尖圭コンジローマ以外のいぼ

ボーエン様丘疹症

尖圭コンジローマと同じくヒトパピローマウィルスHPVで感染するイボにボーエン様丘疹症があります。同じヒトパピローマウィルスHPVですが、DNA型が異なります。尖圭コンジローマは6型と11型が主流ですが、ボーエン様丘疹症はDNAが16型です。でも治療は尖圭コンジローマと同じです。外見上肉腫のように見えますが、悪性ではありません。

【実例】
患者さんのご厚意で写真を掲載しています。興味本位の方はご遠慮下さい。35歳男性です。2004年6月に陰茎根部に腫瘍ができました。高橋クリニック受診しました。患者さんが保存的治療を強く希望されたので、軟膏治療を始めました。経過をみていましたが、一進一退でなかなか治療効果が出ません。今年になって急激に大きくなったので、手術を薦めたところ、ご本人も承諾なさり、手術になりました。写真は、手術直前の所見です。病変部は直径1cm以上の大きな腫瘍の塊がいくつか集まった形をしています。表面は比較的平らですが、肉の塊のようです。

患者さんのご厚意で写真を掲載しています。興味本位の方はご遠慮下さい。この写真は、電気焼灼手術の所見です。この映像は本邦初公開です。このように腫瘍を丁寧に焼き込んで、十分に腫瘍深部まで熱を通していきます。表面に十分に焦げ目をつけるのがコツです。この適度な火傷が患者さんの免疫システムを刺激して、残存しているかも知れないウィルスをやっつけてくれるのです。

患者さんのご厚意で写真を掲載しています。興味本位の方はご遠慮下さい。手術直後の写真です。出血もなく無事に手術が終わりました。患者さんはほとんど痛みなく安心されています。腫瘍全体に十分火が通った感じです。ステーキ焼き方で例えると、ヴェリー・ウェルダムです。手術直後は、腫瘍から肉汁が出てきますから、ガーゼで十分に吸水して手術終了です。2週間後の再診が楽しみです。

患者さんのご厚意で写真を掲載しています。興味本位の方はご遠慮下さい。その後、この腫瘍は再発を繰り返し、4回同じ手術を行い、やっと消失しました。ボーエン様丘疹症はしつこい良性腫瘍だということが身にしみて理解できました。

【注意】患者さんには、病気啓蒙のためブログ上の写真掲載の快諾をいただきました。感謝いたします。

| | コメント (25)