« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

多発性粉瘤症

「粉瘤」という病気をご存知ですか?簡単にいえば表皮にできる分泌性の脂肪の塊で良性腫瘍です。体のいたる所にできます。多いのが顔、おしりなどです。時に細菌感染を起こし、「糞瘤」という臭い匂いと膿が出るものに変身します。

今回ご紹介する患者さんは30歳男性です。
16504m30ateromeps
尖圭コンジローマがなかなか治らないので高橋クリニックを受診しました。陰茎の根本と左大腿部に小さな尖圭コンジローマが出来ていたのですが、直ぐに治る状態です。ところが目に留まったのが陰嚢から陰茎にかけて多発する「粉瘤」です。

大きいもので直径が1.5cm以上あります。16504m30aterome8良性腫瘍ですから放置していて構わないのですが、病気を知らない異性が見たら恐らく引いてしまうでしょう。正式病名は「多発性陰嚢粉瘤症」です。女性の場合もあり、女性の場合は「多発性陰唇粉瘤症」といいます。尖圭コンジローマを治すと同時に、粉瘤を治しましょうと提案をしました。患者さんは快諾です。もちろん手術料金は尖圭コンジローマ手術のみにしました。

仙骨神経ブロックと局所麻酔の併用を前処置として行い、早速手術です。16504m30aterome7 16504m30aterome2電気焼灼で腫瘤の中心に穴を開け、その中に電極を刺入させます。さらに通電すると脂肪の塊が柔らかくなり、腫瘤を指で圧迫すると潮の花のように吹き出たり、ラードのようにクネクネと出てきます。

この病気の厄介なところは、脂肪の塊だけを除去しても再発してしまうのです。16504m30aterome3 16504m30aterome4脂肪を作る袋が存在していて、この袋を除去しなければ、また脂肪の塊が出来てしまうのです。再発させないために次のことを行います。まず、脂肪の塊を指で強く押し出すと、開けた穴から、脂肪と共にその袋が裏返しに出てきます。裏返しになった袋をピンセットでつまみ、さらに電気焼灼で袋を可能な限り焼き取ります。これで手術は完璧です。

16504m30aterome6ps
手術直後の写真です。大きな目立つ粉瘤は全て除去しました。
膨らみが大きかったので、手術しても陰嚢の皮膚は所々で余っていますが、時間が経過すると次第にしぼんで正常に戻ります。2週間後の患者さんの傷の具合が楽しみです。今日だけ入浴は出来ませんが、明日からはOKです。消毒も包帯・ガーゼもしません。

写真は手術で除去した脂肪の塊の一部と、電気焼灼で焼け焦げた無残な袋の姿です。この袋の完全除去がこの手術の肝です。手がけた粉瘤は完全除去しましたが、つまめないような小さな粉瘤は残念ながらそのままです。

手術後2週間後の所見です。
16504m30ps
大きな粉瘤の跡はなくなりしぼみました。まだ小さな粉瘤は確認できますが、手術前の陰嚢の外観から比べるとかなりスマートになりました。患者さんは現在の状態でほぼ満足なさっています。将来残っている粉瘤が大きくなったら手術することになりました。

【補足】
平成20年(2008年)から、この手術の費用は5万円になりました。

平成23年(2011年)から、下記のように手術費用を変更しました。
粉瘤・アテローマ50個まで、5万円
粉瘤・アテローマ51個~100個まで、9万円
粉瘤・アテローマ101個以上、12万円

| コメント (87) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »