医学の対象

Space3 医学は人体の病気を研究して治すのが目的です。医師は医学書、学会報告、研究論文、ガイドラインなどをベースにして、患者さんを診断、治療しています。医師が信じるのは実験で証明されている事だけです。

ところが現在の医学知識は、世界中の大昔の過去の、会ったこともない研究者や医師の報告が医学書になったのです。学会で発表する人々は、有名人や出世するために行っているのです。実験研究も初めから結論を決めているのです。それらの論文の内容が、常に正しいとは限らないのは当然です。

人間は、ある意味で「小宇宙」です。研究や実験で正確に判断出来ません。この宇宙を全て理解出来ないのと同じです。

私の学会報告はオリジナルの非常識なので、誰にも認められませんでした。患者さんで医師は認めてくれましたが(笑)。私は出世や有名人になろうとは思っていませんから、構わないのです。実験証明はしないで、無限大の思考を広げて自由にに考察しています。おかげで学会の常識とは全く異なる考えで、多くの難病の患者さんを治して来ました。(笑)

間質性膀胱炎、非細菌性慢性前立腺炎、前立腺ガン、神経因性膀胱、非細菌性慢性尿道炎、膀胱疼痛症、坐骨神経痛、舌痛症、原因不明の胃痛症、原因不明の食道炎、脊柱管狭窄症、アキレス腱炎、寝違い、難治性の五十肩などを治しています。今後もいろいろ考えて、病気の原因を発見したいと思います。

| | コメント (3)

ミネラル

Gan4 栄養素である必須ミネラルは13種類あり、ナトリウム、カリウム、カルシウム、リン、マグネシウム、鉄、銅、亜鉛、セレン、ヨウ素、クロム、モリブデン、マンガンです。 初めの5種類が100mg/日以上、残りの8種類が100mg/日以下となっています。

しかし、ここで疑問を感じます。人体の酵素が何千種類(2,000〜5,000種類)もあり、その補酵素がビタミンとミネラル他です。そのような多種多様な酵素を補充するのに、たった13種類だけでは、どう考えても足りないでしょう。実際にはミネラルは70種類以上も存在するのです。とても微量なミネラルも必要なのでしょう。

と言って多種多様な豊富なミネラルを作ることはできません。そこで、ある火口岩から作成した粉末がミネラルパウダーなのです。

Mineraru12 以前に書いたガン細胞の発生原因が、各臓器の様々な障害による細胞分裂の増加が原因でしょう。その障害を受けた細胞が即死しないように、未知の酵素とミネラルの合体が、細胞を保護してくれるのです。細胞分裂の頻度が少なくなるので、ガン細胞が減るのです。

それ以外に無数の酵素が、どんな役割を果たしているかを知れば、いろいろな病気を治せるのかも知れません ね。

| | コメント (0)

紹介状

泌尿器科で原因不明とされ明確な治療が出来ない難病がたくさん存在します。その例として、
❶間質性膀胱炎
❷難治性過活動膀胱
❸非細菌性慢性前立腺炎
❹神経因性膀胱
❺膀胱疼痛症
❻慢性うっ血性骨盤疼痛症候群
❼慢性尿道炎
❽陰部掻痒症
これらの病気は患者さんが自覚しない、医師が検査しても正常範囲内と診断されてきた排尿障害が原因なのです。
泌尿器科医師が行う尿流測定、残尿測定、膀胱内圧検査、細菌培養検査、エコー検査、内視鏡検査、CT検査、MRI検査でほぼ異常を認めないのです。

しかしながらエコー検査で、膀胱出口周辺を標準画像の10倍に拡大して観察すると、粘膜の硬化像、膀胱三角部の肥厚、膀胱排尿筋の変形、膀胱括約筋の肥大が認められます。これらの所見は長期間に渡る軽度な排尿障害による後遺症です。

また、患者さんによって異なる症状は、負担のかかった膀胱三角部が発する頻尿情報が脊髄神経回路を介して、痛み・しびれ・かゆみ・圧迫感などさまざまな症状(関連痛)を作っているのです。

