道と肛門のかゆみは常時ではなく1日に数回かゆくなります。あと軽いかゆみだったり激しい痒みになったりします。

ペットボトルに尿をして光にあててみたところ白っぽいヒラヒラなものが浮いていて尿道の真ん中くらいにしこりらしきものがあります。

来週の月曜までに治らなければカメラで見てみると言ってましてがこの痒みは治るとおもいますか?

【高橋クリニックからの回答】
慢性前立腺炎症状で、尿道の痒みを訴える患者さんがいます。
http://hinyoukika.cocolog-nifty.com/cp/
をご覧下さい。

投稿: かず 23歳 男 | 2008/03/11 19:01

それと書き忘れですが彼女も検査したところ異常はありませんでした。

他に飲んでる薬はアロチームとマーズレンSも飲んでいます。

よろしくおねがいします。

投稿: かず 23歳 男 | 2008/03/11 19:44

亀頭のカリ部分がヒリヒリして紫っぽく内出血のような感じでカリから溝に向かう間に水?みたいなのが一周するかのようににちょっとだけ溜まっています。溝は血行が悪そうで白くなっています。包皮も少し赤みが出ております。勃起するとたまに陰茎に我慢できる程度の痛みがでます。垢や痒みはないのですが何の病気が疑われますか?激しく手と口でされてからなりました。

【高橋クリニックからの回答】
「激しく手と口でされて・・・」が原因の傷害性の炎症です。次第に軽快するでしょう。

投稿: 忙しい所すみません | 2008/11/02 10:45

1週間前からカリの下辺りが痒いです。痛みや膿などは全くありません。何かの病気でしょうか。

【高橋クリニックからの回答】
カンジダ性亀頭包皮炎でしょう。

投稿: とくめい | 2008/11/07 16:39

障害性亀頭炎の場合、半年も炎症が続く事もあるのでしょうか?また、自然完治するものなのでしょうか?各泌尿器科で細菌性の薬と真菌性の薬を処方され続けてきましたが一向に治りません。他に薬があれば教えてください。地元の泌尿器科には何軒か行ってるのですが性病ではないしイマイチ分からないみたいです。

【高橋クリニックからの回答】
障害性の場合は半年も炎症は続きません。
カンジダ性亀頭包皮炎に移行したか、あるいは考えられるとすれば、あなたの体質です。
あなたは、頻尿ではありませんか?あるいは水分を多く摂取する人ではありませんか?
本人が自覚しない隠れた排尿障害があると、頻尿になり喉が渇きやすく水分を多く摂取するようになります。
体に水分が多いと意味もなく炎症を起こすようになります。
水分を1日1リットル以下、できれば500ミリリットルに抑えてきてください。炎症が沈静化するかも知れません。。

投稿: 教えてください | 2008/11/14 10:02

地元泌尿器科に何件か通って血液検査までしましたが特に異常は見当たらないとの事でした。症状は長時間座っていると亀頭がジンジンします。パンツに擦ればピリピリします。亀頭のカリに紫に内出血しているかの様に一周しております。手で激しくされて以来半年ですが未だに回復しません。これは手術などしない限り治らないでしょうか?時間で解決するのでしょうか?クラビット、クラリスを半年も飲んでいます。

【高橋クリニックからの回答】
恐らく、慢性前立腺炎症状の「関連痛症状」と同じく自律神経による「血管症状」でしょう。
難治性の慢性前立腺炎は微細で慢性的な排尿障害が本当の原因だと、私は信じています。
http://hinyoukika.cocolog-nifty.com/cp/
をご覧下さい。


投稿: 高橋先生へ | 2008/12/07 22:06

朝からすみません。よく残尿感があり尿は近い体質ですが、夏に性行為をキッカケに亀頭が腫れっぱなしで尿を我慢すると亀頭が痛み放尿すると楽になり長時間座った態勢でも亀頭が痛むのですが何が原因でしょうか?性病ではありませんでした。どんな薬で治癒できますか?診察してないので予測で結構です、よろしくお願いいたします。

【高橋クリニックからの回答】
慢性前立腺炎症状です。
難治性の慢性前立腺炎は微細で慢性的な排尿障害が本当の原因だと、私は信じています。
http://hinyoukika.cocolog-nifty.com/cp/
をご覧下さい。

投稿: お願いします | 2009/02/06 06:36

2週間前から尿道付近がむず痒く、白いカスが発生しました。包皮が炎症し、霜やけやあかぎれのように切れて痛みも生じ、その部分が若干腫れて、包皮を剥くのに直径が合わなくなって、カントン包茎のようになり、排尿、性行為に大変支障を感じています。
患って以来、急激な頻尿もあります。

