イソフラボンに効果がある理由

Isofurabon1
 大豆イソフラボンに、ホルモン類似効果がある理由について解説しましょう。

 何十億年も前の時代に、単細胞が生まれました。当時は酸素呼吸をしない、鉄呼吸の生命だけでした。それから何億年も経過すると、突然変異で光合成を利用する植物細胞が生まれました。植物細胞は、日光エネルギーと二酸化炭素を使って、細胞のエネルギーと酸素を作ったのです。

 植物細胞が大量に作る酸素のために、鉄が酸化鉄になり海に沈殿しました。そのために鉄呼吸の生命体は鉄呼吸が出来ずに激減あるいは死滅したのです。しばらくしてから、人間の祖先である酸素呼吸の生命体が誕生しました。

 私たち酸素呼吸の動物細胞は、エネルギーを作ることが出来ませんでしたから、植物細胞に寄生して生きていいたのです。当然として植物細胞の成分を利用していましたから、動物細胞が進化するとともに植物細胞の成分をコピーして利用したのです。そのひとつがイソフラボンでした。

Isofurabon2 イソフラボンは植物のオリジナルの成分です。それを動物細胞がコピーして、自分に合った成分であるホルモン物質を作ったのです。さらに進化して男性ホルモンと女性ホルモンに分かれたのです。その共通の本質がイソフラボンですから、更年期が過ぎてホルモンが低下した人に、イソフラボンが効果が出るのは当然です。2枚目のイラストは私のイメージする大豆イソフラボンと女性ホルモンと男性ホルモンのイメージです。

Isofurabon5

 男性ホルモンのテストステロンと女性ホルモンのエストロゲンと、大豆イソフラボン(アグリコン型イソフラボン)の構造式を表示し比較しています。ホルモン構造式が似ていると思いませんか?

 以上の事から想像できるのは、植物細胞の成分が動物細胞である人間の細胞にもいろいろと影響するのかもしれません。ですから、更年期が過ぎて、いろいろな病気になった人には、イソフラボンのあらゆる効果が期待できるのです。大豆イソフラボンの服用で、女性の更年期障害が軽快し、男性の前立腺ガンほ発生率が低下し、女性の認知症の発生率が低下し、男性のうつ病を回避できるのです。

B7bae3241411421cb286c33d3b5a1936 ドクター・アグリマックスについてのお問い合わせは、https://draglymax.jp/にお願い致します。

| | コメント (1)

入浴に…

Furo2

   以前にご紹介したミネラルパウダーをご購入して頂いたのが、25人前後もいます。偶然にも25日も経過しています。

 今回、ミネラルパウダーを服用するだけでなく、お風呂に粉末していただければ、皮膚がとてもきれいになります。皮膚病が気になるお方は、試してみてください。

 お風呂に3回ほど振りかければ、少量ですが十分です。

| | コメント (1)

マナーズサウンド

Image_20201103192401 2015年の11月3日の祭日に、代替医療のマナーズサウンドの講演会がありました。その講演会に講師の一人として参加しました。

場所は新宿駅前の明治安田生命ホールで、マナーズ博士生誕100周年記念講演会が開催されたのです。

 この日のために腎不全で体調の悪い私が、主治医に無理言って入院を先延ばしにしていました。講演内容を練りに練って、何とか聞くに堪えうる出来の良いものになりました。

Ms20152

 代替医療であるマナーズサウンドの音源を利用して、血管年齢がどのように影響・効果を受けるかを解説しました。慢性前立腺炎の患者さんの治療効果についても症例発表をしました。持ち時間20分間をキッチリと使い話しました。本邦初公開の事実もあったので、内容に関する評価も上々で私の面目が保てました。

Ms2015100

 講演会がお開きになって、講師やアトラクションに参加した演奏家やお能の人たちも交えて記念撮影をしました。

 治療を受けた母子、花束を抱えている主催者の平田代表、東北大学教授、私、心理療法士、東京大学医師、能楽師の先生方の順で並んでいます。

 

