« コラーゲン注射の後遺症 | トップページ | 修正手術#5 »

修正手術#4

最近、他の包茎手術専門クリニックや美容外科クリニックで行なった包茎手術後の修正手術が多くなってきました。引きつれ修正からペリカン変形修正まで、いろいろです。私は形成外科医でも美容外科医でもない、包茎手術専門の泌尿器科医でもありませんから、おかしなものです。手術結果の美しさを競う形成外科医や美容外科医の行なった後始末をするのが、病気治療や実用性に重きを置く泌尿器科医だというのです。包茎手術後遺症の患者さんに遭遇するたびに、見た目の美しさを追求する美容外科系の包茎手術は、間違っていると思うようになりました。

今回は、包茎手術後のペリカン状変形手術の工程を供覧しましょう。もちろん、患者さんには快諾を得ています。
【手術前所見】
性器画像です。自己責任でご覧下さい。Scar20118m29_1 性器画像です。自己責任でご覧下さい。Scar20118m292_1
患者さんは、都内六本木の美容外科で3年前手術を行ないましたが、包皮小帯(裏スジ)側が腫れ不快なので修正手術を希望しました。一見するとペリカンよりもポパイのあごのような形をしています。手術を行なった以前のクリニックは、当時はマスコミにも大々的に出ていた有名な美容外科医が院長でしたが、すでにクリニックはなくなっていたとのことです。(クレームが多くて逃げたのか?)
腕に自信がある当時有名な美容外科医が手術を行ない、高額なナイロン糸で縫合しても、縫い目はハッキリと目立ちます。ナイロン糸が吸収糸よりも優位だというのは嘘です。
包茎手術とオプション手術で、110万円の費用がかかったそうです。費用と仕上がりは無関係です。高額の手術がよいと思うのは妄想でしょう。

【切開線のデザイン】
性器画像です。自己責任でご覧下さい。Scar20118m293 性器画像です。自己責任でご覧下さい。Scar20118m294
マーカーペンで切除する部分をあらかじめ描きます。患者さんご本人が気にならない場所は手をつけません。

【瘢痕部の除去後】
性器画像です。自己責任でご覧下さい。Scar20118m295 性器画像です。自己責任でご覧下さい。Scar20118m296
皮下のシコリ部分を可能な限り切除します。一度手術でできたシコリは癒着が強く、とても出血しやすいので、電気メスで十分に止血します。粘膜の黒い部分はその電気メスの焦げです。
切除する部分の下には、尿道が走行していますから、傷つけないように十分気をつけます。

【縫合直後】
性器画像です。自己責任でご覧下さい。Scar20118m297 性器画像です。自己責任でご覧下さい。Scar20118m298
吸収糸の連続縫合で、傷を閉鎖します。かなり切除した割には、傷を閉じてみると思ったよりもふくらみが小さくなっていないように見えるでしょう?手術直後ですから、全体的に膨らんでいるのです。
ポパイからクシャおじさんになった感じです。
縫合部の縫い目も痛々しく目立っているでしょう?こんなんで大丈夫かな?と思われるでしょう。

【摘出標本】
性器画像です。自己責任でご覧下さい。Scar20118m2910 性器画像です。自己責任でご覧下さい。Scar20118m299
切除した部分は、皮下に硬い線維性のシコリになっていました。たくさん切除したと思っても、縮こまってわずかなものになります。

【手術3週間後】
性器画像です。自己責任でご覧下さい。Scar20118m2912_1 性器画像です。自己責任でご覧下さい。Scar20118m2911_1
手術後3週間経過した状態です。以前から比較すれば、ペリカン状変形は許容範囲の程度に納まってきました。包皮小帯の中心部分が、残念ながら5mmほど開いています。(側面横の写真でスリット状に確認できます。)開いた部分(哆開部)は上皮化していてそのままでもOKですが、この部分に凹みができてしまうでしょう。もしも気になるようであれば、この部分だけを縫合し直します。
連続縫合糸の食い込みは跡は、目立たなくなってきました。吸収糸はまだ残っています。あと1ヶ月もすれば、傷はさらにきれいになるでしょう。ナイロン糸と吸収糸の優劣を云々するのは無意味だという証拠です。写真で観察すると傷跡はまだ目立ちますが、肉眼で見る分にはほとんど気になりません。
この手術後の写真を見て、「この程度か」とほざいている医師がおられるのには開いた口がふさがりません。ご自分のお仲間が加害者にもかかわらずに・・・です。
手術後の腫れや痛みは、過去の手術に比べて格段に軽かったそうです。執刀医としてはとても嬉しい感想です。

|

« コラーゲン注射の後遺症 | トップページ | 修正手術#5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37412/13080132

この記事へのトラックバック一覧です: 修正手術#4:

« コラーゲン注射の後遺症 | トップページ | 修正手術#5 »