« マグマと温泉 | トップページ

極楽浄土

Gokuraku 仏教の様々なお話の中で、阿弥陀如来の浄土支配する極楽がありました。幸福に満ちた所と言う意味です。地球はお釈迦さまに支配されているのです。

 南無阿弥陀仏(なむあぶだぶつ)と一度でも唱えれば、阿弥陀如来が必ず聴き、死後には極楽に生まれるとされています。

Gokuraku3

 極楽浄土は中国から西に何十億の仏土(仏教国家)の先に存在する場所だと言われています。当時の地球は平らだと思われていましたから、無限大の距離を進むと極楽に到達できると思われたのでしょう。しかし、実は地球は巨大な球体ですから、進めば進むほど、一回りして元の地に戻るのです(笑)。

 

 極楽浄土の人間は、男女の性別がなくなり、不幸や犯罪がなくなり、皆んな幸せなので、悟りが得られ、皆んな如来になれると言うのです。

この世界で、このような国が世界にあるか?と調べてみると、どう考えたも、それは日本でしよう。世界で一番犯罪が少ないのが日本です。国民のほとんどが自己中ではなく、他人との協調を重要視します。日本人の若者は、男女差がなくなりつつあります。日本には、神社、お寺、教会など、あらゆる宗教施設があり、宗教差別はありません。国民のほとんどが健康保険に入っているのは日本だけで病気になった人が助けられるのです。完成度の高い戸籍があるのは世界でも日本だけです。世界で文盲率が一番低いのは日本だけです。

 イスラム原理主義者のテロリストが、世界中で起きた自爆テロなどが成功し死ねれば、天国に行けるとされています。きっと、その天国は日本なのでしょう。どう考えても世界中で天国に近い国は日本しかないでしょう。この地球上の生命体は、必ず地球上に生まれ変わるのです(笑)。もしも生まれ変わって、後に前世で行った事を思い出したら、後悔をするでしょう。そして宗教戦争を否定するでしょうね?

 極楽浄土あるいは天国で生活している日本人は、なお一層、多くの人のために生きるべきです。

|

« マグマと温泉 | トップページ

超常現象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マグマと温泉 | トップページ