« 治癒力 | トップページ | 脂肪注入の弊害 »

手術後の「しこり」

【警告】
このページには、病状説明のため性器の写真が掲載されています。ご気分が悪くなる可能性のある方は、ご覧にならないでください。

性器画象です。自己責任でご覧下さい。包茎手術の後に「しこり」ができる人がいます。
「しこり」の程度は大小差があり、また原因も多様で、リンパ浮腫の線維化・余分な皮下組織の塊・組織縫合糸の慢性炎症・原因不明など様々あげられます。
どんなに私が丁寧に慎重に手術を行っても、たまに起きることがあります。今回ご紹介する方は、過去に私が手術した患者さんです。裏筋側にしこりがあって痛みを感じるというのです。そこで修正手術になりました。もちろん過去に私が手掛けた患者さんですから、費用は無料です。

性器画象です。自己責任でご覧下さい。手術テクニックでシコリだけが浮き上がってくるように剥離・露出します。
この方法だと、不必要な部分を傷つけないで済みます。出血もほんのわずかです。

性器画象です。自己責任でご覧下さい。シコリの部分を可能な限り剥離・露出して除去します。
隠れていたシコリのかなりの量(体積)が確認できます。

性器画象です。自己責任でご覧下さい。シコリを除去した後には、余分な組織はなくなりました。
すっきりした印象です。
全体を通して、ほとんど出血はありません。本来なれば、再手術ですから、癒着剥離のために相当な出血があるのが普通です。(手術をする医師ならばお分かりでしょうが・・・)私のこの手技であれば、ご覧のように出血は極めてわずかです。

性器画象です。自己責任でご覧下さい。摘出したシコリです。
余分な皮膚ごと除去しました。

性器画象です。自己責任でご覧下さい。摘出した直後の縫合前の所見です。
術前と比較して下さい。「でっぱり」がなくなりました。患者さんにも触診していただき、気になるシコリがなくなったのを確認してもらいました。

私が手術して上手くいかなかった患者さんの症例を今回ご紹介しました。
手術は生(なま)ものです。どんなに注意し丁寧に手術しても、術後出血も傷がきたなくなることも今回のようなシコリもできます。
手術そのものは100%の完成されたものであっても、時間が経過したあとの結果は、決して100%の満足が得られる訳ではありません。しかし、そのフォローをいかに上手に行うかが、執刀医の腕にかかっているのです。
包茎手術専門クリニックや美容整形外科の医師に問いたい。結果を患者さんのせいにしたり、「こんなもんです」と言って再手術を避けてはいませんか?

患者さんのご厚意により手術中の写真を掲載しています。

|

« 治癒力 | トップページ | 脂肪注入の弊害 »

コメント

手術について無知なのですが、宜しくお願い致します。

1.こちらの患者さんの画像を拝見いたしますと、内板部分もピンと張っているように見えます。こちらは、麻酔の影響で陰茎が伸びて長くなっている事に起因しているのですか。
それとも手術を行えば、内板の弛み(私は仮性ですが、剥いた時に内板はしわしわになる弛みます)が無くなってしまうものなのですか。
【回答】
2つの理由に起因します。
1つ目は、局所麻酔により皮下組織が膨らんだこと。
2つ目は、シコリの部分を除去した時に、緩んでいる余分な皮膚も除去しています。
そのため、陰茎の横方向(周囲方向)の部分が適度に締まるので、張って見えます。
結果的には、適度な緩みになります。

投稿: | 2011/10/03 03:12

包茎手術後の状態について質問があります。

術後1.5か月ほど経過し、経過は順調なのですが、一点不具合?と申しますか困ったことが起きております。
それは、医師に環状切開して頂いたラインを境に根元側と亀頭側の皮膚が連動して動かないという点です。
具体的には、オナニーをする際に切開線の根元側の部分しかスライドさせることが出来ず、切開線より上側の内板部分が全く動きません。
皮膚の長さ自体は丁度よく切りすぎによるものではなく感じており、切開線がストッパーになり可動範囲が狭まってしまっている状態なのです。

1.この症状の原因は、手術の際に皮下組織(皮下組織に包皮を縫い付けた?)を丁寧に縫合したことによるものなのでしょうか。
【回答】
内板の残りが少ないのであれば、元々余裕のない動きの少ない密着した部分なので仕方がありません。
もしも内板が十分に存在しているのであれば、内部の縫合によるものです。


2.まだ術後3か月が経過している訳ではないのですが、時の経過とともに切開線の上下の皮膚がいあった位となり連動してスライドするようになるものなのでしょうか。
【回答】
上記のようであれば不可能です。
内板の残りに余裕があるのならば、内部の縫合を解除すれば改善します。

投稿: | 2011/10/16 19:50

初めまして。

いつもブログ拝見しています。ブログにもありましたが、長茎術はやっていませんか?
【回答】
実施しています。

筋膜の緊張をとって長くすると書いてありましたが、巷の長茎術はやはり問題があるのでしょうか?
【回答】
筋膜の緊張を緩めることは、生理的に近いことですが、巷の長茎手術は恥骨陰茎靭帯を切断して縫合し直すか、引張った状態でその靭帯を周囲の組織に固定するという結構乱暴な手術です。

投稿: 清水〇〇 | 2012/03/15 11:47

修正手術に関してご質問があります。

皮の長さが左右非対称(平常時右側はツンと張っていていますが左側が余っていて垂れ下がっています。)のため垂れ下がっている左側一部切開・切除で左右対称に+傷跡の滑らかさが気になっているので電気焼灼による削り手術ですと、費用のほうはおいくらになりますでしょうか。(もちろんこの内容で施術すべきかは先生の診察時のご判断によりますが)
【回答】
12万円です。

投稿: | 2014/06/21 23:03

質問があります。
しこりの除去と切りすぎによる電気焼灼の
同時手術は可能でしょうか。
【回答】
可能です。」

また、しこりのレントゲンなどの検査は
行うのでしょうか。
【回答】
必要ありません。」

一度、診察をお願いしたいので近いうちに
お伺いしたいと思います。

投稿: | 2014/11/12 19:22

質問です。
仕事の関係で、休みが日曜日で不定期なんですが、休みかどうかは土曜日の夕方に決まります。予約を取る良い方法はないでしょうか?
長茎、増大手術です。
【回答】
手術は全て予約制です。
通常、1ヵ月以上予約が埋まっています。
したがって、貴方のご希望にお応えできません。

投稿: | 2015/04/12 20:43

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37412/52792258

この記事へのトラックバック一覧です: 手術後の「しこり」:

« 治癒力 | トップページ | 脂肪注入の弊害 »