患者さんにブログの記事の公開や解説書をお渡ししています。開業医になって32年に渡って3万8千人以上の患者さんを治療し、5千人以上の患者さんに手術を行いました。しかしながら、私は高齢者であり身体障害者1級の血液透析の不完全な人間です。最近では心臓や眼が悪くなったりして、突然死しても不思議ではありません。そこで私の考えを参考にして、多くの悩まれる患者さんを助けてください。お願い致します。

高橋クリニック 高橋知宏
東京都大田区中馬込
03 3771 8000   FAX 03 3771 8033
1979年慈恵医大卒業し泌尿器科学教室入局
1987年大学病院を退職し、救急病院に勤務
1990年に開業する。
泌尿器科専門医、外科認定医、消化器外科認定医、スポーツドクター、整体師

✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️

遠方の患者さんで当院に一度も来院できない患者さんや、私が突然死したために治療が受けられなくなった患者さんも、ご自分の病気に関連するブログ記事を印刷して、この紹介状を持って、地元の泌尿器科医師にお願いしてください。

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (8)

患者さんからのお礼

Bc2944fa0778468bbcca78cfcb595ab6 多くの患者さんが、時にお見上げを持参したり送って来られたりします。

厄除けの人形、お守り、私の好きなオリーブオイル、高級牛肉、お薬、お漬物、新潟米、缶詰、いろいろな果物、草食、いろいろなお菓子、アルコール、お茶、紅茶、コーヒー、手作りマスク、図書券、ビール券、商品券、現金など多彩です(笑)。

医療は人を助けるにが仕事ですから、お礼を欲しがる必要はないのです。でも、お礼を頂き、逆に私の仕事を認めて頂き感謝感謝感謝です。特に今回、私が体調を崩したら、心配されてお見舞い代わりに送られたのです。

私は一般の医師と違って、少し変わっているのです。ですから、一流の大学病院の医師が思い付かない事で患者さんを治療すると、患者さんの症状が軽快して、とても感謝されるのです。

例えば、間質性膀胱炎の患者さんに排尿障害の治療したり、痛みの治療に頻尿治療したり、ご婦人に男性の治療薬を服用して頂くと、症状が嘘のように治るのです。無名の町中の開業医の治療効果に、ただ驚くばかりですから、御礼を頂けるのでしょう(笑)。

 

| | コメント (0)

修正手術 電気焼灼手術

Denki4

開業して31年間の間に、他の病院で手術して残ったり醜くなった傷跡や、過去に入れてしまった刺青や、顔にできた大きなホクロやイボが気になって仕方がない人が、今までに何人も何人も来院されて、すべての患者さんをきれいに治しました。

 一般的には、患部を切除して縫合するのですが、手術をして傷跡が残った人が、また同じ手術をすれば傷跡が残るのに決まっています。ですから、違う治療で治すしかないのです。それが電気焼灼手術の火傷治療なのです。驚くでしょう? 患者さんが気になる傷跡やホクロやイボはすべて「生きた細胞」で構成されています。その細胞は、当然として常に同じ状態になり続けます。絶対に正常な細胞にはならないのです。

Denki5  それを回避するためには、その細胞を全て除去するしかないのです。それを電気焼灼手術で細かく焦がして、原因の細胞を残らず蒸発・蒸散させるのです。すると、それまで傷跡やホクロの細胞情報が成熟する前の未熟な細胞に、情報が伝えられなくなるので、周囲の正常の細胞からの情報しか受け取れませんから、正常の皮膚の細胞になるのです。

 焼灼して火傷になったの部分に新たな細胞を生まれさすのです。火傷の部分を消毒してはなりません。消毒液によって生まれたばかりの新たな細胞が死んでしまうからです。さらに傷を乾かしてもダメです。なぜなら、生まれたばかりの細胞は、水々しいので、乾燥させると死滅してしまいます。そこで私が考案した軟膏を毎日塗り続けるのです。それが白色ワセリンのプロペトに、ミネラル株式会社の作った、ある鉱石で作り上げたミネラル粉末を混入します。

