手術で判明した丹田の位置

Tanden

 丹田(たんでん)をご存知ですか?

丹田は古武術の「気」を溜め置く場所で、へそ下5cmの場所にあるとされています。大地や大気から体に取り入れた「気」を一度、丹田に納め、その後、丹田の「気」を「エ~イ!」と一気に放出するのが、「気」の出し方です。インドのハタヨ-ガの考え方で、脊椎に沿って下から7つのチャクラがあり、「第2のチャクラ」は日本で云う「丹田」に相当する場所です。

泌尿器科開業医として12年前の当時、元気だった私が、年間150件以上の内視鏡手術を行なっていると不思議な経験を数多くしました。今回、「丹田」・「第2のチャクラ」の位置を正確に特定できたと思われたので、ここで紹介致しましょう。

ある患者さんのエピソードです。17歳の頃から残尿感・尿道の痛み・陰嚢のかゆみ・下腹部の不快感がありました。地元の泌尿器科医を受診し「慢性前立腺炎」と診断され、セルニルトンや桂枝茯苓丸(瘀血を解消する漢方薬)を服用していましたが、一向に改善しません。インターネットで当院を見つけ平成19年に19歳でく群馬県から来院されました。

診察・検査をしました。ウロフロメトリーで腹圧性スパイクの膀胱頸部硬化症タイプの排尿曲線、排尿直後の残尿47㎖(正常0㎖)、膀胱三角部の肥厚などで、「膀胱頚部硬化症」と分かりました。その病気の刺激が、患者さんの症状を作っていると考えられたのです。

排尿障害改善薬(α1-ブロッカー)で、悩みの症状は軽快しました。……しかし、「下腹部の不快感」がどうしても取れなかったのです。青年ですから、膀胱頸部の手術を行うと、逆行性射精の後遺症のリスクがあるのです。医師としては手術を避けたいのです。当時はβ3作動薬のべオーバ・ベタニスがまだ販売されでいなかったので処方出来ませんでした。もしもべオーバを処方すれば手術をしなくても良かったのでしょう。患者さんが内視鏡手術を強く希望されたので、了承致しました。 

79e6306bd582485e9d21d84baddaacfb 「下腹部の不快感」を具体的に患者さんに述べてもらうと、骨盤の前で、へそ下奥の位置だそうです。趣味でスポーツ・クライミングを行なっていたのですが、力を入れて登ろうとすると、その位置に直径8cmほどの球体がギューっとつかまれるような感覚があり、力が入らないというのです。・・・それは「丹田」ではありませんか!

Tanden20501m213dpp

右の写真は、患者さんの3Dエコー検査所見です。膀胱側から膀胱出口を観察している光景です。赤い矢印が、膀胱出口周囲の膀胱括約筋と膀胱三角部の平滑筋が過形成を示す部分です。平成20年、患者さんが21歳の時に行った内視鏡手術は、この硬い部分を処置しました。

Tanden20501m212

右の写真は、内視鏡手術直後の膀胱三角部の状態です。私が若い頃に指導して頂いた三木誠先生が考案したTURis-Vで、病変と思われる部分を蒸散させました。膀胱三角部の術前と比較すると、緊張が取れ、膀胱三角部全体が柔かい印象になりました。さて、その際に、驚くべきことが起きたのです。

Tanden20501m212pp写真の赤いだ円で囲まれた部分を蒸散処置している時に、患者さんの悩まれていた「丹田」を強く握られた強い感覚が出現したのです。位置的には、膀胱三角部の中央で膀胱出口寄りです。すなわち、全てではないでしょうが、こここそが「丹田・第2チャクラ」の位置なのです!術後、患者さんは元気にクライミングができるようになりました。患者さんは現在30歳代になられ、今年の東京オリンピックで初めての競技になるスポーツ・クライミングのジム会社で指導者になっています。

