« 修正手術#8 | トップページ | お酒の失敗 »

修正手術#9

2年前に渋谷にある○○○○メンズクリニックで言われるままに包茎手術を行いました。手術費用は35万円だったそうです。
その後傷跡が目立つことと、ペリカン状変形を悩み当院を受診しました。

性器画像です。自己責任でご覧下さい。Scar20586m242性器画像です。自己責任でご覧下さい。Scar20586m24
陰茎背面部は傷跡が赤く生々しい印象です。背面部は亀頭直下法に酷似していて、再縫合するにしては縫い代が足りません。
包皮小帯側は、両サイドが腫脹しています。傷跡は背面と比較して乾いた瘢痕という印象です。
縫い目と縫い目の間が盛り上がり、色素沈着が強く出て傷跡が一層強調されています。

性器画像です。自己責任でご覧下さい。Scar20586m244性器画像です。自己責任でご覧下さい。Scar20586m243
背面部の縫い代がないので、電気焼灼蒸散手術で皮膚の再生を促す方法で手術することになりました。
包皮小帯両サイドのふくらみは、やはり電気焼灼蒸散手術で容積を減少させ、皮膚の再生を期待することになりました。
性器画像です。自己責任でご覧下さい。Scar20586m246性器画像です。自己責任でご覧下さい。Scar20586m245
手術後3週間の状態です。未だ全体的にむくんでいます。手術で創ったクレーターも範囲は小さくはなりましたが、閉じてはいません。
包皮小帯下の縫合部の傷はきれいになっています。

|

« 修正手術#8 | トップページ | お酒の失敗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37412/15541795

この記事へのトラックバック一覧です: 修正手術#9:

« 修正手術#8 | トップページ | お酒の失敗 »