« 亀頭包皮癒着症#2 | トップページ | 修正手術#12 »

修正手術#13

大手美容外科勤務の医師が、昔の包茎手術の瘢痕が気になり、修正希望で来院され、修正手術を行ないました。
ご自分のクリニックでの修正手術をお薦めしましたが、医師の決心が固く、仕方なく私が折れました。同業者に私の手術テクニックを披露することになるのですが、詳細にお見せしました。「良い事は広める」のが私の方針です。
この写真は患者さんの善意によって提供されたものです。 悩まれている方のみ閲覧を許可します。 それ以外の興味本位の方はお断りします。縫合部の引きつれの部分の針穴から、時折、膿が噴出するそうです。「縫合糸膿瘍」と思われていたそうです。しかし、これはアテローム(粉瘤)です。修正手術を多く手掛けるようになってから、過去の縫合糸の刺激でアテロームが自然発生することを知りました。自然発生する理由もあるのですが、ここでは割愛します(医師には説明しました)。
この写真は患者さんの善意によって提供されたものです。 悩まれている方のみ閲覧を許可します。 それ以外の興味本位の方はお断りします。電気焼灼で縫合に沿って焼灼を進めて行きます。
縫い目の跡が白く目立ちます。これをその跡の通り焼灼を行なうと、かなりの幅になってしまいます。縫い目の白い跡は、皮下組織の引きつれ(索状物)ですから、この索状物を離断すれば、緊張が取れ白さがぼやけるので目立たなくなります。

|

« 亀頭包皮癒着症#2 | トップページ | 修正手術#12 »

コメント

 お忙しい中失礼します。数年前に包茎手術をしたのですが、皮の切りすぎにより勃起時に余分な皮がない状態になってしまいました。自慰をする時は皮がないので、いつも無理やり腹の皮まで引っ張っておこなっている始末です。また自慰後には睾丸、腹、胸の辺りに、もやもやした痛みを感じます。素人判断ですが、周辺の神経が過敏になっているような感覚です。
 勃起時の包皮に余裕を持たせる方法はないでしょうか。教えて頂けたら幸いです。

【高橋クリニックからの回答】
修正手術#7(http://hinyoukika.cocolog-nifty.com/phimosis/2007/06/7_3ad9.html)の患者さんが貴方と同じように包皮が足りなくなり、勃起すると痛いといっていた方です。
手術は可能ですが、1ヶ月ごとに何回かに分けて行なわないと十分に包皮を伸ばすことができません。気の長い手術になります。
治療費用は、手術を何回行っても1回分(12万円)だけで結構です。

投稿: | 2008/05/31 18:18

 ご親切に回答して頂きましてありがとうございます。 一つ質問がございます。例#7から判断すると、縫合部を電気焼却蒸発させることで、包皮が伸びるということでしょうか。

【高橋クリニックからの回答】
はい。

投稿: | 2008/06/05 18:35

一つ目の写真を拝見させていただいたところ、包皮の反転部より下で縫い合わせているようで、亀頭直下から三段階のカラーが確認できるのですが、先生が行われる術式でもそうなのでしょうか(環状切除方式の術例画像をほとんど見たことがなく、「普通」がわかりません)。反転部で縫い合わせるものかと勝手に想像しておりました・・・。

非常に細かい質問で申し訳ございません。

【高橋クリニックからの回答】
一つ目の写真とは、どの写真のことでしょうか?

投稿: | 2008/07/14 01:10

この記事中の、上の画像です。

【高橋クリニックからの回答】
手術画像は、下記のブログを参考にして下さい。
http://hinyoukika.cocolog-nifty.com/phimosis/2004/06/post_3.html

投稿: | 2008/07/16 01:41

お忙しい中失礼します。

数か月前、某クリニックで環状切開術で包茎手術を行ったのですが、縫合部全体に硬さが残っています。術後2トーンカラーではなく、3トーンになってしまってからなかなか変化が見られません。
ピンク色の亀頭部、黒色になった3mm幅程度の縫合部、元の肌色の陰茎部 という状態です。

さらに、縫合部にはぷつぷつしたフォアダイス(ではないと思いますが)のようなものがところどころ出てきてしまっています。そこを触ると、コリコリしていて硬くて、若干痛いです。
自慰行為は亀頭だけに触れる程度で何とかなりますが、性行為は縫合部が擦れて腫れたり、切れたりと何か起こってしまうのではないか?と怖くてできません。

また、包皮小帯側の縫合部は深く凹んでしまって、小さなペリカン口みたいになっています。縫合していた時はギュッと縛った状態で縫合してありました。自然に溶ける糸です。高橋先生のHP に見られるようなユルユルの連続縫合ではなかったです。

なので、その縫合部の凹凸、ぶつぶつ、黒ずみが見た目的に気になります。

高橋先生の手術例のようなきれいな傷痕ではないですので、せめて環状切開術の2トーンであり、縫合部に黒ずみや、段差のない皮膚の繋がりが欲しいです。
こういったケースに陥るケースはまれでしょうか?多いのでしょうか?
【高橋クリニックからの回答】
多くはありませんが、稀ではありません。

また、縫合部を電気焼灼する修正施術は効果的でしょうか?
【高橋クリニックからの回答】
効果的だと思うからこそ、様々な修正手術を行なっているのです。

投稿: | 2008/07/30 15:35

先生が行われている縫合部への電気焼灼手術というのは、デメリットは一切ないのでしょうか?

【高橋クリニックからの回答】
どんな治療にもデメリットは存在します。
治療した傷が治るまで、1ヵ月~2ヵ月かかる場合がある。
再度、傷になることもある。
何回かに分けて治療する必要がある。・・・などです。

投稿: たかし | 2008/09/05 22:51

電気焼灼で修正治療したのですが二ヶ月近くなるのですが傷口は大分良くなりましたが腫れがまだ引きません異常でしょうか?

【高橋クリニックからの回答】
長い方で3ヶ月はかかります。
ご心配ならお越し下さい。

投稿: お願いします | 2008/09/19 16:38

電気で焼いてツートンを目立たなくするようですが、その治療の痕はどのくらいの時間で皮膚が再生され目立たなくならるのでしょうか?しばらく焼いた場所はピンクや赤みで目立つ野でしょうか?

【高橋クリニックからの回答】
長い方で2ヵ月以上です。
内板の白さと外板の黒さの間にピンク色が混じりますから、自然なグラディエーションが形成され、目立たなくなります。

投稿: 質問 | 2008/09/27 16:09

以前治療してもらった者です。1ヶ月弱で完治しまして今では大変満足しておりますありがとうございました。

【高橋クリニックからの回答】
経過良好で何よりです。

投稿: 高橋先生へ | 2008/10/17 03:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37412/41283422

この記事へのトラックバック一覧です: 修正手術#13:

« 亀頭包皮癒着症#2 | トップページ | 修正手術#12 »