ヨガや座禅、武道、今流行りのディープ・ブレスで鍛える丹田呼吸法で「気」を練る際には、膀胱三角部から膀胱出口を具体的にイメージして練り上げましょう。

【補足】 処置した時に「丹田」の感覚が再現されたので、そこが「丹田」だというのも素人的で余りにも短絡的です。しかし、少なくとも「丹田・第2チャクラ」と膀胱三角部が強いかかわりを持っていることは事実でしょう。この事実から新たな発見ができると良いと思っています。
手術によって丹田・チャクラがすべて消失したとは思えません。なぜなら、だ円で囲まれた部分は、長さ1cm幅0.5cmの小さなだ円で、患者さんの訴える丹田・チャクラは直径8cmの球体だからです。チャクラCHAKRAはサンスクリット語で「輪・環」という意味です。つまり平坦な丸です。患者さんの感じている丹田・チャクラは球体状の物体感覚です。この違いにも興味があります。

慢性前立腺炎や間質性膀胱炎で苦しまれている患者さんは、この丹田・チャクラ=膀胱三角部の異常興奮、暴走から発症するとも理解できます。

| | コメント (2)

マグマと温泉

F35fd09b26074d35a4bc4ac4906cccbb

日本は4つの大陸プレート、ユーラシアプレート、北米プレート、太平洋プレート、フィリッピンプレートが日本の深部地殻に潜り込んででいるのです。4つの大陸プレートはすべて周りの海の海底プレートです。何十億年も繰り返し繰り返し日本列島の地下に潜り込んでいるのです。そのため、地殻変動や火山の噴火が度々起こるのです。特に太平洋プレートが一番多いのです。日本の地下に沈み込む際に、海水も一緒に伴います。

Ffa93a38dbf84463a8f5e05ad7bf41a8

この現象が日本の地下に潜り込んむことで、日本は温泉地帯がたくさん出来るのです。その理由は、海底のプレートと一緒に地下に海水が埋没するのです。海水が高温のマントルに混入することで、マントルの融点が下がり、マントルが熱い液体になります。それがドロドロの「マグマ」です。当然、比重が軽くなるのでマグマは地表に上昇します。それが火山噴火の原因になるのです。

温泉は次のように発生します。マグマが上昇しながら、地殻の亀裂からさらに周囲に上昇します。特にマグマから発生する熱い火山ガス(水蒸気、二酸化硫黄ガス、硫化水素ガス、二酸化炭素ガス)が、隙間を容易に通過して、さらに地表に上昇します。地表近くに地下水が流れていると、熱〜い火山ガスで地下水が熱せられて、それが温泉になるのです。ですから、温泉の出口近くでは、火山ガス=毒ガスが出るので注意しなければならないのです。


温泉に入ると、体調が良くなったり、病気が軽快しますよね?毒ガスの含くまれた温泉が、健康に良いのは何故でしょうか?その理由を私の考えで解説します。火山ガスのけ元素成分は、硫黄、炭素、水素、酸素です。これらがすべてマントルの地殻成分とは思えません。日本の地下に埋没する海底の大陸プレートが、海中生物の死骸や生きた微生物も一緒に海水と共に埋没するのです。それも何十億年もかけて繰り返し繰り返し埋没しているのです。

983821dfdb3b4ae99a7913525f467667 それらたくさんの生命体がマグマになって地表に昇り、さらに生命体の成分が気体(火山ガス)になって、地下水に溶け込むのです。つまり生命体のエキスが温泉に溶け込んでいると思えます。火山ガスの成分である水蒸気・二酸化硫黄・二酸化炭素・硫化水素の成分元素は、酸素・水素・炭素・硫黄です。それは人間を含めた生命体の成分元素の酸素・水素・炭素・硫黄と同じです。(イラストに示す通りです。)「え〜!硫黄が?」と思われるでしょうが、次の必須アミノ酸のメチオニンやシスチン、システインは硫黄が含まれます。硫黄は微量元素ですが、必須の元素なのです。

C719822aa0774653b3502ce043356f07 温泉は火山ガスで、ただ単に温められているだけではないのです。温泉には様々な成分が溶けていますが、海底の大量の生命体のエキスも含まれていると考えると、温泉に入ると元気になるのは当然でしょう。

| | コメント (0)

四季と神々


F7dcb5eaf0504697841ec3f6ece85d0a 日本の四季折々が明確に区別ができ、さらに火山噴火、台風、竜巻き、地震、土砂崩れ、津波、落雷、雪、雹など、、驚くべき自然です。その自然の強さに応じて、多くの人びとが亡くなってしまうのです。そのような世界に対して、ひとつの神様しか信仰しないとは、思えません。

