« 風俗店からのメール | トップページ | 膣前庭乳頭症と尖圭コンジローマの病理学的鑑別#3 »

膣前庭乳頭症と尖圭コンジローマの病理学的鑑別#2

先日、30歳代のご婦人が尖圭コンジローマで悩み来院されました。
地元の病院で、尖圭コンジローマと診断され治療しているのですが、納得できないのでセカンド・オピニオンで相談にいらしたのでした。
Koilocyte20099f37infor紹介状には、右記のような経過記載がありました。病理検査結果を根拠に尖圭コンジローマの診断です。

Koilocyte20099f37patho病理検査のレポートには、自信を持って尖圭コンジローマと診断しています。

Koilocyte20099f37【尖圭コンジローマと診断された組織像】
さて、組織標本を拝見すると、確かに空胞細胞コイロサイトーシスと思しき細胞が見られます。
Koilocyte20099f3712【空胞細胞コイロサイトーシスと診断された組織像】
この空胞細胞コイロサイトーシスの特徴は、細胞の核が濃染していて小さいことです。もしもヒトパピローマウィルスHPVに感染していれば、腫瘍化している訳ですから、細胞の核は大きくいびつで不ぞろいの筈です。右上側の正常細胞の核が左下に移行するに従い、少しずつ小さくなって来たという印象です。空胞細胞コイロサイトーシスとしては穏やかな顔つきの細胞ですね。

Koilocyte20099f372【尖圭コンジローマと診断された組織像】
これも空胞細胞コイロサイトーシスと思しき細胞が見られます。
Koilocyte20099f3722【空胞細胞コイロサイトーシスと診断された組織像】
初めの組織像の空胞細胞よりも、空砲がハッキリしています。右上側の正常細胞の核とほぼ同じ顔つきの核が、左下に移行するに従い、少しずつ小さくなっていく印象です。
これも空胞細胞コイロサイトーシスにしては、穏やかな顔つきの細胞ですね。
Koilocyte20099f373【色素性母斑と診断された組織像】
尖圭コンジローマとは診断されなかった組織像です。しかし、角質化を伴った層の下の重層扁平上皮層に空胞細胞と思しき細胞が散見できます。
Koilocyte20099f3732【上図の拡大図】
正常の細胞核でその辺縁が白く抜けています。これも空砲細胞コイロサイトーシスと診断されてもおかしくはありません。この病理医師は、なぜ空胞細胞コイロサイトーシスと診断しなかったのでしょう。

Histologycellbio582p【正常の膣上皮組織像 組織細胞生物学 南江堂 582ページ】
ここで、正常の膣粘膜の組織像を勉強しましょう。
以前にご紹介した組織学の専門書とは別の本を引用します。
ここにも正常の膣上皮組織像が示されています。
Histologycellbio582p2膣粘膜の拡大像です。重層扁平上皮細胞が明るく抜けているのが分かります。重層扁平上皮はグリコーゲンが豊富に含まれると、このように白く明るく抜けた像になるのです。粘膜固有層近くの重層扁平上皮は中途半端な細胞で、一見、空胞細胞コイロサイトーシスに見えませんか?

【結 論】
患者さんが持参した組織標本で、病理の医師に指摘されたと思われる空胞細胞コイロサイトーシスは、すべてグリコーゲンを多く含んだ重層扁平上皮の正常の細胞です。つまりは空胞細胞コイロサイトーシスもどき=偽空胞細胞です。この患者さんは、尖圭コンジローマではなく、膣前庭乳頭症です。

【注意】
女性性器に関する病気は全て婦人科の診療範囲の病気です。ですから、女性性器の病気でお悩みの時には、始めに必ず婦人科を受診して下さい。婦人科を受診しても尖圭コンジローマのように治りが悪い場合には、高橋クリニックでもご相談を受けます。


|

« 風俗店からのメール | トップページ | 膣前庭乳頭症と尖圭コンジローマの病理学的鑑別#3 »

コメント

はじめまして。
コンジロームについて調べていたところこちらのブログに行き着き、先生にメールいたしました。
私は24才で今病院で働いています。
二年前からHPVワクチン(二重盲検)の治験に参加しており、今月終了しました。
昨年の夏コンジロームの人と何度か性交渉をしてしまい、近くの婦人科にかかったところ、イボがでないと診断できないからできたらまた来てと帰されました。
それから10月の治験の細胞診で軽度異軽性3aが初めてでてしまい、経過を見ましょうと言われ、2月にやったところやはり3aだったため5月に組織診を行いました。
結果はグレード1経過観察とのことでした。
今月治験最後の細胞診をし、結果待ちです。先生は見たところ異常なしと言ってました。

先日、1月から付き合っている人の亀頭と竿の溝?部分に透明な粒を3、4見かけました。
ぱっと見ですが大きさは均一で尖った感じはありませんでした。
何気なく見て、発見したので今まで気付かずもともとあったのかもしれません。
私以外の女性とは一切性交渉していないので、やはり私から移ってしまったのでしょうか?
増えるようなら性病科にかかってもらおうと考えています。
長文失礼しました。
どうぞお力添え下さい。
【高橋クリニックからの回答】
この内容だけでは、貴方に尖圭コンジローマが感染しているかどうかも定かではありませんし、彼氏が尖圭コンジローマともいえません。
彼氏はフォアダイスかも知れません。。

投稿: K | 2008/10/06 22:47

ご返事ありがとうございました。

書き忘れたんですが、7月にHPV検査をして結果は悪性HPVは(-)でした。

聞いてみたんですが、彼の竿と根本には昔からニキビみたいなのがあったそうです。

投稿: K | 2008/10/10 18:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37412/13158781

この記事へのトラックバック一覧です: 膣前庭乳頭症と尖圭コンジローマの病理学的鑑別#2:

« 風俗店からのメール | トップページ | 膣前庭乳頭症と尖圭コンジローマの病理学的鑑別#3 »