« 包茎手術を利用した悪徳商法 | トップページ | 包茎に関する誤解 »

包茎手術の方式

【概念】
インターネットのホームページにはいろいろな包茎手術が登場します。
●環状切除術
●縦切開横一文字縫合手術
●亀頭直下縫合手術
●バックカット手術(陰茎根部縫合手術)
●無血手術(器械手術)
手術名称はいろいろですが、手術の本質からすると、全て環状切除術に集約されます。

●環状切除術
包茎包皮の狭い部分を中心に、その上下を含めてリング状(環状)に切除するので、この名称があります。全ての包茎手術の基本手術式です。
包皮皮膚をハサミ・フェザーメス・電気メス・レーザーメスなどを利用して切開します。フェザーメスが一番きれいに仕上がると私は思っています。
欠点としては、ツートンカラーになることです。包皮外板の暗めの色と包皮内板の明るめの色を縫合する訳ですから、ツートンカラーになって当たり前です。
それをしつこくツートンカラーにならない方法はありませんかという質問を多く受けます。ツートンカラーにならないためには、次に説明する亀頭直下縫合手術かバックカット手術の方式を声高に力説する包茎手術専門クリニックがあります。
私は、包茎でいるよりも、たとえツートンカラーになっても包茎でない方が有益だと考えますがいかがでしょう?
包皮小帯(裏スジ)は残しても切除しても、性感帯には何の影響ももありません。しかし、包皮小帯(裏スジ)を残す方が自然に見えますから残します。

【手術模式図】
包皮の外板と内板にサインペンで切開線をデザインします。次にフェザーメスで包皮を丁寧に切開し切除します。皮下組織を吸収糸で補強し、さらに皮膚切開断端を吸収糸でピッタリ合うように縫合して手術は終了です。
phim-op.jpg

【実例1】
仮性包茎患者さんの手術模様です。術前にサインペンでデザインし、手術直後と手術1ヵ月後の写真です。
包茎手術を実施した性器の画像です。悩まれている方だけがご覧下さい。phim-op-case.jpg

【実例2】
亀頭包皮炎を起こした患者さんの包茎手術の写真です。手術前・手術中・手術直後・手術1ヶ月後の模様です。
包茎手術を実施した性器の画像です。悩まれている方だけがご覧下さい。phimop2.jpg

【手術道具】
フェザーメス、2種類のハサミ、3種類のピンセット、各種鉗子、吸収糸の数々です。
op-phim.jpg

●縦切開横一文字縫合手術
普段は小さいが膨張率が大きい包茎患者さんに都合の好い手術方式です。包皮は切除しない(切開のみ)方式ですから、包皮切除されて足りなくなったということにはなりません。乳幼児に行う背面切開手術を成人向けに発展させた手術方式です。
【手術模式図】
麻酔がかかった状態で、包皮を剥きます。最も狭い部分を中心に縦に切開します。狭い部分を横方向に広げて行きます。完全に真横一文字にして縫合します。どうです?切開と縫合のみで包茎が治ります。包皮の余っている縦の長さを、包皮の狭い部分を広げる横方向に拝借した形になります。コロンブスの卵みたいでしょう。
phimosisopdorsal.jpg


●亀頭直下縫合手術
ツートンカラーにならないために、亀頭直下のギリギリのところまで包皮内板を切除して、包皮外板と縫合する方式です。縫合部の傷後が亀頭直下で見えにくいので、ツートンカラーが目立たないの利点があると思われています。が、これは机上の絵空事で、かえって包茎手術をしたことが目立つ方式です。
下図の絵はこの亀頭直下縫合手術を行ったペニスをデフォルメして描いたものです。こんなペニスは自然界で有り得ないでしょう。とても不自然なペニスです。子供の頃、人間は全員包茎です。成長とともにペニスは大きくなり、亀頭が露出する男性が30%出現します。その成長を踏んでいるのであれば、必ず亀頭の環状溝に包皮の余裕(たるみ)が出てくるのです。この絵のように、浅黒い陰茎から唐突にピンクの亀頭が出現するわけがないのです。
ですからこんなペニスは、遠目から見ても包茎手術をしたペニスだということが直ぐに分かります。本来、ツートンカラーを目立たないようにする目的は、包茎手術をしたことがバレないようにするためなのに、これではバレバレの本末転倒です。環状切除手術の模式図の絵と比較してみて下さい。どちらが自然なペニスかお分かりいただけると思います。
【亀頭直下術後のペニス】
tyokka.jpg

さらにこの手術には欠点があります。亀頭直下の縫い代がギリギリの部分で縫合していますから、縫合部の皮膚に張力(テンション)がかかります。テンションのかかる縫い目はケロイド状の瘢痕化しますから、亀頭直下を観察すると、とても傷が目立つのです。そしてその傷のケロイドが痛みとして感じる方がおられます。
また、女性にオーラルセックスをしていただくと、このケロイドのゴアゴアを感触として舌に感じる筈です。
そんなこんなで、ツートンカラーを隠すための手術に思わぬ欠点があることが分かりました。この手術は、執刀医の方からすると縫合し難い手術です。ですから手術料金はべら棒に高くなります。また、難しい手術の達成感は、外科医のプライドをくすぐるので、薦められます。そこには現実の術後患者さんのことを全く無視した、夢想の手術であることが見えてきませんか?どうです?これでも亀頭直下縫合手術を希望しますか?