太陽の神さま、月の神さま、風の神さま、海の神さま、湖の神さま、川の神さま、落雷の神さま、山の神さま、農作物の神さま、動物の神さま等、たくさんの神々、すなわち八百万(やおよろず)の神が存在するのです。そして、それぞれの神さまは、人間の五感で認識できますが、科学なかった頃は、嵐が突然起きたり、地震の後の津波は予想できないので、神々の意志によるものだろうと諦めていたのです。

すなわち、五感で認識できる驚異的な存在を日本では神として崇め立てられたのです。その流れで、偉大な事を成し遂げた人間も、死後に神さまとして祀られるのです。伊勢神宮(天照大御神)、出雲大社(大国主神)、大鳥神社(日本武尊)、明治神宮(明治天皇)、)法隆寺(聖徳太子)、太宰府天満宮(菅原道真)、高野山(弘法大師)、日光東照宮(徳川家康)などが人神です。人神は、その人の人生や人格が知られているので、人々が正月やお祭りに参加するのです。皆さん!初詣にお詣りしてくださいね!

ところが、四季折々の区別があまり無い世界の国々には、自然を中心とした八百万の神はいないのです。その結果、自己中の預言者(モーゼ、モハメッド…等)とされる人が作り出した「一神教」になるのです。一神教は、人間が作り上げた神様なので、規則や経典を作るのです。

Eb853859b78c4eb68f892e6ebdd48904 例えば、モーゼの作ったユダヤ教は、十戒を作りました。

 1.あなたは、わたしのほかに、何ものをも神としてはならない。(他にも神様が存在する可能性があると思われる)

 2.あなたは、自分のために、刻んだ像を作ってはならない。(人のためには、偶像を作ってもいいのか?)

 3.あなたは、あなたの神、主の名をみだりに唱えてはならない。(呼びたくても、本当の名前を教えてくれないので、呼べない)

 4.安息日を覚えて、これを聖とせよ。

 5.あなたの父と母を敬え。(人間として当然)

 6.あなたは、殺してはならない。(人間として当然)

 7.あなたは、姦淫してはならない。(人間として当然)

 8.あなたは、盗んではならない。(人間として当然)

 9.あなたは、隣人について、偽証してはならない。(人間として当然)

10.あなたは、隣人の家をむさぼってはならない。(人間として当然)

 これが「十戒」の本文です。

【1〜3】は、教祖であるモーゼの立場の考え方です。お願いできるのは、モーゼだけしか出来ないように、神様の正式の名前を教えてくれないのです。「ヤハウェ」という名称は仮の名前です。もしも本当の名前が知られたら、あらゆる人々が一斉にお願いするでしょう。すると、その神様はお願いをすべて叶えてくれるのでしょう。その結果、世間が混乱するのです。

【5〜10】は、道徳観のある人間であれば、当然です。しかし、それまでの旧約聖書では、洪水伝説やソドムとゴモラ伝説の二大都市破壊で多くの人々を神様が殺害しています。そんな神様が5〜10のような道徳的な注意点を告げるとは思えません。これも人間としてのモーゼの道徳的発想です。

お正月にお詣りして、お願いできるのは日本の八百万の神さまだけです。皆さん初詣をお勧めします。

| | コメント (0)

ユダヤ教の神さま

旧約聖書の「創世記」初めに、神さまが1週間かけて、この世界を作りました。天地創造です。その時のお話しです。天と地を創造後に見上げたら暗いので、「光あれ!」と神さまが唱えると、光が生まれて、昼と夜を分けたのです。6日間かけて、この世界の土台を作って、7日目に休んだのです。それが日曜日になったのです。それから考えると、カレンダーの「日→→→土」というのは、本当は「月→→→日」になるべきでしょう。

**********

創世記 第一章

はじめに神は天と地とを創造された。 

2 地は形なく、むなしく、やみが淵のおもてにあり、神の霊が水のおもてをおおっていた。 
3 神は「光あれ」と言われた。すると光があった。 
4 神はその光を見て、良しとされた。神はその光とやみとを分けられた。 
5 神は光を昼と名づけ、やみを夜と名づけられた。夕となり、また朝となった。第一日である。 