まだ病院には行ってませんが、もう限界です。

【回答】
地元の泌尿器科を受診して下さい。

投稿: 患者A | 2009/08/11 10:07

こんにちは。
当方64歳の男性ですが、陰茎の亀頭から5センチ程の所に5ミリ程の赤い湿疹が陰茎の輪状にそって出来ています。じめじめもしていませんし、他には以上がありませんが、先生の仰るようにカンジダ菌かと思い石鹸を2ヶ月ほど使っていませんが、赤いのが消えません。痛みも無く、硬くもなっていません。この症状は40歳くらいの時からずっと続いています。
お忙しいところすみませんが、よろしくお願いします。


【回答】
排尿障害が原因の毛細血管の拡張かも知れません。
心配無用です。

投稿: | 2010/07/08 15:21

2010/07/08に投稿させて頂いた者です、長年苦しんで
いましたが、親切な御回答頂き今迄の苦しさが吹き飛びました。本当に有難うございました。感謝致します。有難う
御座いました。

投稿: | 2010/07/14 16:48

こんにちは、以前包皮炎で質問致しましたが、症状が良くならないのでまたお聞きします。

約半年ラミシールプラスを塗ってましたが、少し改善はあったものの、刺激を受けるとすぐ赤く、擦り傷など
出てしまします。

今は以前よりただれて赤く、数時間で白い垢見たいのが出ます。
それをふき取ると少し黄色がかって膿見たいです。

このままラミシールプラスを塗りつづければいいのでしょうか?

それとお風呂に入っても薬が取れません、
そのまま放置でお湯だけをサッと流すだけでいいですか?

レスタミン軟膏  ヒルドイドソフト  ラミシール軟膏
この中でヒルドイドも塗ってもいいでしょうか?
質問ばかりですみません、ほんとに困っていますので
宜しくお願いします。

【回答】
私の治療も完ぺきではありません。
治りが悪いのであれば、自己治療せずに地元の泌尿器科を受診して下さい。

投稿: 匿名 | 2010/12/05 00:33

 7月終わりくらいから、亀頭部分に痒みがあり、仮性包茎気味の包皮をめくると、垢がたまっています。
 入浴時には石けんで良く洗っていました。
 保険治療となると、会社の総務の女性等に分かってしまうのではないか・・と診察は受けていません。
 また、この症状になってから、1度だけセックスをしましたが、女性に何らかの病気がうつることはありますか?
【回答】
心配無用です。
単なるカンジダ性亀頭包皮炎でしょう。
あなたが、カンジダ菌に弱いだけです。


 関係ないかもしれませんが、陰茎の付け根から肛門までの間が良くかゆくなることがあり、掻いてしまうことから、皮膚が傷ついて痛くなることがあります。これも何か関係あるのでしょうか。 済みませんがよろしくご回答願います。
【回答】
痒みは、排尿障害による関連痛症状でしょう。
http://hinyoukika.cocolog-nifty.com/cp/cat7049655/index.html
をご覧下さい。

投稿: | 2011/10/11 01:11

失礼します。

2週間ほど前から突然陰茎部にかゆみが生じ、亀頭部が真っ白になるほど大量にカス(垢?)がつくようになりました。痒いだけで痛みは無いのですが、なにか医療機関の受診を要する病気でしょうか?

痒みは治まるときもあるのですが、一度出るとなかなか治まってくれず難儀しています。

恐れ入りますが、ご教示願います。
【回答】
カンジダ性亀頭包皮炎です。
水分(お茶・コーヒーを含む)を極力控えてください。
水分摂取は1日1リットル以下に制限して下さい。
石鹸で洗わないようにしましょう。お湯でゆすぐ程度にして下さい。

投稿: | 2011/12/17 00:01

お尋ねします。亀頭のカリより1~2センチ位の所が常にじめじめしています。以前はそんなこと無かったのですが?それとセックスやオナニーするとそこが痛みます。どんな病気でしょうか?
【回答】
カンジダ性亀頭包皮炎でしょう。

投稿: 匿名 | 2012/03/31 08:03

お尋ねします。亀頭表面に赤い点みたいなのが数か所できていて、違和感があります。2週間前に口で・・・・
してもらいました。性病なのでしょうか。
泌尿器科へいったが良いのでしょうか。
40代です。お手数ですが、よろしくお願いします。
【回答】
カンジダ性亀頭包皮炎です。
心配無用です。
自然治癒するでしょう。