 

 

 

| | コメント (0)

ミネラルパウダーの多孔性

 

Mineraru9  ミネラルパウダーの原石の特殊な花崗岩は、溶岩が発生した際に空気や水を含み、沸騰することで、溶岩の中に無数の空洞ができます。それを「多孔性」と言います。その岩石を粉々に砕いてパウダーにするのです。

 

 そのパウダーの粒は1㍉以下(0.1㍉〜0.3㍉)ですが、そんな小さな粒にもたくさんの空洞ができています。いわゆる多孔性の粉末です。

 

Mineraru10

 相対的に体表面積が多くなり、専門家によると、ミネラルパウダーで作成したす水道の浄水装置に設置されているセラミックス1個の1センチ四方の体表面積は、驚くことにテニスコート1面分にもなるそうです。ミネラルパウダーの一粒でも15センチ四方の面積があるのでしょう。そのすき間は、水分子よりもはるかに大きいので、水が自由に出入りします。相対的に細菌・ウィルスや塩素を吸収して、さらにミネラルが溶けやすくなるのです。

 ですから、ミネラルパウダーを飲み物にほんの少し振りかけるだけで、30粒だとして4m四方の体表面積が飲み物が入り、バイ菌・ウィルス・塩素・塩分・微細なゴミ・苦味物質を吸収して、飲み物がマイルドに衛生的になります。私はブラックコーヒーに、たった一振りでも、味がマイルドになり美味しくなります。

 また飲み物に、食事では得られない多彩なミネラルが溶け出るので健康にも良いでしょう。

| | コメント (0)

ガンの代替医療

 ガンが浸潤したり転移したりしている患者さんは、手術はできませんから、基本は抗がん剤治療です。しかし抗がん剤の効果はそこそこです。   

 もしも抗がん剤の効き目が効果的なら、手術をする訳がありません。抗がん剤は生物を殺す薬剤ですから、正常の細胞とガン細胞との微妙な差を考慮して投与するのですが、それほど格差が無ければ、正常の細胞もダメージを受けるのです。

Plasma3

 ガン細胞は酸素呼吸はしないで鉄呼吸を行い生きています。その鉄は赤血球を破壊してヘモグロビンから鉄を吸収するのです。鉄原子Fe2+を利用してFe3+に変化させてエネルギーe-を獲得して生きるのです。ですからガンの患者さんは、ひどい貧血になるのです。

 

 ❶プラズマ治療ては、大量のマイナス電子e-ををガン細胞に放射するのです。マイナス電子e-が鉄原子に当たると、Fe2+→Fe1+になり、Fe2+が少なくなります。ガン細胞はFe2+を利用しエネルギーを供給して生きているので、Fe2+が無くなると死んでしまいます。

Plasma4

 ❷体内の酸素ガスO2にプラズマ治療によって大量の⁻電子を供給すると、酸素ガスが分解して酸素イオンO-になります。この酸素イオンが他のl酸素分子と結合してオゾンO3になります。オゾンは多少結合しながら体内を移動します。通常の細胞は細胞膜がしっかりしていますから、オゾンに触れても問題がありません。ところがガン細胞の細胞膜は正常ではないので、オゾンが触れると分解して酸化の強い酸素イオンが放出され、癌細胞の細胞膜が変性します。それまで一見して正常の細胞と誤解されていたガン細胞が、異常細胞と白血球やマクロファージに認識されて、癌細胞が喰われて(貪食)しまうのです。