Asahi3_20191223102401

**********

空を見上げた時の神さまは、水に浮いた霊の状態で見上げられたのです。天と地を創造する前から、水は存在していたのです。神さまが水を作ったという記述はないので、神さまと水は同じ存在なのかもしれません。それから考えると、ユダヤ教の神さまは、「水の神さま」なのです。当然、海の神さまですし、水蒸気の雲の神さまですし、雲で作られる雷鳴りの神さまですし、雨の神さまですし、川や湖の神さまなのです。旧約聖書の洪水伝説も神さまの仕業です。

エジプトの王さまが、ある時、1週間以内に生まれたヘブライ人の乳児を殺害しろと命令したのです。その時に母親が生まれたばかりの子どもを助けるために河に流したのです。エジプト王室の関係者が拾い上げた子どもがモーゼだったのです。モーゼという意味は、河から救い上げた子どもという意味です。

566262d085544a06a440df6ccb8d2703

困難な環境からヘブライ人民族を救うために、エジプト王に懇願したのですが拒否されました。モーゼは神さま(ヤハウェ)の助けを借りてエジプトに危害を与えるために魔法を使いました。ナイル河を血のように真っ赤に染めて毒水に変え、たくさんのエジプト人が亡くなりました。霧が流れ、それを吸ったエジプト人の子どもたちは犠牲になりました。さらにカミナリが何回も落ち、たくさんの雹(ひよう)が降り注ぎ作物が採れなくなりました。エジプト王は、焦ってヘブライ民族の出エジプトを許可しました。途中気が変わり、モーゼたちを追跡させたのです。モーゼは追い詰められ逃げることの出来ない崖っぷちで、海を真っ二つにして逃げ道を作ったのです。ヤハウェから得られたどの魔法も、すべてが水に関与する魔法なのです。

E49f685ad1fc4a11850de4d0575543c1 また、水の神さまがエジプトからいなくなったので、エジプトは砂漠地帯になったのです。ピラミッドの 前にあるスフィンクスには、水に浸かった痕跡が残っているのです。

生命体は、水が無ければ生きていけないのですから、水を神さまとして拝むのも不思議ではありません。特に砂漠地帯をさまよい続けたユダヤ人が水の神さまを拝むのも当然でしょう。

最近では、バカな医師が、「水をたくさん飲みなさい!毎日2リットル以上飲めば、血液がサラサラになるから!」そのために、花粉症や過敏性腸症候群、熱中症になる人が多くなったのです。体内に多く余った水を排泄するために、花粉症や過敏性腸症候群になり、普段から水をたくさん飲むために、体内の有効な水代謝機能が乱れて、出す事だけに集中して、体内に水を有効に処置できなくなり、熱中症になるのです。

神さまである水をたくさんガバガバ飲めば、神さま許さないのでしょう。結果、天罰を受けるのも仕方がありません。水分は神さまのためにも、ほどほどに飲むようにしましょう。

 

| | コメント (0)

レントゲン検査の弊害?

6e924f682450408daaa7abe9ee4daa0f 健康診断や人間ドックなどで胸のレントゲン検査(胸部XP)を行います。特に、ガンの患者さんは、定期的に胸部XPを肺転移を確認するために行います。

ところが、レントゲン検査を拒否される患者さんが結構います。また、レントゲンで肺ガンができるからと言われる医師もいます。

私たちの日常環境では、太陽光線に放射線が混じっていますし、食べ物の中にも、わずかですが、放射性物質が混じっていて、それを私たちは食べているのです。

あるネズミの実験で、餌に放射性物質をゼロにしで、放射線が入らない特殊な部屋で飼育しました。すると、1週間もしない短期間でネズミは死んでしまったのです。

今から30年以上も前の1982年に台湾で建てられた1万人が居住するマンションがありました。建築後の10年後にそこに住んでいる子どもたちが、たまたまガイガーカウンター(放射線探知機)を手に入れて、遊んでいました。すると、驚いたことに、マンションのどこでもガイガーカウンターが「ガーガーガー」と大きな警笛を鳴らすのです。

そこで国が調べてみると、マンションの鉄骨の中に、建築業者のミスか不良品かで、放射性物質コバルト60が混入した鉄骨を使用してしまったのです。当然、マンションはすべて壊されました。そこで、興味を持った医師・研究者たちが、マンション住民のその後を10年間調査したのです。普通で考えれば、放射線を長期間大量に浴びたために、ガン患者さんが大量に発生すると思われたのです。………ところが、台湾の一般の人々のガン発生率と比較しても、一人もガン患者は出なかったのです。

