« 難治性の慢性尿道炎 | トップページ | 難治性の慢性尿道炎 »

10年前の患者さんからのお礼の電話 尖圭コンジローマの誤診

Denwa3

 先日、10年前の患者さんから、お礼のお電話を受けました。初診しか訪れなかったご婦人です。

10年前に来院したのが、陰部に発生した尖圭コンジローマという性病の疑いでした。それまでに何か所もクリニックに行きましたが、尖圭コンジローマと診断され、治療薬であるベセルナクリームを塗布しても、まったく治らないので、とても悩み続けた患者さんでした。

 私は婦人科医でもなく性病科専門でもなのですが、いろいろな誤診される病気についてブログに記載していました。それをお読みになり来院したのでした。さっそく拝見すると一目で、「尖圭コンジローマではない!」と患者さんに告げました。患者さんはビックリされました。そしてすぐに涙を流しながら喜ばれました。

 陰部に出来たブツブツを一般の医師は尖圭コンジローマと単純に判断するのです。ご婦人の陰部にできるブツブツは尖圭コンジローマだけではありません。他に、単なるイボ、膣前庭乳頭症、湿疹・丘疹などがあります。この患者さんは膣前庭乳頭症でした。膣前庭乳頭症は性行為によってご自分の膣の細胞が剥がれて、外の陰部の壁に自己移植したためにできるのです。病理検査されると、正確に判断できない病理専門医が、膣壁の細胞を尖圭コンジローマだと誤診するのです。

Denwa4

 患者さんはホッとして帰宅されました。後日、精神的に気持ちが回復し、結婚もできお子さんも生まれたそうです。ご主人の仕事で海外に長期間お住みになり、最近帰国されたそうです。そしたら急に過去の事を思い出され、どうしても私にお礼が言いたかったと電話をかけられたのです。医師としてとても

0d0eade7841b44cf8e8826e8e1ee329e

 膣前庭乳頭症と尖圭コンジローマの違いを解説します。この写真は、尖圭コンジローマの病理写真です。白っぽい細胞と、中にいびつな核が確認できます。この白い部分がヒトパピローマウィルスHPVの塊りです。細胞の核の中にウィルスが侵入して、ウィルスをたくさん作ります。そして核を破壊して細胞内に放出するのです。結果、核が壊れて歪(いびつ)になるのです。

7a1522e2c0854324aaf0dedb8d3bc961 この写真は膣前庭乳頭症の病理写真です。尖圭コンジローマと同じように、白っぽい細胞と、今度は丸い核が見えます。白っぽい部分が、グリコーゲンなのです。元々は膣壁の細胞ですから、膣を守るために乳酸菌を培養するのです。そのために、膣の細胞はグリコーゲンを作り乳酸菌を育てるのです。

Koilovpv_2 イラストで膣前庭乳頭症と尖圭コンジローマの病理学的違いを示しました。グリコーゲンの満ちた膣細胞と、ヒトパピローマウィルスHPVが満ちた尖圭コンジローマの感染細胞は似ていますよね。それで病理の専門医が誤診してしまうのです。このイラストは私が考えたものです。病理の専門医ではなくても、真剣に事実を発見しなければならないのです。ワンパターンの診断で悲しむ患者さんはたくさんおられます。

 

|

« 難治性の慢性尿道炎 | トップページ | 難治性の慢性尿道炎 »

コメント

突然のコメント大変失礼します。

自分では感染症か判別がつかず悩んでいたのですが、
http://hinyoukika.cocolog-nifty.com/fppp/2009/08/post-fbfd.html
こちらの記事を拝見し、コメントしております。

裏スジ(若干カリ?カリ首の部分にもある気がします)に、
右側に2個、左側に1個できもののようなものがあります。
(どちらかと言えば、皮がめくれてしまっているような感じです。サイズは私のできものの方がかなり小さいですが、写真とほぼ同じような位置だと思います。)

ここにできた場合は包皮腺と書いて下さってありますが、
ここに感染症ができる事はないと受け取って良いでしょうか。
回答、ないでしよう。

また包皮腺が増える事はあるでしょうか。
回答、ないです。
(一ヶ月ほど前に見た時は1つだった気がするので…。)

突然大変失礼しました。

投稿: | 2022/07/18 21:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 難治性の慢性尿道炎 | トップページ | 難治性の慢性尿道炎 »