英雄は、みんな包茎 (ルーブル美術館にて)

2008年夏に、パリのルーブル美術館に行って来ました。そこでたくさんの彫刻を鑑賞しましたが、男性と思われる彫像の全てが、皆さんの悩む包茎でした。
Louvreこの彫刻不死身の英雄アキレスです。
アキレスは踵(かかと)が弱点で、そこを矢で射抜かれ死んでしまう悲劇の英雄です。その逸話から、踵につながるひらめ筋のスジを「アキレス腱」といいます。

Louvre2その不死身の英雄も、近くによって観察すると、立派な包茎です。

Louvre3ギリシャ神話に登場するゼウスの子、太陽神アポロン(アポロ)です。
音楽・医術・弓術・予言の神様でもあります。太陽でさへ実は包茎なのです。

Louvre4ミケランジェロの彫刻で有名な「奴隷」です。

Louvre5この「奴隷」も包茎です。
製作したミケランジェロはイタリア人ですから、イタリア人の常識は包茎なのです。

Louvre6英雄ヘラクレス(ハーキュリー)の彫刻です。
英雄ヘラクレスも包茎でした。

Louvre7ギリシャ神話で絶大な力を持つ海神ポセイドンの像です。
海水で洗わなければならない立派な包茎です。

Louvre8この彫刻が何の題材か忘れましたが、2人とも包茎です。

世界で包茎ではないのは、モーゼが「中興の祖」であるユダヤ教を代表として、イスラム教・キリスト教?だけです。可笑しなことに、モーゼ本人は割礼をしていませんでした、つまり包茎でしたから、彼がユダヤ教の創設者ではないか?との疑問も持たれています。

どうですか?包茎!包茎!と悩むのは、形から入ろうとする日本人の性(さが)なのでしょうか?

【補足】
デジタル・カメラに彫刻のおチンチンばかり撮影していたので、家族から変な目で見られてしまいました(悲)。『パリまで来て包茎の撮影かよ!』なのでしょう。真実を説く伝道の道は、誤解の多い困難な道のりなのです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

包茎の存在価値

【種の保存と包茎】
地球上の哺乳動物で包茎でない生き物は存在しません。哺乳動物にとって包茎であることは種の存続になくてはならないものです。
生殖に使用される陰茎は、むき出しのままでは傷つきやすく保護しなければなりません。またオスにとって、広大な自然の中で、いつメスに遭遇できるか分かりません。一生かかっても遭遇しないかも知れません。もしも幸運にもメスに遭遇することができるとしたら、その時こそがチャンスです。脱兎の如く駆け寄って、サッと陰茎を膣内に挿入して素早く射精をしなければなりません。
そんな千載一遇のチャンスの時に、普段むけた状態の陰茎では鈍感であるために、何回ピストン運動してもなかなか射精できないかも知れません。そうこうしている間にメスに逃げられたり、無防備時の性行為中に、他の獣に襲われてしまうかも知れないのです。ですから陰茎は敏感でどうしても早漏である必要があったのです。

哺乳動物の交尾いろいろ
sexhourse.jpg  sexsheep.jpg

ところが、人間は知恵を得ることにより、他の哺乳動物よりも自分を強力に守る力を得ました。そして生殖を種の保存のためだけではなく、楽しむこととして確立してしまったのです。楽しむためには長い時間楽しみたいですね。また女性からの要求で楽しむ時間をさらに延長せざるを得なくなりました。ですから、男性にとって早漏では具合が悪いのです。
また他の哺乳動物ではオーラルセックスは行いませんが、人間のオスはすすんでメスにオーラルセックスをしてもらい喜んでいます。ところが恥垢のたまったプ~ンと鼻に付く臭いのする包茎を誰が喜んでしゃぶってくれるでしょう。そのために包茎を恥じる文化が発生したのです。

【民族・歴史と包茎】
宗教上の理由で包茎を認めないので有名なのがユダヤ教です。なぜユダヤ教では割礼(かつれい)という包茎手術で包茎を治すのでしょうか?
建て前では、生後7日目に神との契約の証として、割礼を行なうことになっています。神様がパッと見て契約の証が判断できなければ意味がありませんから、傷はきたなく目立つのが本来の包茎手術のあり方です。包茎手術をしたかどうか分からないようなきれいな手術を好む日本人の考えは、間違った考え方です。
Yhwhさて、旧約聖書を深く読み解くと、旧約聖書に登場する「神」ことヤハウエあるいはエホバは水の神様です。ユダヤ人はもともと砂漠の民です。砂漠の民が生き残るためにもっとも必要なものは「水」です。彼らにとって水は生きていく上で大切なものだけではなく、神聖なものなのです。その神様のそのものの水で汚い恥垢(ちこう)のたまった陰茎を洗うのはいかがなものでしょうか。
結果、神様の手を汚さないで済む包茎手術(割礼)という手段を選んだのです。
キリスト様はユダヤ人ですから割礼を行っていて、包茎ではありません。キリスト教を信じる欧米人はキリスト様と同じ陰茎になりたいと思うのは自然な発想です。ですから欧米でも包茎手術は発達しました。
ヤハウエ=アラーの神ですから、イスラム教徒も割礼を行ないます。生後7日ではなく、期間に余裕があります。

モーゼ 十戒より moze.jpg

さて、日本においてはどうでしょう。日本は海に囲まれ河川に恵まれ、飲み水や身体を洗う水に事欠きません。毎日入浴する日本人は、たとえ真性包茎であってもおチンチンはいつでも清潔です。そんな日本人男性にとって包茎手術は、日本の国土と歴史から見てそれ程重要ではないのです。

| | コメント (22) | トラックバック (0)