それを機会に、微量放射線治療を実施する代替医療の医師たちが存在します。それを放射線ホルミシス研究と呼びます。有名な先生が、テレビにたびたび出演する川嶋朗先生です。昔、心身医学研究会の理事長で、私も理事のひとりでした。医療に関して仲良く議論していました。

5ed9921777d04a68b4a2cc994a08f449 放射線は体内の電解質や酵素やホルモンに当たると、イオン化させて活性化させるのです。その活性化がないと、生命は生きていけないのです。例えば、暖炉・溶解炉・火力発電機に燃料である木材・石油・石炭が入っていても、火を付けなければ、暖炉・溶解炉・火力発電機は活動しません。暖炉・溶解炉・火力発電機と木材・石油・石炭が生命体で、付け火が放射線と考えれば分かりやすいでしょう。適度の放射線を浴びなければ、人間は充実した生き方が出来ないのです。むしろ早く死んでしまうのです。

http://hinyoukika.cocolog-nifty.com/daitai/2008/11/post-22ce.html

旅客機のパイロットは、一般的にみんな長生きです。1万メートルの高さで飛行すると、陸上で浴びる放射線よりもはるかに多いのです。つまり、放射線をたくさん浴びることで長生きするのです。また、パイロット経験者は髪の毛が薄い人も多いのです(笑)。

以上の観点から、わざわざX線を浴びる必要はありませんが、太陽光線にも放射線が微量ながら入っています。お日様に毎日当たることは健康に良いのです。ですから、朝起きたら朝日を浴びて、お天気の日には、日光に当たるように、なるべく散歩をしましょう。また、最近話題になっている大人も子どもの「引きこもり」を続けると、陽の光を浴びないので、心身ともにダメになるのです。過去に原子爆弾を2つも被害を受けた日本では、放射線=悪の根源と思われても仕方ないのです。しかし、放射線の強さによって、さまざまな有効な現象があるのも事実です。

 

| | コメント (0)

お礼のご挨拶#2

大学の先輩で外科の医局長で懇意にしている先生がご自宅に帰りました。

Roujin

玄関のベルをピンポンと鳴らしました。「今帰ったよ。俺だよ。」「は〜い」と奥さまが扉を開けました。すると、ご主人の前に、初めて見たご老人が立っていたのです。

「あっ初めまして、私は先生にとてもお世話になった者です。今日、たまたまご一緒に来ることが出来ましたので、奥様にもお礼をと思い参りました。」

すると奥さまは、後ろのご主人に「あなた、今日どなたか亡くなられたの?」と質問すると、

66bc3e86cb3a4c348995d17b315f3ffb「ああ、末期ガンで長い間入院していたBさんが、残念ながら今日亡くなられたんだよ。」

すると奥さまは「あなたの前に、そのBさんがおられるわよ。」と言ったら、ご主人は驚いて、後ろに一歩二歩と引き下がりました。

奥さまは「わざわざ、ありがとうございます。主人に対する感謝の気持ちは十分承りました。でも家には小さい子供がいますので、自宅にあなたをお上げるすることはできません。お引き取り下さい。」

この奥さまは、以前から霊や悪霊を見ることが出来るご婦人なのです。彼女に言わせると、どんなに良い霊であっても、自己中なので、悪気なく平気で人に取り憑くのです。取り憑かれた人は、体の調子が悪くなったり気分が悪くなったりするのです。ですから、強気の言葉で拒否しなければならないのです。

 

 

| | コメント (0)

お礼のご挨拶

急病院で知り合った友人の脳神経外科医から聞いたお話しです。

Nock_20191216114101 東邦大学病院での当直していた時です。当直室のベッドで寝ていた深夜に、突然、当直室のドアがトントンとノックされたのでした。『こんな夜中に誰だよ!』と思いながらドアを開けると、入院患者さんがひとりで立っていました。

「どうしたの?こんな夜中に?」と言うと、
「先生ありがとうございました。今日これから、退院することになりました。」
「え〜!こんな夜中に?大丈夫?」
「はい、大丈夫です。入院中は本当にお世話になりました。とても感謝致しております。」
「それは本当に良かったね。看護ステーションでちゃんと許可をもらってね。」

