« ペニス増大法についての問い合わせ | トップページ | 増大手術について »

長茎手術について

Penissec2psペニスの長茎手術(ペニスを長くする手術)についての質問が時々ありますので、ここで術式について説明しましょう。
イラストは、男性の外性器を横から見た状態です。
陰茎は恥骨と線維性の硬い靭帯で固定されています。
そのため、ペニスの長さは、この靭帯によって制限されています。単純に、この靭帯を切開すれば(赤い矢印)、陰茎は制限が取れて自由になりますから、原理的にはペニスが長くなります。
ところが、この靭帯は、勃起したペニスをシッカリと固定する役目を担っていますから、完全に切られると勃起したペニスがダランと支えがない状態になります。
白人は勃起しても、もともとダランとした状態ですから手術しても、この現象は問題になりませんが、日本人の場合、この手術後、勃起してもダランとしたペニスを後遺症と捉えてしまいます。
そこで、靭帯の切開はほどほどにしなければなりません。また、イラストで示されているように、陰茎の動脈と静脈がすぐ近くを走行していますから、この血管を切ってしまったら大変です。

また、陰茎を縮めている原因として、陰茎の根元近くを取り巻いている筋膜もその要因です。この筋膜は若ければ収縮していて、年をとるに従いゆるんで来ます。ですから高齢者は、この筋膜がゆるんでいるのでペニスが長く見えるのです。ペニスが短いのは、ある意味若いということでもあります。
この筋膜とその連続したバック筋膜を部分的にシャギーカットのように切開すれば、筋膜の収縮は解除されて、陰茎は伸びてきます。
また、陰茎と陰嚢の接合部は組織構造が複雑で密接しています。その部分を丁寧に剥離すれば、陰茎は伸びてきます。

この手術は手をつけなければならない箇所がたくさんあり、その上、重要な血管があるので、手術中に損傷してしまうリスクもあります。決して安易に行う手術ではありません。
他の病院で行われている長茎手術には、陰茎根元の脂肪組織を除去して凹ますだけのひどいものもあります。見かけは長くなったように錯覚しますが、外観上、とても不自然で、自己満足の世界に思えてなりません。

|

« ペニス増大法についての問い合わせ | トップページ | 増大手術について »

コメント

はじめまして。
他の病院では行っていない、高橋先生の術式に、非常な驚きと感激を覚えました。
質問ですが、高橋先生の術式で長茎手術を行った場合、非勃起時の長さだけでなく、勃起時の長さも長くなるのでしょうか。
【回答】
はい。

また、靭帯を完全に切った場合は、勃起したペニスがダランと支えがない状態になるとのことですが、ダランとなることを問題視しなければ、靭帯の切開はほどほどにするのと比べて、伸長効果が高いのでしょうか。
【回答】
はい。

また、増大術やシリコンボール移植手術と同時に行うことは可能なのでしょうか。
【回答】
可能です。

お忙しいところ恐れ入りますが、御回答をお願い致します。

投稿: km | 2010/12/23 20:17

回答いただき有難うございます。
もう一つ質問です。
シリコンリング挿入手術は行っていますか?
【回答】
はい。

たとえば、下記のサイトのような:
http://www.tokyo-s-clinic.jp/ring/index.html

投稿: km | 2010/12/25 00:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37412/49059542

この記事へのトラックバック一覧です: 長茎手術について:

« ペニス増大法についての問い合わせ | トップページ | 増大手術について »