 傷が治るうちにケロイドになる人がいます。それを抑えるためにプロペトが必要なのです。そして生まれたばかりの細胞に必須のミネラルを投与するのです。

A45581e4f5e04d35ae5320ec628018ed

 修正手術の機械は電気焼灼出なくても可能です。最近の新しい電波メスのサージトロンがあります。電波の周波数によって、切開や凝固が出来ます。その凝固周波数の電波によっても同じ手術が可能です。しかし通常の電気メスは、患部から電気メスのアース電極に向かって高周波の電気が流れるので、患部の周囲の正常の皮膚細胞にまで負担をかけるのです。結果、新しい細胞の再生が上手くいかないことがあるのです。

| | コメント (1)

次亜水の別の利用手段

777c682bb08c4d5d804e12986ee88b00  ウィルスやバイ菌を殺菌するので有名な次亜水は、他の使用方法があります。

 頭のフケがたくさん出る人がいます。一般的には脂漏性湿疹と呼ばれていますが、実はカビ・真菌が原因の感染症なのです。皮膚科の医師が、検査を行いますが、カビが発見されないのでも原因不明の脂漏性湿疹という病名と診断されるのです。

 頭皮が痒くて、さらにフケがたくさん出るので、毎日洗髪ゴシゴシしますね。それをやればやるほど、病気は悪化するのです。洗剤でキレイに洗えば洗うほど、頭皮にカビが増え続けるのです。

Fa9dc568cc6b4dcbb8ef5d9d50a0aacb  その理由は、洗剤で除去できるのは、一般のバイ菌だけです。カビは植物と同じで根が無数に拡散していますから除去できないのです。そしてバイ菌が少なくなればなるほど、バイ菌に敵対していたカビがドンドン増えるのです。人間はカビを殺菌出来ないので、感染した皮膚をフケとして除去しようとするのです。ですから、カビが増えて、痒くなり、フケがたくさん出るのです。そして毎日洗髪してしまうのです。

 対策として、
❶洗髪は毎日行ってはいけません!週に1回〜2回に減らして下さい。
❷洗髪の際に、次亜水を必ず頭皮に噴霧して下さい。次亜水の濃度は100ppm〜50ppmです。原液が250ppmですから、2.5倍〜5倍に薄めて下さい。
❸毎朝、髪の毛を解く時に、使うブラシに次亜水を噴霧して髪の毛を解いて下さい。

96895b78d461458fbdd5801fffd6bd79  以前にある患者さんが、脂漏性湿疹と診断され、皮膚科で何年も治らないので、当院で悩みを愚痴っていました。前からこの病気はカビが原因ではないかと思っていたので、試しに水虫の液体治療薬を付けてもらいました。すると、2週間後にはきれいに治ったのです(笑)。そこでフケ症の人はカビが原因とそれ以降思っていたのです。次亜水の出現で多くのフケ症の人に次亜水を利用してもらえば、みなさんが助かります。

| | コメント (2)

記銘力低下の対策

95b06b4f27ca4a82aeecca546deea8a9  歳を取ると次第に記憶能力が低下します。特に海馬の萎縮によって、短期記憶=記名力が衰えるので、『あれ?何でここに来たんだろう?』『何を聞いたっけ?』という現象が起きるのです。認知症でなくても、高齢者の標準的な現象です。この対策として記憶術を応用してみます。

 以前に大野式記憶術の初級コースを勉強しました。記憶術のプロは、何十何百という数字や物事の順番を覚えることができます。私はそこまで能力を上げるつもりはありませんから、上級の記憶術のコースには入会しませんでした。

 人を助けるための医師活動では、記憶力の低下が、患者に迷惑を掛けてしまうかもしれないので、記憶術を勉強したのです。高齢者になると、何かをするために別の部屋へ移動した時に、『アレ?何しに来たんだっけ?』と思う事があります。他の事をしていると、思い出して『本当に、自分はおバカさん!』と思う事があります。その対策として、記憶術を利用しています。自分の日頃から知っている場所を決めて、順番をつけ、そこに記憶したい事を貼り付けるのです。

5e114882dda24b3083ac5e84f813179f  私は週3回の透析中に、両足(ふくらはぎ)が時々攣る(つる)のです。4時間の透析中に3時間過ぎた頃からです。その理由は、尿が出ないので、透析で体に余った水分を吸収すると、筋肉内の水分が急に足りなくなり、筋肉が収縮・痙攣=攣るのです。しかし、体から水分を十分に吸収しないと、心不全で死ぬかもしれないので、仕方がありません。対策として、湿布薬を急いで貼ると治まります。