388e9bfe96c144719461d53a710acc7e と言ってドアを閉めました。そして再びベッドに入って寝ると、『あれ〜?あの患者さんは確かICU(集中治療室)にいた筈なのに……?』と思い出した瞬間に、看護ステーションから当直室に電話が鳴りました。「今、Aさんが心停止になったので、すぐに来てください!」……『そうだ!さっきの人はAさんだ!』

 

 

| | コメント (0)

いい子いい子

 

Naderu

子供の頃、ほめてもらったり、なぐさめてもらったりする時に、頭をなでてもらうと、嬉しかったりホッとしました。ところが、成長とともに大人になると、他人から頭をいい子いい子となでてもらう事はありません。自分の手で自分の頭をなでても何の感激もありません。

その理由は、ワキの下をくすぐるのと同じです。ワキの下を自分の手でいじっても、何も感じませんが、他人にワキの下をいじられると、くすぐったいですよネ?それと同じです。

Nade4_20191206120101

自分の手を使って脇の下をいじっても、脇の下の感覚と手の動きが脳中枢を介してシンクロするので、何の感激も生じないのです。ところが、他人から脇の下をいじられると、他人の手の動きと脇の下の感覚がシンクロしないので、違和感やくすぐったくなるのです。それと同じで、自分の手で頭をなでても、自分の手と頭の感覚がシンクロするので、効果が得られないので、感情に響かないのです。

Nade6 その対策として、他人に頭をなでてもらうと嬉しいい感じになるのです。他人とは、奥さんやご主人やお子さんたちです。例えば、ストレスでうつ状態のご主人がいれば、奥さんやお子さんたちが「お父さん、気楽に行きましょうネ。」と言いながら、頭や背中をなでてあげれば、気持ちは楽になります。

8e73cb52db3346af834b1672f49798e9 ペットのネコや犬をなでてあげれば、とても喜びます。逆に『なでて!なでて!』と催促するのは、気持ちが楽になるからです。

病気で苦しんで悩んでいる方がいれば、「大丈い夫だよ、気楽にいきましょう。」と言いながら、頭や背中をなでてあげてください。

| | コメント (0)

七転び八起き#11

生涯ずーっと救急医でもいいかな?と思っていました。ところが、ある日のこと、私を指導してくれた千葉大出身の外科医部長が、私にナイショ話しをしてきたのです。「ある情報で知ったんだけど、いつか分からないけれど、この病院が警察に告訴されるらしい。今のうちに、この病院を辞める準備をした方が良いだろう」とささやかれたのです。部長のその言葉を信用した私は、早速、開業の準備を決心しました。

Cb7eefe2138746cfb1330d04bc1971bd

順調に進んで、無事に開業できました。そして、週に1回だけ救急病院に引き続き出張しました。そこで驚くべき事が分かりました。実は、以前にナイショ話しをした外科部長が、何と脅迫罪で警察署に逮捕されたのです。救急病院で亡くなった患者さんたちのカルテを何十冊も集めて、全て医療ミスが原因として、院長を脅迫して、自分が作る予定の救急病院の資金を稼ごうとしていたのです。

しかし、院長は救急病院で亡くなる患者さんが多いのは当たり前だと思い、すんなりと警察に届けたのです。その結果、部長医師は逮捕されたのです。結局、この医師が以前に私に話した事は、自分でやろうとしていた悪事だったのです。当時のテレビニュースにも週刊新潮にも記事として記載されました。結局、数年の有罪判決と執行猶予3年、医師免許停止になりました。

 

開業した時点では、総合診療をイメージして、外科、内科、整形外科、泌尿器科、リハビリテーションを掲げました。建築費と医療機械購入費とクリニックの当面の活動維持費でなんと2億4千万円も借金しました。開業したのがバブルが弾けた当時だったので、利息の支払いだけで毎月95万円以上でした。は〜⤵️_| ̄|○ 初年度は患者さんが当然そんなに訪れるわけもなく、少ない日で5人、多い日で20人くらいでしたから、毎月の支払いの時は戦々恐々としていました。当時は胃カメラ、胃のレントゲン、大腸造影など頻繁に行っていました。ところが、どう言う訳か整形外科の患者さんが多く訪れるようになり、1日150人もの患者さんがお越しになることもありました。そのためリハビリテーションの器械も次々にたくさん購入したのです。そうなると、患者さんをクスリやリハビリの器械だけで治療することが、医師でなくても出来るように思えて仕方がありませんでした。そこで鍼灸や整体術に興味を持ったのです。目の前の苦しんでるいる患者さんをその場で治してあげたいと思いました。

