脂肪・コラーゲン注入の悲劇

 

Rakudaある日、他の医療機関で陰茎増大手術をされた患者さんが当院に相談にお越しになりました。そこで、患者さんのお腹の脂肪を採取して、陰茎に移植する手術です。通常は陰茎の組織の中に均一に拡散すると思われていたのですが、一か所だけに集まった形になってしまいました。実際に拝見すると、陰茎の背部が盛り上がって突出しているのです。まるでヒトこぶラクダのようでした。


病状説明のため性器の写真が掲載されています。ご気分が悪くなる可能性のある方は、ご覧にならないでください。


A3a4145bde3d48c8964e8f90c4c6e2e130代の男性が今年の6月に陰茎の増大目的に脂肪注入をあるクリニックで行いました。患者さんの恥骨部の脂肪を吸引して陰茎に注入移植するという方法です。すると写真で示すようにコブのように盛り上がり醜くなってしまいました。まるでラクダのコブのようです。これでは、コブが引っかかって性行為が出来ません。患者さんは精神的に落ち込んでいました。


さて、治療したクリニックに相談しましたが、その都度良くマッサージすれば治りますの一点張りです。3回ほど相談したら、そのクリニックはなくなってしまったのです。慌てて情報収集したら、そのクリニックで同じような被害者が出ているとのこと。警察に掛け合いましたが、相談に乗ってくれません。仕方なく、高橋クリニックの門をたたいたという経緯です。

手術で助けてあげることにしました。触診でこのコブは固くなっていて、陰茎海綿体とは癒着していないようです。
そこで、デザインをして切除に取り掛かりました。


Ae0fff8b11b34801a4cd36aba93e0339手術時間は2時間ほどかかり、何とかコブを除去しました。
手術前の比較して、姿が正常になりました。亀頭直下の右に脂肪の粒が点在していたので、その部分は電気焼灼手術で蒸散させました。 取り除いたコブは、亀頭近くの部分には明らかな脂肪組織でしたが、コブのほとんどを線維組織で充満していました。おそらく患者さんから吸引した脂肪組織はわずかで、その中にコラーゲンを混ぜてかさを増して注入したのでしょう。悪徳業者による仕業です。

【後日談】
患者さんが受けた手術を執刀した人間が医師ではなかったということが後日判明しました。暴力団の手下で、初めは事務長としてアルバイト医師の助手で手伝っていました。ところが、暴力団本部の意向で、クリニックの収入を上げなけれなならないので、見よう見まねで覚えた事務長が偽医師で手術をしていたのです。医師へのアルバイト料を減らすためだったのです。
そして、警察も捜査に乗り出しました。6月14日、患者さんの要望で警察から二人の刑事が来院し、患者さんのカルテと手術中の写真を証拠物件として採用されました。
医師法違反のこの偽医者は逃走中らしいとのこと。逮捕されて厳罰を・・・。
7月9日、再度刑事さんが来院し、切除した組織の判定のために、医師の私が部分的に科捜研に提出することになりました。

【後後日談】
陰茎の手術は成功しましたが、亀頭が痛いのです。その理由は亀頭に注入されたコラーゲンが原因だったのです。しかし手術で亀頭の海綿体のコラーゲンを取り除くことが出来ません。そこで患者さんは、お金のない犯人わや訴えることが出来ないので、名古屋の耳鼻科医師を告訴しました。実は、この医師が暴力団に医師免許を貸して、東京の青山で開設した協力をしたのです。医師免許を貸した代わりに高額の現金を毎月受けていたのです。……ところが、亀頭の痛みの原因が私の修正手術が原因と逆に訴えて来たのです。そこで、私までもが裁判に承認として出頭したのです。

【後後後日談】
名古屋の形成外科の医師も加わり、私の手術がミスしたから亀頭が痛くなったのだと私を追求して来ました。私は手術の際の写真と手術の詳細をレポートにして、裁判官に提出しました。そして証言台に立ち、いろいろ質問されました。……結果、私の責任はまったくなく、耳鼻科の医師が裁判で負けました。その後、耳鼻科の医師と協力した形成外科の医師の2人が、実は暴力団と密接に関与していたことが判明して、二人とも逮捕されたのです。その後、時間の経過とともに患者さんの痛みはなくなりました。実はこの患者さんは、内科の青年医師だったのです(笑)。医師なのに、手術をした偽医者をどうして見抜けなかったんだと、私は少しばかり怒ったのでした。今は元気に開業されています。

| | コメント (7)

