« 淋病 | トップページ | 尖圭コンジローマの新しい治療 »

淋菌の疑問

Gono3d_2
性行為感染症で有名な病気として淋病があります。
その原因菌が淋菌です。写真のように淋菌の様子は、2つの球がくっ付いたようなマユ型の双球菌です。学生時代の教科書や研修医時代に教わりました。

Gono_2
淋菌はグラム陰性菌で普通の顕微鏡で観察すると、写真のように小さな粒として確認できます。
白血球の中に、小さなカイコのマユのように見えるのが淋菌です。しかし、マユ型ではなく、半分の丸型の淋菌も確認できます。双球菌のはずの淋菌が、何故、半分の丸型があるのでしょう。

Gonomicroscp_2
この写真は、私が淋病の患者さんから直接採取した膿を染色や固定しないで、生きたまま観察した淋菌の姿です。『あれ〜?』と思いました。生きた淋菌を観察すると、淋菌は、2つくっ付いたマユ型ではなく、一個一個別々に活発に動いて見えるのです。

Ed1520ec5fda486d89a85f950622cff9
さらに、詳細に見ると、動いている淋菌が鞭毛をクルクル回しながら激しく動いているのです。
そう、まるでヘリコプター🚁のようです。
それでは、染色した淋菌は何故双球菌に見えるのでしょうか?患者さんから採取した膿をスライドグラスに塗って、アルコールランプで軽く固定して染色します。この熱固定する時に淋菌は死にます。
Gonotwin淋菌が「は〜い!死にま〜す!」と言って死ぬとは思えません。動かせる鞭毛を死に物狂いで振り回すでしょう。その時、側にいた同じ淋菌の鞭毛と絡み合ってガッチリ寄り添ってしまうのです。それが、マユ型の双球菌になってしまうのです。ちょうど、上下に柄のついた2つサクランボが、柄が絡み合っているような姿です。

Gonorea
この写真は、淋菌の走査電子顕微鏡像です。
同じ淋菌ですが、左の写真では、長い鞭毛が確認できます。この鞭毛をクルクル振り回しながら淋菌は移動するのです。一番上の写真のイメージと大分違いますね?今までの淋菌のイメージは、死んだ淋菌の姿だったのです。生きている淋菌は長~い鞭毛を活発に動かしているのです。鞭毛のない淋菌には病原性が少ないことが分かっています。この鞭毛で尿道粘膜、子宮粘膜、卵管粘膜に吸着して炎症を起こすのです。また、精子に鞭毛で絡みつき、精子が膣→子宮→卵管→腹腔内の移動に併走するので、卵管炎、腹膜炎を起こすのです。卵管炎で卵管は癒着し、卵子が子宮に移動できなくなり不妊症の原因になるのです。

鞭毛を活発に動かすためには、かなりのエネルギーが必要です。この小さな細菌の何処にそんなエネルギーが蓄えられている思われますか?おそらく、エネルギーを外から補給しているのです。実は、精液の中のリン酸塩であるATPという、精子が利用するエネルギー物質です。
最近、この鞭毛に病原性があるので、鞭毛を抑える薬剤が研究されていますが、なかなか上手くいっていないようです。

過去の学問の常識が常に正しいとは限りません。

【参考】
戸田細菌学
ブラック微生物学

|

« 淋病 | トップページ | 尖圭コンジローマの新しい治療 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 淋病 | トップページ | 尖圭コンジローマの新しい治療 »