投稿: | 2012/06/19 13:00

先日診察して頂いた者です。先生の詳しく明確な説明に本当に納得して診察を受けることができました。本当にありがとうございました。
診断の結果、カンジダ性亀頭包皮炎でしたが、その際「くりかえすよ」と先生が仰っていたのが気がかりでした。。。
これは、
1:カンジダ性亀頭包皮炎は1度かかるとみんな再発を繰り返して一生完治はしない病気ということでしょうか?
【回答】
体質だからです。』

それとも、
2:処方して頂いたクリーム等で完治はするが、体質や過剰な水分摂取や性交渉後の不衛生など、気を付けないと再発しやすい病気という意味でしょうか?
【回答】
正解です。』

ご多忙の中恐縮ですが、どうかご教示頂けますと幸いです。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

投稿: | 2013/01/08 22:48

御世話になります。

先月、他の病院でなかなか治らなかった亀頭包炎症を診察して頂いた者です。

処方して頂いた薬を塗り始めて10日目から効果が出して20日ですっかりきれいになりました。
どうもありがとうございました。
薬局で症状が治まったら薬を塗るのを1日1回にして一ケ月くらい続けて下さいと
言われてましたので続けていたところ、風邪を引いて抗生剤(メイアクトMS)を処方してもらいました。
翌日に風邪は良くなったのですが、ひどい亀頭包皮炎の症状が出てしまいました。
風邪と言っても喉の痛み程度でしたので、抗生剤を飲んだ事を後悔しています。

今後、治療中(薬を塗っている間)はできるだけ抗生剤を飲まない方が良いのでしょうか?
又、どうしても飲まなくてはいけない時、副作用の少ない抗生剤とかはあるのでしょうか?

よろしくお願い致します。
【回答】
風邪をひくと、免疫システムが過剰反応をして炎症がひどくなります。
たまたまの現象でしょう。

投稿: | 2013/01/21 10:55

亀頭皮膚炎の原因のブログから、黴菌と黴、ウイルスの共生について読ませていただき、目からウロコになった者です。
亀頭皮膚炎ですが、軽度の仮性包茎で、いつもは全く問題ありませんが、たまにちょっとしたなにかのきかっけで発症することがあります(携帯を触っていた手で触ってしまったら炎症になったとか)。なので治ったり、発症したりを繰り返していると思います。いつもは、市販のテラマイシンで数日で治るのですが、1週間以上前に、行為のようなことをしてから、テラマイシン、オロナイン等で治らない感じで、もしかして?思ってます。症状は、軽い痒みと、包皮、亀頭、カリを中心に全体的な赤みがある程度です。ちなみに、亀頭がガサガサとか、白いものが溜まるとか、ブツブツがというのはないですし、そういう症状が今まで出たこともありません。
とりあえず、石鹸で洗わず、市販のラミシールを使って様子を見てみます。
それと、10年来、頭皮湿疹に悩まされているのですが、皮膚科を二回変えておりますが、あまり完治の兆しはありません。
1回目の皮膚科では、リンデロンVGローションを処方されてましたが、いつも頭皮が痒く、頭皮を掻いた時に、頭皮患部のデキモノの瘡蓋がフケのように舞うので困っていました。また、洗髪で、頭皮に爪を立てて洗うとか、洗髪用のブラシを強く当てて洗うことをしていました。
2年前から、皮膚科を変えて、そこでは指の腹でしか洗わないように言われ、それ以来守っています。アレグラ、シナールの錠剤、軟膏として、リンデロンV0.12%、ニラゾールクリーム2%、ヒルドイドソフト0.3%の混合軟膏を処方されて、すぐに、慢性的な痒みはなくなり、フケのようなものも出なくなりました。ただ、湿疹である患部は、たまに痒い時がありますし、次から次へと、小さな湿疹が出来たりもし、ニキビも出来る場合があります。まあ、それらはすぐに治って行きますが。
1回目の皮膚科で放置され続けた結果、患部は一部だけ2,3cm四方の瘤のようなものが盛り上がっており、目下のところ、それを治すのが、二回目の皮膚科との課題となっておりますが、1、2年の長期戦になると言われておりますが、まだまだ完治しておりません。
高橋先生の説明を読みますと、初めは、バイ菌が入って暴れていたのが、そのあと、カビが繁殖し、バイ菌用の軟膏では治らなくなっていくことがあると、書いてあるように思いましたので、自分の頭皮湿疹もこのパターンが当てはまるのではないかと思います。
例えば、爪の中や頭皮用ブラシにカビが付着していて、強くブラシで頭皮を擦った為に、傷が付き、そこにカビが繁殖する糸口を見つけてしまうとか、一度蔓延ってしまったカビは、白癬菌のように根をおろし、居座り続けるので、それが瘤のように盛り上がってしまったのではないかと。
ただ、真菌(カビ)の治療軟膏であるニラゾールクリームがなぜ、カビに効かないのか不思議ではあります。種類が違うカビなのかもしれませんが。
【回答】
『すぐに、慢性的な痒みはなくなり、フケのようなものも出なくなりました。』
ということから、ニラソールは効いています。
洗髪のし過ぎも原因の一つです。
きれいに洗えば洗うほど雑菌は駆除され、カビだけが残るからです。
洗剤を利用する洗髪は1週間に1度だけにしてください。
それが我慢できないのであれば、毎日の洗髪の時には洗剤を使用しないで、お湯で洗い流すだけにしましょう。』

