« 包茎手術の後遺症 「ペリカン変形」 | トップページ | 亀頭包皮癒着症#2 »

包茎手術・亀頭直下手法の功罪

大手包茎手術専門クリニックがこぞって行なっている包茎手術といえば、傷跡が見えない理想的な素晴らしい手術とされる高額な亀頭直下法です。この写真は患者さんの善意によって提供されたものです。 悩まれている方のみ閲覧を許可します。 それ以外の興味本位の方はお断りします。Scar30314m23確かに、亀頭環状溝(カリの下のミゾ)に隠れて、一見傷跡は見えないように頭では思えます。
しかし、右の写真のように不自然な傷跡が明瞭に確認できます。傷跡に直角に橋がかかってしまい、まるで線路の枕木のように見えてしまいます。しかも直下でシッカリと縫合している結果、カリと陰茎の間がなだらかな坂になったために、段差が減少し、遠目で観察すると亀頭のカリがなくなったように見えるのです。

この写真は患者さんの善意によって提供されたものです。 悩まれている方のみ閲覧を許可します。 それ以外の興味本位の方はお断りします。Scar30314m232そこで治療として電気焼灼手術を行ないます。
縫合線にそって傷跡を蒸発させます。皮下組織の癒着部まで深く蒸発させると、枕木の部分がご覧の写真のように消失します。
癒着がとれ緊張がゆるむと、亀頭のカリの部分がせり出します。電気焼灼部分は手術後ご覧のように深いミゾになりますが、1ヶ月もすると皮膚・皮下組織がちょうど良い塩梅に再生されますから、本来の亀頭のカリによみがえります。

確かに亀頭直下手術は、細かくて技術的には難しい手術です。しかし難しい高等技術が必ずしも良い結果をもたらすものではありません。難しい手術を行なえば行なうほど、患部に負担がかかり余裕がなくなるのです。余裕がなくなるために、皮下組織のチョッとした癒着が、今回の患者さんのような後遺症を作るのです。
私としては余裕があり、技術的に「易しい+優しい」手術がベストだと思います。泌尿器科医なら誰でも行なえる環状切除手術がお薦めです。もちろん環状切除手術にも術後ツートンカラーという欠点はありますが、時間が解決してくれます。手術法それぞれの長所・短所を見極めた上の消費者の賢い選択が鍵です。高価であれば最良という考えは、包茎手術には当てはまらないでしょう。

|

« 包茎手術の後遺症 「ペリカン変形」 | トップページ | 亀頭包皮癒着症#2 »

コメント

亀頭直下手術で、なくなった内板の神経終末は、切断付近の外版で再生されないのでしょうか。
【回答】
再生されません。


この、神経がないおかげで、最初に女の人の中に入っているか、さっぱりわからなくなりました。
【回答】
この部分の感覚は、表面の皮膚にあるのではなく、深部の海綿体表面の白膜に存在します。
手術では白膜まで処置しませんから、深部知覚はそのままです。


感度が落ちてがっかりで、何とかならないかとおもってます。
【回答】
皮下組織を縫合しているので、その緊張が白膜の感覚に影響しているかも知れません。
もしかしたら、その緊張を解除したら感覚は再現するかも知れません。
・・・あくまでも、もしかしたら・・・です。

大手美容外科で、別権の相談をしにいって、包茎手術をやったほうがいいと、いわれどういしてしまいました。はっきりいって詐欺のようです。

詳しい説明もなくメリットだけの説明で、大変後悔しています。

投稿: | 2011/10/12 13:48

亀頭直下手術の被害者 (前回の者です)

神経終末が内板にたくさん存在すること、感度が術後に悪くなった人が多くいる事実を、美容整形では、事前に言いません。
そして セールスマン(安心白衣のカウンセラー)と呼ばれる人に、パンツを下ろした状態で、皮を引っ張られ、仮性包茎を直したほうがよいといって、不安をあおりました。
一般の人と、医療関係の人では、知識の差があり、自由意志で治療を希望していても、すべての情報(いい点、悪い点)を元に判断していませんし、医療関係の側が悪い点も知らせなければ一般の人は、誤った決断をしてしまいます。
もちろん感度の低下のことを知っていれば、包茎手術など、するわけもありません。
特に、GOOGLE,YAHOOなどで、包茎を検索すると、営利目的の美容整形クリニックのウエブページが、検索上位に出てきて、悪い点を書いているページには、簡単にたどり着きません。検索上位3位ぐらいにはいってないと正しい情報、被害者のページなどがあまり役に立ちません。
内板をすべて摘出してしまうような、医療行為を行う際に、悪い点を教えないで泣き寝入りさせているのは、合法なのでしょうか。
本来、陰茎は生殖のためのものなので(女性にはないので排便のためではない)、その機能を著しく損なう医療行為を正しい説明なしで、自分が決めたから仕方ないといわれるのには、納得がいきません。