●バックカット手術
選ばれた包茎男性のための手術方式です。なぜ選ばれた?かというと、仮性包茎で包皮口がユルユルの包茎、全く手術の必要のない方しか出来ないからです。
余った包皮を陰茎の根本までたぐり寄せ、長さを調節して余った皮膚を環状に切除する方法です。
包皮口が狭い人で、この方法を希望する場合には、狭い包皮口を縦切開し包皮口を広くするという、もう一手間手術してから、同じ方法を取ります。
ツートンカラーはなくなり、包皮内板から包皮外板の色が自然なグラディエーションで移行していますから素敵でしょう?

【バックカットの模式図】
backcut.jpg

ただし欠点がない訳ではありません。根本で切開していますから、手術後1ヶ月間くらいはペニス全体、根本から亀頭までむくみ(浮腫)ます。
また、広告で傷跡が陰茎根本で陰毛に隠れて目立たないと謳っていますが、あれは嘘です。ご自分のペニスと陰毛部をご覧になって見て下さい。陰毛に隠れて地肌が見えませんか?見えるでしょう!そうなんです。陰毛に隠れて見えないと潜在意識が思っているだけで、本当は陰毛の下の地肌は丸見えなのです。
ここにケロイド状の傷が出来た場合にはさらに目立ちます。なぜなら、他人は外性器が視野に入っても無意識のうちに目をそらしますが、陰毛部は「見てもいいだろう」と目が行ってしまうのです。

ツートンカラーを目立たなくするための亀頭直下縫合手術バックカット手術の2つの方式には、以上の難点があります。「木を見て森見えず」の例えの如く、包茎手術をしたことが分からないようにと、わざわざ高額の治療費を支払って受けた手術が、逆に包茎手術をしたことがバレバレになるという奇妙な現実に驚かれたでしょう?
ツートンカラーであることと包茎であることを天秤に掛けて、どちらが重いのかよく考えてみましょう。自ずと結果が出てきます。
手術の時には、以上のことをよくよく理解した上で手術を受けて下さい。決して表向きの利点に惑わされないように注意してください。高橋からのお願いです。

|

« 包茎手術を利用した悪徳商法 | トップページ | 包茎に関する誤解 »

コメント

包茎手術について質問なのですが、勃起時に包皮だったところが少し突っ張りぎみですが、締め付けられてはいない状態です。他の部分に比べてたるみがないんです。カントンぎみの仮性包茎って感じです。

バックカットでの手術でOKでしょうか?薬でそこをもう少し余裕をもたせる事ってできますか?
この場合、お幾らくらいかかりますか?

投稿: s2001 | 2005/05/30 19:18

締め付けがないのであれば、包茎手術する必要はありません。
また、バックカット方式は、私は批判的立場をとっているので、バックカット方式手術は行いません。

投稿: 高橋クリニックからの回答 | 2005/06/01 09:43

はじめまして、先生の病院で縦切開横一文字縫合手術は可能でしょうか?通常時7センチ、勃起時12センチほどの仮性で締め付けはありません。よろしくお願いいたします。

投稿: ymamoto.k | 2006/01/26 10:38

この手術は真性包茎を仮性包茎にするための手術です。
ですから締め付けがない仮性包茎であれば、この手術方法は意味がありません。

投稿: 高橋クリニックからの回答 | 2006/01/26 20:24

お忙しい中のご返事ありがとうございました。当方、北海道なので何とか普通の泌尿器科を捜し先生お勧めの通常の手術してみます。

投稿: yamamoto.k | 2006/01/30 10:49

亀頭増大術は当院でも行なえますが、もしもペニスにコンプレックスをお持ちなら、まず包茎手術を行なうことをお薦めします。
包茎手術を行なうだけでペニスは立派に見えるものです。増大術の必要はありません。
包茎手術はどこの泌尿器科で行なっても大同小異です。当院であえて行なう必要はありません。もしも増大術を薦める医療機関があるとすれば、拝金主義ですから気をつけましょう。

投稿: 高橋クリニックからの回答 | 2006/03/21 10:20

こんにちは。

質問ですが、環状切開による術後の亀頭の尿道裏側のむくみに対してですが、どのようにこのむくみを改善したらよいでしょうか?

