お見舞い

以前に包茎手術をした患者さんが、、傷跡が気になるということで修正手術をしに来院されました。
一部盛り上がりと、一部ツートンカラーになっている部分が気になるので、そこを修正しました。
わざわざ関西から来院されたにも関わらず、私が入院したことを知り、紀伊国屋の果物セットをお見舞いに持参してくれました。

手術が終わり、彼から別の相談を受けました。
若い時に、鼻の形が気になり、鼻の美容整形を受けたそうです。しかし、手術は失敗し鼻に傷が残ってしまいました。その傷を治すために、耳の軟骨を移植して治しました。鼻の一部に少しへこみがある程度に治りましたが、いまだ気になるので、もう一回手術すべきかどうかの相談です。

手術をしてはダメだと告げました。
理由は、現在の顔がとてもハンサムなのです。鼻のへこみは、見方を替えればチャームポイトに見えるのです。

| | コメント (1)

包茎手術の後遺症 「非対称」

Asynmetory
時に修正手術で依頼されるのが、包茎手術後の傷の非対称です。
この患者さんのように、左右の内板の長さが明らかに異なる場合、患者さんは気になるのです。包皮が十分にあるのであれば、左右等しく切除することで修正できますが、余分な包皮がない場合には電気焼灼手術を実施します。


続きを読む "包茎手術の後遺症 「非対称」"

| | コメント (6)

癌と間違えられた包茎手術後の「肉芽腫瘍」

【警告】
このページには、病状説明のため性器の写真が掲載されています。ご気分が悪くなる可能性のある方は、ご覧にならないでください。

加工処理した性器画像です。自己責任でご覧ください。Tumor32378penisg
患者さんは40歳代の男性です。5年前に包茎手術を行いました。しかし、縫合部が開いてしまい、そのまま治りました。
ところが、包茎手術してから1年後、傷が開いた部分が盛り上がり始めました。次第に大きくなり、こぶ状になったので、地元の労災病院を受診したとところ「陰茎癌」かも知れないと診断されました。そして最悪、陰茎を切断するとまで警告されたのです。患者さんは顔面蒼白、夜も眠れなくなり、当院を受診しました。

経過と外観と触診から不良肉芽に違いありません。

続きを読む "癌と間違えられた包茎手術後の「肉芽腫瘍」"

| | コメント (12)

切らない長茎手術で「苦痛」

40歳代の患者さんです。
有名な包茎手術専門クリニックで「切らない長茎手術」を患者さんは受けました。特殊な糸を使ってたった7分という短時間な手術です。手術料金は、何と80万円です。(1分11万円!)
手術して1ヵ月しか経過していないのですが、勃起した時に痛みのような不快感を手術した部分に感じます。その結果、患者さんは糸の除去を希望されました。本来、執刀した主治医に糸を除去してもらうのがスジですが、患者さんがそのクリニックに2度と行きたくないので高橋クリニックを受診しました。

続きを読む "切らない長茎手術で「苦痛」"

| | コメント (13) | トラックバック (0)

新型ヒアルロン酸の後遺症 「壊死」

【警告】
このページには、病状説明のため性器の写真が掲載されています。ご気分が悪くなる可能性のある方は、ご覧にならないでください。


加工処理した性器画像です。Necrosis32446ps_2
亀頭増大手術でヒアルロン酸を注射された患者さんが時々来院されます。
今回ご紹介するのは40歳台の患者さんです。写真でご覧のように亀頭が融けてしまいました。
全国展開する男性専門クリニックで、手術を受けたのでした。

続きを読む "新型ヒアルロン酸の後遺症 「壊死」"

| | コメント (7)

後遺症 「白ナマズ」

【警告】
このページには、病状説明のため性器の写真が掲載されています。ご気分が悪くなる可能性のある方は、ご覧にならないでください。

Panda20799ps
60歳代の患者さんです。40歳代の時に包茎手術を行いました。しかし、傷跡が気になり、その3年後に別の病院で修正手術を行いました。

続きを読む "後遺症 「白ナマズ」"

| | コメント (1)

バックカット方式の欠点

Backcut24995m47g
40代の関西在住の男性です。
地元の美容外科で5ヵ月前に包茎手術を受けました。手術方式は陰茎の根元で包皮を切除する、いわゆるバックカット方式です。執刀した医師いわく、「私は上手だからバックカット方式ができる」とハッキリ言ったそうです。
ところが、手術直後から包皮は写真のように余り、さらにペリカン変形気味です。
執刀した美容外科医に相談したところ、「こんなもんだ」と診断され、治すのであれば、前回と同じ手術料(15万円)が必要と言われました。手術しても、また同じであった場合のことを考えて、新幹線を使って高橋クリニックを訪れたのです。