今考えると、美容整形は、いろいろなセールス、テクニックを使い、特に(インターネット、雑誌、日本美容整形学会)などによる、大掛かりな情報のコントロールを、何十年もやっているみたいです。
無料相談にいかないほうがいいでしょう。美容整形が営利団体で一般の泌尿器科と違う体質だと、後できずきました。

深部の海綿体表面の白膜に神経があるのであれば、外板の厚みが薄くなれば、またある程度、自分と接触物の温度差を感じることができるのでしょうか。
【回答】
残念ながら分かりません。


バックカット、環状切除手術による感覚低下をあまり聞かないのでどうしてかと思っています。
【回答】
ある意味、亀頭側から皮膚神経が走行していると考えるからです。

どのように皮に神経が通ってるのかによって(表皮は皮だけ、海綿体表面の白膜と別に木の根のように)なのか(深部から外むきに表皮のほうに)かわってくるきがします。

バックカット、環状切除手術 両方 内板をのこしますが、皮膚表面の神経が、根元または内板手前でかっとしてしまい、内板にいく神経が切断されると思うのですが、もし切ったところの神経が、つながらなくても、内板粘膜の感覚が元のように回復しているのであれば、深部の海綿体表面の白膜の神経に微妙な温度差を感じる神経がある可能性もあるんですか。
【回答】
陰茎根元で処置したために、皮膚感覚の神経を損傷したのであれば、亀頭の皮膚の感覚もなくなる筈です。
しかし、どのような手術を実施したとしても、亀頭の感覚はなくなりません。
なぜなら、深部の白膜に沿って皮膚神経が走行していて、直前に皮膚に顔を出すからです。

投稿: | 2011/11/01 05:48

専門的な回答有難うございました。

これはあくまで想像ですが、
大人になって、皮の癒着がとれ、皮を剥いた状態での神経の走り方ではなく、生まれたときの状態での神経の走りかたをイメージしています。

赤ちゃんのときは、みんな皮をかぶって生まれてくるので、内板部分が亀頭側、外板部分が表面の皮膚側から、陰茎の皮の先に神経を走らせているようなイメージがわきました。チュウリップの花ビラの中の栄養の管のような感じなんですか。

そして、お漏らしなどをしてしまったときに、そのことを、敏感な両方(亀頭側、と外の皮膚側)から走ってきた、神経終末のあるだろうと想像する先っぽの皮膚で感じとって温度、湿気などを感知しているのかもしれません。同時に大人になったときに(性感帯)

残念ながら、もう内板と外板のぶつかるあたりの包皮を失ってしまっているので、あきらめるしかありません。これ以上、自分の状態を考えても、何もできないし、亀頭直下式で20年ぐらい美容形成には、だれも大問題にしていないので、自分もなんとかなるだろうとおもいます。(問題にしたくても、方法が難しいのかもしれませんし、かっこ悪く、認めたくないため、認めるのに時間がかかる、専門知識の不足)

感覚神経を失ったことを、裁判で証明するのは非常に難しいらしく、精神病だといわれるそうです。しかし、(2CHで見つけた、リンクで論文があり、電子顕微鏡などで神経終末をしらべているものが、ずいぶん昔から、あるようです)
「亀頭直下、、、リハビリ、、、」2CH  
GOOGLE 検索 最上位

法律、裁判などでは、たくさんの人が問題にしないと改善されない面があるので、正しい情報、科学的な根拠に基ずく知識が一般人に簡単にアクセスできれば、僕以上に頭にきた人がアクションを起こす機会もあるとおもいます。民事裁判は3年で時効だそうで自分は精神的問題だとおもわされて時効になってしまいました。

2CHの スレッドをもっと早く見つけていれば、(無批判に)学術論文を見て科学的根拠(感覚器分布図)などで、亀頭直下の術式は機能面でおかしいときずけたのですが。

安心安全(インフォームど、コンセント)をうたっているだけで
お金儲けのための 術式を行っているような業者が、受け入れられなくなる日もくるだろうとおもいます

仮性包茎の手術をお考えの人は、よく術式を理解して、自分にあった、正しい選択をなされることを願います。

仮性包茎は高橋先生が言っているように、手術をする、必要はないとおもいます。皮がだぶだぶのほうが表面積がひろく、人間の舌、唇などの感覚器のように敏感であるところのようです。仮性包茎の人のだぶだぶの皮がいまでは、非常にうらやましいです。

術後のチェックのとき陰茎のした面にだぶだぶなとろろを看護婦さんにクレームをつけたところ、これはちじむから安心してくださいとのこと。知識が増えて、気ずいたのですが裏面のだぶだぶの部分は感覚器だとおもいます。もしそれも切り取られていたら、とんでもない棒だけの陰茎になるところでした。

