« 「陰嚢のかゆみ」 陰嚢掻痒症と排尿障害 | トップページ | 傍外尿道口嚢胞 いわゆる「水ぶくれ」 »

腎腫瘍

昨日(2006年6月29日)のニュースで、あるプロレス団体のスター選手が、腎腫瘍になり試合の出場を断念したと報道されていました。スポークスマンは、記者団の質問に対して、限りなく癌に近いことをほのめかしていました。

Renaltumor
【資料】 The CIVA collection of medical illustrations vol.6


« 「陰嚢のかゆみ」 陰嚢掻痒症と排尿障害 | トップページ | 傍外尿道口嚢胞 いわゆる「水ぶくれ」 »

コメント

屈強なレスラーであることもさることながら39歳という若さにも驚かされました。たばこ等なんらかの要因があったのでしょうか?

【高橋クリニックからの回答】
腎細胞癌は遺伝的要素が原因とされていますが、未だ定かではありません。
ウィルムス腫瘍という腎臓の悪性腫瘍にいたっては、子供に好発します。

投稿: noda | 2006/06/30 23:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37412/10732628

この記事へのトラックバック一覧です: 腎腫瘍:

« 「陰嚢のかゆみ」 陰嚢掻痒症と排尿障害 | トップページ | 傍外尿道口嚢胞 いわゆる「水ぶくれ」 »