本題とそれてしまう質問であることをお許しください。
真剣に悩んでいますのでよきアドバイスをお願いします。

【高橋クリニックからの回答】
手術後3ヶ月を経過しているのであれば、後遺症として残ったのでしょう。
どうしても気になるのであれば、ブログ内で示しているように「修正手術」をする必要があります。

投稿: toshi | 2007/01/21 15:05

何故、高橋先生はバックカット手術に対して批判的な立場をとっているのですか?もしよろしければ教えて頂きたいのですが?

【高橋クリニックからの回答】
バックカット手術が目立ちにくいという理由で薦められていますが、陰毛の中の傷は実はとても目立つのです。
したがって目立たないという理由がなければ薦められません。
また、バックカットは陰茎の根元の腹壁の厚い皮膚と陰茎の薄い皮膚を縫合し、静脈の中枢の手術になりますから陰茎全体のむくみを作ることにもなります。
さらにバックカットは、手術式が考案されてから日も浅く20年~30年くらいしか経過していません。本来の割礼方式の手術は神様も認めた手術で1千年以上は経過していますから安心です。

投稿: xxx | 2008/03/10 23:12

勃起時に剥くと締め付けるカントン包茎です。縦切開横一文字縫合手術を考えていますが、仮に背面を1cm切開した場合、前面の包皮が1cm余ることなりますが、勃起時にいびつな形になってしまいますか?

【高橋クリニックからの回答】
締め付ける部分が1cm長くなるのですから、問題ないでしょう。

投稿: kinneko | 2008/07/09 21:38

本記事の【実例2】画像が表示表示されません。

お手隙の時に確認をお願いします。
【回答】
ご指摘ありがとう。

投稿: おが | 2011/11/03 18:27

はじめまして。35歳です。
このブログを拝見し、相談させていただきたくメールを送らせていただきます。
自分は仮性包茎です。包茎手術を考えております。
理由は二つ。
一つは、包皮が亀頭にかぶさっている感覚が非常に不快感というのと、包皮と亀頭の間に陰毛が挟まるということ。
もう一つは(実は、包茎に対するコンプレックスは然程なく、手術を希望する大きな要因はこちらです)、勃起をした状態でも包皮がかなり余り(余りますが、包皮が亀頭に被る訳ではありません)、性交渉での感度が鈍いということです。
いわゆる遅漏というやつです。
今までのマスターベーションの経験から、包皮を根元へ手繰り寄せて、陰茎部分の包皮のアソビをなくすと感度がよくなることが分かりました。
そこで、勃起した状態で余った包皮を根元へ手繰り寄せ、接着剤で固定させて性交渉をしたところ、今までとは違った感覚があり、一般的(?)な時間での射精が出来ました。
この遅漏は厄介で、射精までの時間が長いと体が疲れてきて(相手も辛いでしょうが)、次第に萎えていき、射精できずに終わることもあったくらいです。
この状態ではセックスレスにもなりかねなく、悩み、色々な工夫をして遅漏の原因が余分な包皮であることに気づきました。
そこで初めて包茎手術を考え、色々なクリニックのホームページを拝見して包茎手術の方法がいくつかあることを知ったのですが、自分には根元で余分な包皮を切り取って縫合する方法がいいと考えました。
なぜなら、自分の場合は陰茎の亀頭側2/3部分に感度があるからです。なので、亀頭に近い部分を切除したくないのです。
しかしながら、先生のブログを拝見させていただいておりますと、「バックカット手術は行わない」とありますが、お願いしてもしていただけないのでしょうか?
していただけない場合、行わない理由・バックカット方式に批判的な理由をお聞かせいただけないでしょうか?
よろしくお願いいたします。

投稿: miyazaki | 2012/11/11 23:26

お世話になります。
先日メールを送らせていただいた者です。

先日のメールにて、最後のほうに
「なぜバックカット方式に批判的なのでしょうか?」
という質問をさせていただきましたが、このページのコメント欄を読んでいたところ、同様の質問とそれに対する回答があるのに気づきました。
よって、質問に対する回答は理解できました。大変失礼しました。

先日のメールでも説明させてもらった通り、遅漏での悩みでのバックカット手術を希望しておりますが、それでもバックカット手術はしていただけないでしょうか?
【回答】
包茎手術は早漏を治すための手術です。
ですから、遅漏は改善しません。
私はバックカット手術はしませんから、他に当たってください。』

お忙しいとは思いますが、ご回答何卒よろしくお願いいたします。

投稿: miyazaki | 2012/11/12 08:47

お忙しい中、ご回答ありがとうございました。

投稿: miyazaki | 2012/11/14 09:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37412/796993

この記事へのトラックバック一覧です: 包茎手術の方式:

« 包茎手術を利用した悪徳商法 | トップページ | 包茎に関する誤解 »