そして、彼らは、内板と内板外板のインタフェース付近を切り取ることがどうゆうことなのか わかっているとおもいます。しかし、無知な一般人に本来必要ない手術をだまし売りするのに都合のよい方法なのかもしれません。

生死にかかわる問題ではないので、この辺で、この問題を高橋先生のサイトでコメントするのは終わりにします。有難うございました。

投稿: | 2011/11/04 19:40

"Fine-Touch Pressure Thresholds in The Adult Penis" という論文をみました。
http://www.nocirc.org/touch-test/bju_6685.pdf

Table 2 に 敏感な部分の実験結果が載っていて、6PREPUTIAL MUCOSA(内板)が0.4くらいで、内板全面積*0.4 ぐらい内板除去で失ってしまったと今考えています。相当なくなってることが、他のぶぶんとの比較で、分りました。

この文献でば、あまり敏感出ない部分 が0.2ぐらいで、とても敏感な部分(亀頭中心)が、1.1ぐらいみたいので、これに特定の場所の表面積をかけると大体どのぐらい感覚が失ったのかが比較できます。

自分が大切にしてるのは、温度に対しての感覚なのですが、意外とFINETOCHIの分布と似ていると思いました。

以前、内板回復は、不可能といっていたのであきらめていたのですが、包茎手術の後で血管損傷で、かえるの、喉みたいになった人の血を注射器で抜いていうのを見て、こんなに膨れても壊れてしまわないのかとおもいました。この人の内板は、1.5CMから2CMぐらい残っているのが風船みたいに膨れ上がって伸びていたので、ぼくも無理しない程度に伸ばしたいとおもっています。

暖かい濡れタオルで、5MM残ってる内板(SULCUS+MUCOSA)と外板をあたってみると、内板ですぐに温度を感じました。上面の外板ば鈍感でした。
スプーンの柄の部分で同じことをしてみても冷たさが内板付近ですぐに感じられました。

(質問) 何とか5MM残っている内板を1mm/年、位のスピードで伸ばせないですか。
ゴールとしては、あと5mmぐらい伸びれば、いいとおもっています。
【回答】
現在のところ私には思いつくアイデアはありません。


何かいい、クリームのようなもので細胞の活動を活発にできればいいとおもっています。
神経も年1mmぐらい速さなら発達できるようなきがします。

風呂上りなどに体操して、内板を伸ばしていきたいんです。

また神経の回復の食べ物、ビタミン剤なども知っていたら教えてください。

アフリカの首長族のように年一度首にわっかをつけていると、首のような 脊髄の神経がある部分でも延びるので、内板ぐらいは簡単にのびるはずです。

投稿: | 2011/11/11 20:27

内板の除去による性的感覚の一部を失った、又は外板が分厚すぎで、さおに適度な圧力が与えられなくなったことによる性感の低下について、名古屋のある「包茎手術被害弁護団」の人と相談しました。 裁判などで、 一部の性感を失ったことを訴えるとなると、専門の医者に診察して、診断書をもらはなくてはいけないらしいです。

高橋先生は、内板の除去による性的感度(満足度)の低下についてどのように考えているのですか。

医者によっては、ただの皮でとっても問題ない主張の人もいます。
科学的な論文もぞんざいするみたいで、自分の経験からも、とてもただの皮とは思えません。
【回答】
包茎手術そのものが早漏防止目的に実施される治療ですから、包茎手術で鈍感になったとしても不思議ではありません。
また、内板の皮膚そのものに性感帯はないと私は信じていますから、それ以上の意見はありません。

投稿: 亀頭直下手術の被害者(前回の者です) | 2011/12/19 15:33

高橋先生初めまして、私はあるクリニックで内板無し裏筋無しを受けた者です。高橋先生の医院には藁をもすがる思いの沢山の患者が助けを求めて来院している事と思います。私は修正手術を行って下さりながら又忙しい中返事を真摯に返して下さる数少ない先生の様な医師に感謝しています。質問なのですが、先生の医院に修正手術を受けに来る患者の中で修正不可能な患者がいた事はありますか?
【回答】
亀頭「壊死」の患者さんです。」

恐らく私がそうだと思うのですが、勿論見てみない事には、となるかと思いますが陰茎に皮余り無し伸ばす為にダガーを着けましたが限界なのか伸びません。陰毛が竿上部に来てます。勃起すると痛いです。内板や裏筋には性感帯がないと言われるのも理解しようとしましたが、私はある一つの考えに至りました。先生の医院に来る患者の気持ちを汲んだ時に裏筋や内板には性感帯がないと言ってあげないと同じ男として患者が生きた心地がしないからではないのですか?修正手術をしてくれる医師はそうゆうメンタル的な治療も考えてくれているのだと私は思うのですが、どうでしょうか?
【回答】
もしそうだとしたら、私は医師の仮面をかぶった詐欺師です。
性感帯は内板ではなく、深部の白膜にあります。」