また、10年来、副鼻腔炎にも悩まされ続けていますが、これも副鼻腔にカビが根をおろした結果なのでしょうか。確かに空気中に黴もウイルスも、バイ菌も飛び交っていますが。
なにか、アドバイスがあればお教えください。
【回答】
水分の摂りすぎです。
水分(お茶・コーヒーを含む)を極力控えて1日1㍑以下にして下さい。
水分を摂取すればする程、症状は悪化します。』

最後に、バイ菌とカビとウイルスの体内での共生バランスが崩れた時に、アレルギー反応として、亀頭皮膚炎とか、アレルギー鼻炎、副鼻腔炎、頭皮湿疹といったものが出てくる場合があると分かったのは、とても凄いことだと思います。また、カビも花粉も植物由来なので、動物は体内の白血球や抗体で攻撃できず、アレルギー拒絶反応を起こすしかできない という身体の仕組みは、とても興味深い話だと思います。
【回答】
まだまだ不思議な話はたくさんあります。

投稿: I | 2013/02/14 14:11

回答ありがとうございます。pig

洗髪は、しすぎるほど、症状はよくなる感じで、洗髪をおこたりがちだと、頭皮は脂っぽくなり炎症の隆起した瘤の症状が悪化しますヽ(´Д`;)ノ

2、3年ほど低刺激のシャンプーを使っていて、洗髪中に特にどうともなかったのですが、
ここ数カ月は、それではないシャンプーを使っているせいか、洗髪中に、頭皮がしみる(痒い)といった感覚がるので、低刺激に戻したほうがよいかなとは思ってます。

シャンプーは使わずというのも、試してみたいと思います。湯のシャワーだけでも、汚れというものはわりと落ちるものなんでしょうか?不思議ですね。
【回答】
汚れを根こそぎ除去しなければならないというのが、間違いです。
汚れは適当に除去出来れば良いと考えましょう。
週1回程度なら、シャンプーを利用してもOKです。』

プレーンシャンプーと言って、シャンプー前に湯で洗うだけで、あらかたの汚れは落としているという話も、美容院で聞いたことがあります。

投稿: I | 2013/03/01 13:43

高橋先生相談申し上げます。
経過と症状
①3月初め風俗店に行く。数日後から亀頭付け根に赤くない腫れ、痛みはほとんどなし。ドルマイシン軟膏等で症状軽減。
②5月初め
再度風俗店に行き、同じ場所で症状が悪化、赤く腫れ、強い痛み。ドルマイシンで症状軽減。
③6月初旬 亀頭の赤色がだんだん濃くなっていったあと、亀頭包皮がふくれて医者へ行ったところ、ヘルぺスと診断され抗生物質薬を飲み、包皮の水は解消したが、亀頭付け根の赤腫れや鈍痛が収まらず。
7月始めからラミシールを試しています。
問題の亀頭付け根の赤い腫れと痛みは快方へ向かっている感じですが、過去に水膨れした包皮の中に小さい粒状の物質が多数あり、よく見ると、陰茎の付け根付近の包皮にも小さな粒があります。菌の胞子でしょうか?
【回答】
菌の胞子は肉眼では見えません。
いわゆるフォアダイスです。』

以上ですが、病名は真菌性の包皮炎と思いますが、粒が何だか気味悪く、治療の方向性についてアドバイス願います。


 

投稿: 匿名40代 | 2013/07/13 13:02

夜分に申し訳有りません。
セックス中に亀頭に傷が付きました。
2,3日ほっといたら段々亀頭が赤くなり、ただれてきました。カリの一部も切れて赤みが増してきています。
とりあえず市販の塗り薬を付けて飲み薬レボフロキサシンを2日間飲んでいます。
病名はなんでしょうか。
そして今の治療方法で治りますか。宜しくお願いします。
【回答】
傷が原因の亀頭包皮炎でしょう。