Plasma5_20201029172501 ❸プラズマ治療によって血液中に含まれる窒素ガスN2と酸素ガスO2が窒素イオンと酸素イオンに分解します。両者のイオンが結合して一酸化窒素NOになります。一酸化窒素はさまざまな生理的作用があります。
①血管の平滑筋の緊張を緩めて血流を良くします。血流の改善で、心筋梗塞・狭心症・脳梗塞の予防に、インポテンスを改善してくれます。
②血小板の凝集を抑えて血栓が作られないようにします。血栓ができにくくなりますから、心筋梗塞・狭心症・脳梗塞の予防になります。
③免疫のマクロファージ細胞内に存在して、バイ菌とウィルスを殺菌してくれます。
④一酸化窒素が鉄イオンと結合して酸化鉄(FeO・Fe2O3)を合成します。 ガン細胞は鉄呼吸で生きているので、鉄イオンが一酸化窒素NOと結合して酸化鉄になると、呼吸ができなくなり死滅します。またガン細胞の細胞膜が正常でないと、一酸化窒素によって酸化され変性します。免疫の白血球とマクロファージが異常細胞と認識して、ガン細胞が食べられてしまうのです。

5910dd7f1bf74e9a8d963d00d7745356

いろいろな意味で、ガン細胞の代替医療で、プラズマ治療はある程度有効と思われます。

| | コメント (0)

脊柱管狭窄症の治療

 0edf49df35b14ccca68235df4a7e50b7 脊柱管狭窄症の患者さんが、大病院の整形外科で手術をしても、痛み症状が治らないで当院に来院される方がいます。このイラストのように極端に圧迫された脊髄神経が、圧迫を除去しただけで、脊髄神経が再生できるでしょうか?一般的に神経細胞は再生しないと思われています。

 脊柱管狭窄の手術を行っても、痛めた神経細胞が回復しなければ、症状が無くなる訳がありません。すると整形外科医は、しばらく様子を見ましょうと言うのです。患者さんがら言えば、痛みを治すために手術をしたのに………😞

 基本から考えてみましょう。脊柱管の内膜が硬く厚くなって脊髄神経を圧迫するのです。当然、神経周囲の血流が圧迫されて血流が悪くなります。血流がなければ神経の機能は極端に低下します。血流によって神経内のミトコンドリアが活性化してエネルギーを放出して、それを使用して神経情報を電気で流すのです。

Plasma2

 神経細胞1個には、ミトコンドリアが1,000個以上存在します。普通の細胞1個には、ミトコンドリアは100個前後です。つまり神経細胞はかなりのエネルギーが必要な細胞なので、普通の細胞の10倍以上のミトコンドリアが存在するのです。

 このダメになった神経細胞の原因の一つが、ミトコンドリアの機能不全=エネルギー不足=神経の情報伝達の傷害と考えることができます。

 ところが、整形外科の医師は、神経は単なる生体電線だと思っているだけで、傷んだ神経を治す手段を持っていないため、ただただ様子を見ているだけです。

 そこで私はプラズマ療法を行うことにします。プラズマ治療は大量のマイナス電子e-を体に放射するのです。すると、生体内で色々な反応が起きます。感染した細菌やウィルスを殺菌してくれます。ガン細胞を抑え込んでくれます。オチンチンが立たない男性を立たせてくれます。そして神経痛の患者さんの痛みを治してくれるのです。

Plasma1_20201027094501

  脊柱管狭窄症の患者さんに毎週1回30分のプラズマ治療を行うと、2回〜3回の治療で痛みが軽減します。1ヶ月ほどでかなり軽快するので、その後は毎月1回に減らしても、そのまま持続できます。患者さんには喜んで頂いています。

 

| | コメント (0)

ミネラルパウダーの発売

Mineral   前にもお話ししたあらゆるミネラルが、70%〜0.001%まで含まれた「ミネラルパウダー」を今のところ当院だけで販売する事になりました。大量の成分だけが効果的とは限りません。微量なミネラルが著効することもあるのです。

 写真の容器にミネラルパウダーを入れて、毎回1振り〜2振り、コーヒー・お茶・ジュース・牛乳・味噌汁・スープに入れて頂ければ健康にとても効果的てす。この製品であれば、3ヶ月〜6ヶ月間使用できます。価格は1本2千円です。