本来執刀した医師が最後まで面倒をみるべきだと私も思います。先生には関係のない質問をしてしまいましたが、私も藁をもすがる思いの一人の患者です。先生の修正手術は見た目の改善を主にされておられるのですか?私は感度が低下してしまい感度をあげたいのですが難しいでしょうか?
【回答】
物理的に治すことが先決です。」

勿論皮余りをある程度植皮をし作ってから伺いたいのですが、難しいでしょうか?
【回答】
私は植皮は行いません。
皮膚の再生です。」

先生私は生きた心地がしないのです。助けてほしいです。

投稿: 亀頭直下手術経験者 | 2015/09/02 07:08

高橋先生早速のお返事ありがとうございます。何度も申し訳なく思っています。
私が手術を行った時の経緯を簡潔に書かせて下さい。私は仮性包茎でした。カウンセリングに伺い医師らしき人が触診を行いました。私は内板裏筋をある程度残しておきたかったので傷痕が残っても良いので竿の真ん中で縫い合わせる環状切開でお願いします。もし可能でしたら根元の方へ縫えますか?とお願いしました。わかりました。ではなるべく残しながら根元の方へ縫います。大丈夫です。と言われました。安心してましたが結果的に私の意向は執刀した医師には伝わっておらず亀頭直下内板0ミリ裏筋無し縫合になってました。私が手術後包帯でぐるぐる巻きにされたぺニスを見ても、あれだけしつこく言ったからと安心したのも油断したんだと思っています。ちなみに大手クリニックです。執刀したのは院長です。酒臭く二日酔いでした。私が医師だと思っていたのはカウンセラーでした。そしてそのクリニックに何度もしつこくでも本音を聞き出したかったので仲良くなり話を聞くと同じ看板背負ってるが他の店舗は関係ない。同じ名前なら安心して来るでしょ?集客の為です。私達は亀頭直下なんて怖くて出来ないといい放ちました。その様な経緯があり、非常に落ち込んでいます。

先生の修正手術を是非受けさせていただきたいと強く思っています。その前に物理的に皮が足りなさすぎてどうすれば良いのかわからない状態です。
【回答】
物理的に足りない分は、電気焼灼手術で傷口を十分に引き離し、そこに新たな皮膚が再生するのを待ちます。」

メンタルの回復はぺニスの回復と繋がっていると思いますので、ここから質問をお願いします。射精時に変な出方をするのです。何と言うか排尿後に意識とは別に出てくる様な感覚なのです。術後1年こうなので困っています。
【回答】
感覚異常は現代医学では治せません。
代替医療のプラズマ療法で治った患者さんは何人か存在します。
ただし、週に1回治療しなければなりません。」

内板には性感帯がないとの事でしたので、裏筋には性感帯がありますでしょうか?
【回答】
ありません。」

また裏筋再建手術は感度はないですよね?
【回答】
はい。」

電気照射療法は有効でしょうか?最後になりましたが、高橋先生前回の質問にてひどい質問をしてしまい申し訳ありません。

投稿: 亀頭直下手術経験者 | 2015/09/03 07:24

高橋先生。内板にも裏筋にも性感帯がないといっていただきありがとうございます。心が救われました。竿の内部の白膜が性感帯だと言っていただいた事で私はぺニスがこうなってしまった以上事実を受け止め生きていきます。ただ仮性包茎の時の内板裏筋が気持ち良かったのも事実なので頭が混乱しています。
前回に書いてある通り大手クリニックでの出来事があり、私は仕事柄、録音録画をしていましたので、クリニックでのやり取り全てを記録してました。私には妻がいましたがセックスレスにより反対はされましたが離婚する事になりました。
弁護士に相談の上にはなりますが、私のblogに公開するつもりです。亀頭直下手術の恐ろしさを裁判前にネット中継します。裁判になれば私は会社にはいられなくなるので会社も辞め私はその時1人ですので戦うつもりです。今何軒か泌尿器科に伺い診断書を書いてもらっています。内容は皮を切られ過ぎた為のEDとなっています。先生全てが終わってからになりますが治療の程宜しくお願いします。

投稿: 亀頭直下手術経験者 | 2015/09/04 01:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37412/42715725

この記事へのトラックバック一覧です: 包茎手術・亀頭直下手法の功罪:

« 包茎手術の後遺症 「ペリカン変形」 | トップページ | 亀頭包皮癒着症#2 »