« 感染症の真実 共生関係 | トップページ | 脊髄腫瘍による神経因性膀胱 コメント相談より »

「新内視鏡手術」 健康雑誌「わかさ」4月号

Wakasa健康雑誌「わかさ」4月号の別冊付録「尿のトラブルスッキリ解消!新作戦」で私の内視鏡手術が紹介されました。

Wakasa2記事の内容は、普段、私が「慢性前立腺炎」「間質性膀胱炎」のブログで掲載している内容の紹介程度です。

Wakasa3膀胱三角部について力説しましたが、読者にその趣旨が伝わるかどうか?

« 感染症の真実 共生関係 | トップページ | 脊髄腫瘍による神経因性膀胱 コメント相談より »

コメント

50代の女性です。
慢性膀胱炎と言われている場合、そちらでは膀胱鏡の検査は必ずありますか?
検査後の排尿が激痛で出血もあるということで行くのをためらってしまいます。
痛みと出血はどれくらい続くのでしょう?

また検査後の感染予防に抗生剤を飲むのでしょうか? 抗生剤に抵抗があるのでそれも検査に行くのをためらっている理由です。

行くのも行かないのも恐ろしいこの頃です。

【高橋クリニックからの回答】
膀胱鏡検査を行なわなくとも、ほとんどの診断は可能です。
しかし、病気で本当に苦しんでいるのなら、検査がどうのこうのとは言っていられないはずです。
ですから、貴方の現在の悩みはその程度のものと思います。

投稿: ちい | 2008/07/21 14:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37412/40179302

この記事へのトラックバック一覧です: 「新内視鏡手術」 健康雑誌「わかさ」4月号:

« 感染症の真実 共生関係 | トップページ | 脊髄腫瘍による神経因性膀胱 コメント相談より »