たまたま研修医の頃にお世話になった外来の看護主任が定年退職後に、整体術の指導を受けて私に紹介してくれたのです。それが整体術の師匠の唐山先生でした。

 

| | コメント (0)

七転び八起き#10

前回の記事のように、医師はたくさんの人を助けますが、その反対に人の死に立合うことも多いのです。テレビドラマでもないのに、私の体験した救急病院しかり、地方病院しかり、大学病院しかり、アルバイト病院しかりです。…医師になったので、これは仕方ないことです。普通は自分の人生しか見ないし体験しないのですが、医師はたくさんの人の人生を一緒に共有・体験するのです。しかもそれは、辛い体験だったり終末の体験です。その経験が多いほど、ヒトの命が見えてくるのかも知れません。逆に、辛い体験を共有したくないから、患者さんをモノとして、あるいは病気しか興味を持たない医師が増えてくるのです。

泌尿器科の手術テクニックと外科のテクニックは多少異なるのです。その救急病院では、千葉大出身でアメリカ研修の経験のある外科医と横浜市大の胸部外科の客員教授と中国の日本大使館専属の医師に指導を受けました。気胸、心膜血腫、肺ガン、胃潰瘍穿孔、十二指腸潰瘍穿孔、大腸ガン、大腸穿孔、ナイフでの切傷、気管切開、虫垂炎手術、胃カメラ、大腸カメラ、気管支鏡などたくさん行いました。さらには脳神経外科の手術にもちょっとだけ関与しました。

Atamapp ある日の夕方、工事中の作業員が屋根から転落したのです。その時に庭の鉄柵に頭が当たり、頭に鉄の棒が突き刺さった患者さんが救急病院に搬送されました。よく生きているな?と思いました。その病院の横には、脳神経外科病院が設置されています。脳神経外科の医師が、手術の麻酔をお願いしたいと言って来たのです。一人では手術はできないので、応援を頼んだが直ぐには来れない。手伝ってくれれば、応援が来るまで手術の助手をお願いしますと。私はすぐに受け入れて、患者さんの全身麻酔を行いました。麻酔器を自動に切り替えて、手術の助手になりました。頭蓋骨をまず開けます。電動ドリルで数か所に穴を開けます。初めてドリルを使うのですが、突き抜けて脳を傷つけたらどうしようと思っていましたが、穴が空いた瞬間に、ドリルは自動的に空回りするのでした。そして複数の穴を電動の糸ノコで切開して、蓋のように開けるのです。その時に応援の脳神経外科の先生が間に合ったので、私はお礼を言って退室しました。後日、その患者さんが病院で歩いている姿を見て感無量でした。

01e13d8c79a640179d110183307b4e2c また、いろいろな患者さんにも遭遇しました。胃潰瘍で入院していると思われた患者さんがおりました。胃カメラ検査を以前にも行っていたのですが、ハッキリとした胃潰瘍は認められませんでした。それでも胃の痛みはなくなりません。救急病院に勤め始めた頃のことでしたから、病棟回診の際に、腹部の触診をさせていただきました。すると『???』上腹部に塊が触れるのです。その患者さんは入院してから一度もお腹を触られていなかったのです。胃カメラですべてが分かると、みんなが思ってしまうのでした。そこでCT検査で行ったところ、スキルス胃ガンだったのです。開腹手術を行いましたが、胃の周り全てにスキルス胃ガンが浸潤していて、手術は断念しました。スキルス胃ガンで症状が出た時には、手遅れなのです。

最近の悪い慣習と同じです。PSA値が高いのに、最近の若い医師は前立腺の触診でまったくしないのです。ひたすらワンパターンで針生検!針生検!しか言わないのです。患者さんを医師が五感をフルに使ってみるべきです。この時にそのように自覚しました。

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