カンジダ性亀頭包皮炎の治療

かカンジダ性皮膚炎には、カンジダ性膣炎やカンジダ性亀頭包皮炎があります。ご婦人の場合は、抗カンジダ菌の膣剤が使用されます。男性の場合には治療として、まずは誤診されてステロイド軟膏や抗生剤軟膏を処方されるのです。なかなか治らないので、初めてカンジダ性?と気が付かれるのです。

先ずは、抗真菌剤の塗布や患部を石鹸で洗わないようにしなければなりません。真菌は、ある意味で植物細胞なので根が張っています。ですから、石鹸で洗えば洗うほど敵対する細菌(動物細胞)は取れて、根の生えたカビだけが残るのです。

健康な人は、皮膚に存在する雑菌とカビであるカンジダ菌が互いに牽制し合って、お互いの増殖が抑えられています。

4eff07fbe36b43f3bbf720cb20e4b14f

男性で水分を多く摂取する人は、水の排出反応である炎症が起きやすくなります。特に性行為の後にご婦人の一部の常在菌であるカンジダ菌の感染でカンジダ性亀頭包皮炎になってしまいます。石鹸で洗えば洗うほど皮膚の雑菌は排除されますが、根を張り巡らしているカンジダ菌は残ります。結果、牽制相手である雑菌がいなくなり、カンジダ菌が逆に増殖します。人間はカビを殺菌することはできないので、免疫が頑張っても炎症が起こるだけでカビ=カンジダ菌が残るので、炎症がドンドンひどくなりカンジダ性亀頭包皮炎になるのです。

最近、新たな治療方法を業者さんの提案で思い付きました。「次亜水」という殺菌水が最近注目を浴びています。殺菌薬なのに酸性でもなくアルカリ性でもない、中性の薬液なのです。次亜水の濃度に応じて、雑菌、ノロウィルス、インフルエンザウィルス、カンジダ菌などの広範囲の病原菌を殺菌します。そして、生体には悪影響がないのです。

石鹸で患部を洗っても、その後で次亜水をスプレーすれば、残ったカンジダ菌が殺菌されます。なかなか良いでしょう?ただし、保険薬品ではないので、自費です。1ヵ月分の50㎖スプレー1本で1200円になります。

| | コメント (3)

包皮のフクロ

【警告】
このページには、病状説明のため性器の写真が掲載されています。ご気分が悪くなる可能性のある方は、ご覧にならないでください。

性器画象です。自己責任でご覧下さい。包茎手術の際に、取り除かれる部分にホクロ・シミ・オデキ(粉瘤・アテローマ)・嚢腫・硬化性リンパ管炎などがたまたま存在することがあります。
患者さんが気にしている場合もそうでない場合もあります。今回、プニュプニュしたいくつかの嚢腫様病変があり、患者さんも7年前から気になっていたので、包茎手術で一緒に除去しました。

性器画象です。自己責任でご覧下さい。私が行う包茎手術は一般的な環状切除手術ですから、嚢腫が十分除去できるようにデザインして実施しました。

Dermoid27243m34micro病理組織の所見ではしょう液性物質の詰まった多房性嚢腫でした。
一般的には類表皮嚢胞と呼ばれます。オデキ(粉瘤・アテローマ)も類表皮嚢胞の範疇です。
リンパ管ではないことは分かりましたが、それ以上の見解は病理診断医からもハッキリした診断はつかないので、嚢胞性病変ということで決着しました。

| | コメント (17) | トラックバック (0)

包茎患者さんに多い真珠様陰茎小丘疹(Pearly Penile Papules)

包茎患者さんに多い悩みの一つとして真珠様陰茎小丘疹があります。ここで真珠様陰茎小丘疹について解説しましょう。

【概念】
ppp2真珠様陰茎小丘疹(Pearly Penile Papules)とは、フォアダイスと同様に生理的な現象で成人男性の20%に認められます。ですから病気ではありません。
ペニスの環状溝に沿って写真でご覧のように観察できます。尖圭コンジロームと外見上の違いは、尖圭コンジロームは大きさがまちまちで不ぞろいですが、Pearly Penile Papulesは大きさが小さくて粒が揃っていることです。包皮小帯(俗称裏スジ)の両脇に少し大きめに出現するのは、真珠様陰茎小丘疹ではなく、包皮腺(タイソン腺)です。
このツブツブが「亀頭の摩擦係数を高めて、女の子を喜ばせてくれる!」と思えば、男性として自信がつくのではないでしょうか。