Backcut24995m472g
バックカット方式は、手術の傷跡が陰茎の根元に隠れるので、一見理想的と思われますが、余分な包皮の切除範囲を正確に決定するのには勇気が必要です。結果として十分に切除しきれなくなり、この患者さんのように中途半端な手術になるのです。
写真では切除範囲をマーカーでデザインしました。

Backcut24995m473g
切除範囲をデザイン通り除去して、再縫合します。
包皮口の若干狭い所が、先端に残っているのでペリカン変形気味は完全に治せません。
しかし、患者さんは傷が1か所(一直線)を希望されたので、今回はこれで終了です。術前の写真と比較して、亀頭が十分に露出したのが分かります。患者さんは満足して帰宅されました。

【診療時間と休診】

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バイオジェル注入の後遺症

【警告】
このページには、病状説明のため性器の写真が掲載されています。ご気分が悪くなる可能性のある方は、ご覧にならないでください。

性器画象です。自己責任でご覧下さい。
関西から訪れた50歳代の患者さんです。
過去に包茎手術の既往がありました。年とともに、もう少し長さが欲しいと地元のSクリニックを受診しました。そこでは、「サブQ」というバイオジェルを注入すれば、陰茎が長くなるからと言って、20ccのバイオジェル注入をされました。金額は100万円だったそうです。今年の7月初めの出来事です。

性器画象です。自己責任でご覧下さい。
ところが、今まで包茎でなかったのにもかかわらず、施術をしてから包皮が余り、亀頭にかぶさるようになってしまいました。肝心の陰茎の長さは変わらないのです。
施術をしたクリニックに相談に行きましたが、その内、改善すると言うのです。さらに相談すると、痩せれば長くなると言われて、このクリニックを諦めました。
7月下旬に高橋クリニックに訪れ、相談を受けました。このバイオジェルなるものの除去と、出来れば陰茎を長くして欲しいということでした。

続きを読む "バイオジェル注入の後遺症"

| | コメント (9)

脂肪注入の弊害

【警告】
このページには、病状説明のため性器の写真が掲載されています。ご気分が悪くなる可能性のある方は、ご覧にならないでください。
加工処理した性器画像です。自己責任でご覧ください。Scar26776m34ps
30代の男性が今年の6月に陰茎の増大目的に脂肪注入をあるクリニックで行いました。患者さんの恥骨部の脂肪を吸引して陰茎に注入移植するという方法です。
すると写真で示すようにコブのように盛り上がり醜くなってしまいました。

続きを読む "脂肪注入の弊害"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

手術後の「しこり」

【警告】
このページには、病状説明のため性器の写真が掲載されています。ご気分が悪くなる可能性のある方は、ご覧にならないでください。

性器画象です。自己責任でご覧下さい。包茎手術の後に「しこり」ができる人がいます。
「しこり」の程度は大小差があり、また原因も多様で、リンパ浮腫の線維化・余分な皮下組織の塊・組織縫合糸の慢性炎症・原因不明など様々あげられます。
どんなに私が丁寧に慎重に手術を行っても、たまに起きることがあります。今回ご紹介する方は、過去に私が手術した患者さんです。裏筋側にしこりがあって痛みを感じるというのです。そこで修正手術になりました。もちろん過去に私が手掛けた患者さんですから、費用は無料です。

性器画象です。自己責任でご覧下さい。手術テクニックでシコリだけが浮き上がってくるように剥離・露出します。
この方法だと、不必要な部分を傷つけないで済みます。出血もほんのわずかです。

性器画象です。自己責任でご覧下さい。シコリの部分を可能な限り剥離・露出して除去します。
隠れていたシコリのかなりの量(体積)が確認できます。

性器画象です。自己責任でご覧下さい。シコリを除去した後には、余分な組織はなくなりました。
すっきりした印象です。
全体を通して、ほとんど出血はありません。本来なれば、再手術ですから、癒着剥離のために相当な出血があるのが普通です。(手術をする医師ならばお分かりでしょうが・・・)私のこの手技であれば、ご覧のように出血は極めてわずかです。

性器画象です。自己責任でご覧下さい。摘出したシコリです。
余分な皮膚ごと除去しました。

性器画象です。自己責任でご覧下さい。摘出した直後の縫合前の所見です。
術前と比較して下さい。「でっぱり」がなくなりました。患者さんにも触診していただき、気になるシコリがなくなったのを確認してもらいました。

私が手術して上手くいかなかった患者さんの症例を今回ご紹介しました。
手術は生(なま)ものです。どんなに注意し丁寧に手術しても、術後出血も傷がきたなくなることも今回のようなシコリもできます。
手術そのものは100%の完成されたものであっても、時間が経過したあとの結果は、決して100%の満足が得られる訳ではありません。しかし、そのフォローをいかに上手に行うかが、執刀医の腕にかかっているのです。
包茎手術専門クリニックや美容整形外科の医師に問いたい。結果を患者さんのせいにしたり、「こんなもんです」と言って再手術を避けてはいませんか?

患者さんのご厚意により手術中の写真を掲載しています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