Kiokumogen_20200703104301  私のクリニックは整形外科も診療していますから、湿布薬があるのは当たり前です。足が攣った時に『今度は湿布薬を余分に持って来よう』と思うのですが、翌日には忘れてしまうのです。いわゆる高齢者の記名力低下です。一時的な記憶が、直ぐに忘れてたしまうことです。

 そこで、記憶術を応用します。私は自分のクリニックを記憶の貼り付け場所にイメージしています。玄関の自動ドアを1番、待合室のイスを2番、受付を3番・・・という具合です。詳細に説明すると、大野式記憶術から公開は厳重に禁止されているのですが、この程度の事は書店で販売されている記憶術の単行本にも記載してありますから、いいでしょう。

 さて、短期間に覚えておきたい事をクリニックの玄関自動ドアの場所とします。写真のように、自動ドアに湿布薬を貼るイメージを作るのです。このシーンのイメージを記憶すれば、何時間経っても、『自動ドアに何が貼ってあったけ?』と考えれば、直ぐに思い出せるでしょう。このように一番身近な場所を設定して、そこに記名したい事を具体的なイメージにしてトッピングするのです。これであれば、いろいろな事をトッピングしても思出せます。

 記憶術のプロは54枚のトランプカードを混ぜて、その順番を簡単に言えるのです。さらに、具体的な物ではない事柄を100個も200個も順番に覚えていられるのです。すごいですね!初級コースは30万円弱でしたが、上級コースは60万円弱でした。初級コースは勉強になりなりましたが、上級コースにも興味を持ちました。同じ金額だったら、上級コースにも参加したかもしれませんね?

 しかし仕事と言うものは人を助ける事が使命で、お金儲けは二の次だと私考えていました。例えば、ガンの患者さんの保険証明書は通常5千円前後ですが、私は無料でお渡ししています。診断書も長期間来院されている患者さんにも無料です。人の能力を上げるための、秘密の手段だとしても、60万円弱は、さすがに高額です。興味を持たれた人は低額で引き付け、その後は高額で釣っていると思えて仕方がありません。講師の先生は、そのような考えではないのでしょうが、経営のバックアップのスタッフが金儲けに興味があるのでしょう。………残念です。

 同じ初級コースの同級の卒業生にface bookの友達がいます。今も一生懸命に勉強なさっています。この記事をお読みになって、お怒りを受けるかもしれません。私の自分勝手の考えで、ゴメンなさい。

 

| | コメント (4)

水をたくさん飲めば、老廃物が出るという【ウソ】

42cf89595825444b805b6202127c5a05  水をたくさん飲んだために、頻尿や残尿感で悩まれている患者さんがたくさんおられます。何故、水分をたくさん飲むのですか?と質問すると、健康のために、老廃物を体からたくさん出すためですと、多くの人が答えられます。

 人間の体から排出される老廃物は三つあります。1つ目は大便・ウンコです。食事の栄養素を吸収した後の残骸と3分の一が腸内細菌です。2番目が尿・オシッコです。尿には、尿素・電解質(ナトリウム・カリウム・塩素)が排出されます。3番目が汗です。汗は尿とほぼ同じですが、尿素が含まれていないだけです。

 これらの老廃物は、個人によって異なるのです。運動をする人は老廃物がたくさん出ます。運動をまったくしない人は、老廃物が少ないのです。つまり身体の活動によって、老廃物の量が決まるのです。また、食事をあまりしない人も老廃物は少ないのです。

Jintai4  水分はあくまでも老廃物を溶かす溶媒であって、たくさん飲んでも薄い尿や薄い汗をかくだけてます。また、水分の少ない人は、濃い尿が出るだけです。排泄した老廃物の総量は常に同じなのです。

 例えば、トイレで排便する時に、終わって水洗をしますが、10回水洗したら10倍のウンコガ出ると思いますか?なのに水分をたくさん摂取したら老廃物がたくさん出ると考える事自体が非科学的です。