 一番多いのが二酸化ケイ素SiO2です,これは水晶の成分です。代替医療では水晶は太陽光線のエネルギーを吸収して少しずつ発散してくれるとされています。ミネラルパウダーを体内に入れれば、外出して太陽光線を浴びれば、体にエネルギーが補充されます。微量のミネラルも人体を活性化してくれます。超微量の成分としてウランが含まれています。私がガイガーカウンターで放射線検査しても、放射線は確認できませんからご安心を。しかしながら、微量な放射線は本来は体を元気にしてくれます。ガイガーカウンターで測定できないほどの微量な放射線が放出してくれることを期待しています。高度の高い位置を毎日飛行している航空機のパイロットは、多くの方が長生きです。その理由は高度が高いと空気密度が少なく、太陽からの放射線をたくさん浴びるからです。体がいつもダルイ人、病気のある人、癌の人にオススメです。あらゆるミネラルが人体の酵素やホルモンを嬉しい事に活性化してくれます。

 

| | コメント (1)

プラズマ治療

5910dd7f1bf74e9a8d963d00d7745356 代替医療の中に、「プラズマ療法」があります。

マイナス電子e-を産生して人体に当てるのです。通常電子を作ると、プラス電子e+とマイナス電子e-があります。マイナス電子e-だけを抽出して身体に照射するのです。

❶このマイナス電子e-が、血液中の窒素ガスと酸素ガスに当たると、それぞれがイオン化してN+とO-になります。それが合体して一酸化窒素NOになるのです。一酸化窒素NOは動脈硬化の血管の緊張をゆるめるので血流が良くなります。心筋梗塞や脳梗塞の患者さんに当てれば、梗塞の再発を防ぐことができます。
❷白血球の体内で、一酸化窒素NOでバイ菌やウィルスを殺菌します。ですから感染者の患者さんにプラズマを照射すると感染症状は直ぐに軽快します。私が数年前にノロウイルスに感染して、嘔吐・下痢で苦しんでいた時に、プラズマ治療を30分受けたら、症状は一気に改善しました。
❸マイナス電子e-は、見方を変えるとエネルギーなのです。細胞のミトコンドリアにエネルギーを直接供給してくれます。そのため脊柱管狭窄症の足の痛み、性感がの無くなってしまった男女問わずにプラズマ照射すると、ビックリするほど軽快します。
❹一酸化窒素NOは動脈の血流を改善するので、インポテンツでオチンチンが柔らかいので悩んでいる人がプラズマ療法を受けるとおチンチンが硬くなります。
Tetukokyu ❺ガン細胞は無酸素呼吸をしてエネルギーを獲得しています。それが30億年前の原始生命の「鉄呼吸」と言います。鉄に含まれている電子e-を利用しているのです。ガン細胞は、赤血球を壊してヘモグロビンの鉄を吸収するのです。それが原因でガン患者さんは貧血になり易いのです。一般的な治療ではガン患者さんの貧血を治すために、点滴で鉄分を補給したり輸血をしますが、結果的にはガン細胞にエネルギーを供給することになってしまい、逆にガン細胞が増殖するのです。
 化学式では、Fe2+→Fe3+ ➕e-となり、このマイナス電子e-がエネルギーなのです。プラズマ療法でたくさんの電子e-を照射すると、Fe2+がFe3+になれなくなってしまいます。場合によっては、大量のマイナス電子e-がFe2+に供給されるので、Fe2+が無くなりすべてFe1+になってしまうのです。ガン細胞は鉄イオンを利用してでしかエネルギーが利用できないので、次第にやせ衰えるのです。
❻ガン細胞の周囲の正常の細胞のミトコンドリアにプラズマ療法でエネルギーを与えるので、周囲の細胞が強くなりガン細胞が抑えられてしまうのです。
❼ガン細胞を貪食する免疫細胞の白血球やマクロファージのミトコンドリアにも、エネルギーが供給されて、免疫細胞が力強くなるのです。当然ガン細胞を食べてくれます。

代替医療は100%の治療効果があるとは限りません。人体は複雑ですからね。さまざまな病気でなかなか治らない人は、試しにプラズマ療法を行ってみるといいでしょう。

| | コメント (0)