以前手術した男性は、お付き合いしている女性から「このツブツブが気持ち悪い」と露骨に指摘されたので、治して欲しいと来院されました。よく考えてみればおかしいですよね。好きな男性のペニスにツブツブが存在していても「かわいい」と言われることがあっても「気持ち悪い」と言われる理由はないのでは?逆に、男性が好きな女性の○○○を見て「この凸凹が気持ち悪い」などと言えますか?「かわいい」とは言えても「気持ち悪い」などと口が裂けても言えないでしょう。でも彼のガールフレンドはそのように言ったそうです。「手術はしますが、そのような人の身体の一部を非難するような女性は、今後将来にわたって貴方を翻ろうするでしょうから別れた方がよい」と忠告をしてしまいました。

PPP.jpg


【治療】
病気ではありませんから治療の必要はありません。
それでも美容的に気になったり、劣等感になっているのであれば、その「悩める心」を治すという意味で電気焼灼で治療します。ただし、病気ではないので保険が利きません。当院では自費診療になります。
私は病気を治すのが信条の泌尿器科医であって美容外科医ではありませんから、病気ではない真珠様陰茎小丘疹を治したくありません。それでも治療して欲しいという方には、5万円で治療をお受けします。
真珠様陰茎小丘疹が目立つ人は、必ず包茎です。ですから、包茎手術を行なえば、自然に真珠様陰茎小丘疹は目立たなくなります。

【電気焼灼手術の実例】
手術前の所見です。亀頭環状溝に真珠様陰茎小丘疹と包皮小帯(裏スジ)左右に包皮腺が確認できます。

ppppreop.jpgppppreop2.jpg

電気焼灼手術直後の所見です。患者さんからの熱い希望で根負けをして手術を行いました。小さな真珠様陰茎小丘疹を一つ一つ丁寧に焼き取っています。老眼で手術をしていますから細かい手術・手作業はつらい!

ppppstop.jpgppppstop2.jpg

手術後2週間経過した所見です。患者さんが気になっていたツブツブはきれいになり、患者さんは大満足です。私もヤレヤレのホッと一息です。

ppppstop2wk.jpgppppstop2wk2.jpg

【注】
この治療は保険外です。
当院では、手術費用5万円かかります。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

包皮腺(タイソン腺)

真珠様陰茎小丘疹と区別がつきにくいものに、包皮腺(タイソン腺)があります。解剖学的に包皮小帯(裏筋)の左右にあるツブツブです。
包皮の垢で恥垢と呼ばれる臭気ののある分泌物を放出する皮脂腺です。若い方のご相談で、尖圭コンジローマと誤解される部分です。

患者さんのご厚意により写真を掲載しています。興味本位の方は、ご遠慮下さい。【写真】では、包皮小帯、俗に云う「裏スジ」の左右に小さなツブツブがいくつも観察できます。病気ではありませんから、治療する必要がありません。
このツブツブは、十人十色で様々なパターンがあります。この写真とソックリでなくても、ここに出来た場合は包皮腺です。
悪徳クリニックでは、尖圭コンジローマの疑いで手術をすることがしばしばです。罠にはまらないように気をつけて下さい。

ただし、病気ではない包皮腺を劣等感に思い、精神的に落ち込んでいる方だけ治療します。
純粋に美容外科の領域で私のテリトリーの診療ではありませんから気が進みません。
それでもどうしてもという方だけ、当院では足元を見て手術料金5万円です。
(・・・金額の割には、手術はとても簡単で短時間です。傷もほとんど残りません・・・お金が勿体ないですよ・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亀頭包皮癒着症

加工処理した性器画像です。自己責任でご覧ください。Scar21839m39ps
子供の真性包茎から大人に成長するに従い、陰茎が成長し亀頭が露出し仮性包茎あるいは包茎ではなくなります。
しかし、亀頭が露出する時に、亀頭と包皮が癒着していることがあります。
時間が経過すれば癒着は次第に剥離してきますが、成人になっても癒着のままの方がおられます。
この39歳の男性も「亀頭包皮癒着症」で若い頃から悩んでいた方です。意を決して高橋クリニックに来院されました。

続きを読む "亀頭包皮癒着症"

| | コメント (10) | トラックバック (0)