 しかし、排尿機能障害のある人は、水分を飲めば飲むほど、頻尿や残尿感や痛みなどの症状が出るだけで、老廃物の量は変わらず、苦しむだけです。間違った常識を常に見つけるように、努力しましょう。

 

| | コメント (0)

次亜塩素酸の存在

体内の血流を流れている白血球には、酸化作用の強い物質が存在しています。

その物質は、3点存在します。

❶スーパーオキサイドO2-

❷過酸化水素H2O2

❸次亜塩素酸HCLO

の3つです。

B0883ec1dd6c4658889c1591ac8a23b8 ❶一番最初に発生するのが、酸化作用の強いスーパーオキサイドです。ご覧になって分かるように酸素分子O2と似ていますよね。電子が1個足りないのです。そのためO2_になるのです。このマイナス(-)が強い酸化作用が強いので、白血球に貪食された細菌やウィルスが酸化されて死ぬのです。
6d7718a95b5b4c09881fb9f29dc0dfe6 ❷スーパーオキサイドの次に産生されるのが、過酸化水素です。過酸化水素は、一見すると水H2Oのように見えますが、水分子に酸素原子が合体しているのです。この酸素原子が不安定で、すぐ分解してO-イオンになって、細菌を酸化して殺菌するのです。
4cad3332a6d5400b91309e05c6fd9e21 ❸次亜塩素酸は塩素が追加されています。塩素イオンは、それまでの酸化物質よりも、殺菌能力が高いのです。

Jiasui3gan 全体的に見ると、このイラストになります。白血球の中には、この3タイプの殺菌作用の強い酸化物質が存在するのです。政府やマスコミが次亜水・次亜塩素酸を単純に消毒液と考えるから、今のような意味のない情報を流すのです。次亜水・次亜塩素酸は、白血球すべてに含まれる、体を守るための唯一の消毒液なのです。

 

| | コメント (2)

水道水の残留塩素

 日本の水道水は、殺菌するために塩素で処置しています。その結果、日本の水道水は、外国と違い、安心して誰でも飲めるのです。この水道水には塩素が残っています。それを「残留塩素」と言います。残留塩素濃度は、0.1mg/㍑に決められています。0.1mg=0.1ppmの濃度です。

 最近ニュースで話題になっている、政府が唱える「次亜水噴霧の無効と副作用」問題には誤解があります。次亜水からは塩素イオンを出すので人体に悪影響を及ぼす可能性があると訴える科学者がいます。毎日飲む可能性のある水道水にも残留塩素0.1ppmが入っているのですよ。そして次亜水を飲むわけでもないのに……。

1bd57a5a771147a5acde753ed31d25b1

 次亜水の噴霧ミストは通常50ppm~60ppm濃度の溶液が噴霧装置に入っています。水道水の0.1ppmよりも一見して濃いですよね? しかし、これは勘違いなのです。空間に次亜水ミストを噴霧しますから、次亜水溶液の濃度はさらに薄くなるのです。例えば、50ppm次亜水溶液1リットルを丸8時間かけて、私のクリニックの待合室(5m×2m×2.5m=25,000㍑)にミスト噴霧したとすれば、50ppmを8時間かけて25,000㍑で薄めたことになります。

Jiasuisuido  結果、0.002ppm/8時間=0.00025ppm/1時間になるのです。安心して飲める水道水の0.1ppmよりもはるかに少ない0.002ppmの塩素イオンが噴霧されるのです。これで、吸入すると塩素による傷害が発生すると思いますか?さらに、一人の人間が8時間かけて25,000㍑の空気を吸入できると思えますか?

 次亜水のミスト噴霧は、あくまでも空気中の新型コロナウィルスを殺菌するために行うのです。空気中なの新型コロナウィルスの濃度はもっと薄いのです。だから、こんな薄いミスト濃度でウィルスを殺菌できるのです。

 水道水にも塩素が0.1ppm/㍑含まれていますから、ミスト噴霧器に入れたらどうかな?と思いますよね。でも、25,000㍑の部屋に噴霧するので、濃度は0.000004ppm/㍑まで薄くなるので、効果はありません。待合室の25,000㍑に水道水を満タンにすれば、2,500ppmになりますから効果が出るでしょう(笑)。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