投稿: | 2013/07/24 22:28

60代男です。
先生のブログを読んで、カンジダ性亀頭包皮炎じゃないかと思いあたり、ラミシールATクリームを塗り始めております。
皮膚における細菌・真菌・ウィルス共生のバランスが何らかの原因でくずれ、真菌が優勢になると、カンジダ性亀頭包皮炎になるとの説明に思わずひざを打ちました。
思い当たる原因があったからです。
昨年秋、胃潰瘍の治療でピロリ菌除菌を行いました。通算で2週間ほどかかりましたが、使用した除菌薬剤に2種類の抗生物質が入っていました。アモキシシリン(750mg/cp)とクラリスロマイシン(250mg/tb)でした。
目立つ下痢症状はありませんでしたが、抗生物質で細菌がやっつけられて、カンジダ菌が増殖したのかもしれません。
素人判断に過ぎませんが、ひょっとするとピロリ菌除菌の副作用にカンジダ性亀頭包皮炎があるのではないかと思い、ご報告まで。

投稿: | 2014/03/03 13:57

こんにちは
自分は仮性包茎ですが、普段や勃起時も問題なく亀頭を露出させることができました

以前から時折包皮の、排尿時主に尿のあたる部分がただれたりしまして
「薬(解熱剤とか)のせいかなぁ、なんかアレルギーかなぁ」
などと適当に理由をつけて治るのを待っていました

ですが最近ただれが治った後、皮が縮まり拡げると割れたりします
自分は亀頭の裏側に少し筋がくっついてますので勃起時ひきつりをさらに助長してしまいます
落ち着いているときは皮にこすってもとれない白いふやけたような層が出来てしまってします
自分も石鹸で洗っていたクチなので控えてみますがこれもやはり亀頭包皮炎でしょうか
【回答】
包茎による物理的な慢性的な刺激による包皮口の炎症でしょう。
水分(お茶・コーヒーを含む)を極力控えて1日1㍑以下にして下さい。
水分を摂取すればする程、症状は悪化します。
それでも治らない時には、地元の泌尿器科を受診して包茎手術を受けてください。

投稿: | 2014/07/20 06:16

こんばんは。質問させてください。

亀頭の下あたりに横一文字のぷっくりとした腫れができました。
痛みや痒みはありませんが、恥垢が少し出ます。
症状が出てから3週間程度で腫れは治まりつつあるのですが、垢はまだ出ています。
仮性ですが今までは垢はまったく気にならなかったです。
硬化性リンパ管炎は恥垢が出るものですか?
硬化性リンパ管炎と亀頭包皮炎に同時になってしまったのかなとも思っているのですが…。
【回答】
正解です。

投稿: | 2014/09/29 02:50

はじめまして。質問させてください。
2週間ほど前、亀頭に米粒より若干小さい位の赤い斑点を1つ見つけました。痛みも痒みはもちろん、カスも臭いも出血も全くありません。
触っても何ともありませんが、カサカサ乾燥したように皺状になっています。
2週間経って少し大きくなったようで、逆に赤味は薄くなったように見られます。皺は変わらず、剥けるような状態ではありません。
包茎ではありませんが、毎日常に石鹸でしっかり洗っています。コーヒー・お茶は1日数回欠かさず飲みます。

そこでお聞きしたいのは、
1)この症状はカンジダ性亀頭包皮炎でしょうか?
【回答】
恐らく。」

2)妻と交際〜結婚以来20年以上(それ以前も)このような症状はなく初めてなのですが、突然発症するものなのでしょうか?
【回答】
はい。」

3)ここ数週間、仕事で寝不足&過労が続いたことも原因なのでしょうか?
【回答】
その可能性もあります。」


ご教示宜しくお願いいたします。

投稿: | 2015/03/20 03:19

ペニスの根元が赤く腫れて、粒々の点から汁が出てジメジメ
する症状で泌尿器科で見て貰ったのですが
最初にケトコナゾールローション(ニゾラールローション2%)
一か月で改善されず、
次にラミシールクリーム1%を90日と言われ45日経過
お風呂でも軽く濯ぐなどそれなりに気を付けて
薬を塗り続けているのですが、全く改善されない状況に
不安を感じています。
医者は受診時に患部を見るだけで薬の処方しかしないのですが
このまま医者の言う通り後45日塗り続ければいいのでしょうか?
皮膚科の方がいいのかな?不安です・・兎に角治って欲しい
【回答】
皮膚科にかかられたら、いかがでしょうか。

投稿: | 2016/10/23 22:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37412/40110459

この記事へのトラックバック一覧です: 感染症の真実 共生関係:

« 「排尿障害」フォーブス日本版3月号 | トップページ | 「新内視鏡手術」 健康雑誌「わかさ」4月号 »