風邪が原因の激症型心筋炎

ある日の木曜日、近所の50代の男性が風邪で来院しました。診察室に入った瞬間、驚きました。患者さんの影が異常に「薄〜い」のです。私が薄く見えるヒトは、残りの寿命が半年しかないと、私は体験しているのです。重症の病気が隠れているのだろうと思い、いろいろ質問をしました。

すると、患者さんは、微熱と喉の痛みと軽い咳だと訴えました。「?」このような一般的な風邪症状では、致死率の高い病気とは思えません。さらに細かく質問しました。すると、「そう言えば、胸が少し重い感じがする。」と答えました。『心筋梗塞か?』と思い、心電図を計らしてもらいました。すると、心筋梗塞の波形ではないのですが、見た事のない不整脈だったのです。

私は心臓の専門医ではありませんから、分からないので、地元の心臓の専門医を紹介しました。帰り際、ニコニコしながら「大丈夫ですよね?先生」と言われて「大丈夫……。」と言いました。

4548e53791774d49827c6054f6c9a2dc 数日後、紹介した心臓の専門医から連絡がありました。木曜日に紹介した患者さんは、開業医レベルの医療施設では治療できないので、地元の日赤病院に当日入院したそうです。ところが重症になり、集中治療室ICUに入ったのです。そして、更に状態が悪化し、日赤病院でもコントロール出来なくなりました。仕方なく、高度の医療施設の別の病院に、日曜日に転院したのです。

そして転院した当日に患者さんは急死したのです。最終的に病名は「劇症型心筋炎」だったのです。その原因は風邪のウィルスなのです。そのウィルスの特定の名称は無いのです。劇症型心筋炎の治療法を調べると下記の如くです。
**********
心筋炎の中でも心臓の機能が極端にかつ急激に低下し、全身の循環が維持できなくなる場合を劇症型心筋炎と言います。強心剤、人工呼吸でも循環を維持できず、人工心肺装置を装着して心臓の回復を待つしかない場合もあります。風邪のような症状から突然心臓の機能が悪化し心停止にまで至る恐ろしい病気です。緊急での人工心肺装置として経皮的心肺補助装置(PCPS)を使用することが多くなります。数日から1週間程度で心臓の機能が回復することが多いのですが回復しない場合は左心人工補助装置あるいは両心人工補助装置を取り付けて、長期間心臓の回復を待つか心臓移植を待つかになる場合もあります。

**********
読んでお分かりのように、最新の人工心肺装置を使用して、心臓が自然回復するのをただ待っているだけです。病気の本質も考えない治療です。ある意味で医師として情けないです。・・・今回の新型コロナウィルス感染症と同じに思えます。重症化した肺炎の患者さんを人工心肺装置にかけて、・・・治らずに死にましたと言っているようなことです。劇症型心筋炎も新型肺炎も同じような系統のウィルスだったのでしょう。ただし新型コロナウィルスの方が感染力が強く拡散しやすいのでしょう。

| | コメント (0)

新たな病気への対応

病気の性格や欠点が不明の場合には、多くの病人の症状や経過から病気の本質を推理するしかありません。新たな病気の場合、既存の病気の知識だけでは対応できないことがあります。優秀な医師であっても、既存の病気の知識を正確に知っているだけで、新たな病気には対応できない医師がほとんどです。ですから、優秀な医師と密接な政府の制作が新型コロナウィルスを抑えられないのです。

今回の新型コロナウィルス感染症の対策も同じです。ワクチンや抗ウィルス剤が完成するまで、ジッと待っていたら、何万人も感染し亡くなってしまうでしょう。検査や外出禁止だけに固執しただけでは、何もせずに観察しているのと同じですから、犠牲者は増え続けるでしょう。

病気は、その人の体質による原因と、外からの生物学的刺激(病原菌・ウィルス)、物理的化学的刺激(外傷・火傷・化学薬品)による原因があります。しかし、原因を考えずに同じ病名であれば、同じ治療しか行わないので、犠牲者が多く出るのです。

新型コロナウィルス感染症のニュースで公表されている症状を挙げてみましょう。
❶高熱
❷肺炎
❸呼吸困難
❹嗅覚障害
❺味覚障害
❻心肺停止
❼高齢者が主で、小児にも出現

ここれらの症状から推理できることが次の通りです。

・高熱の場合、ウィルス反応→細菌反応→白血球の急増→無意味な過剰な炎症反応
・無菌による肺炎=原因不明の特発性肺炎
・呼吸困難は肺炎が長期間続くのが一般的ですが、コロナウィルスの場合では、突然起きて、心肺呼吸器を装着しても助けられません。
・嗅覚障害=原因不明の嗅覚障害、通常は心因性・ストレス性と診断されます。
・味覚障害=原因不明の味覚障害、やはり、心因性・ストレス性と診断されます。
・心肺停止=原因不明の激症型心筋炎、通常は風邪のウィルスが原因です。致死率は約50%です。
・高齢者=高齢者の原因不明の病気が多いのは免疫の低下ではなく、免疫のアンバランスです。

Crnsyst3 今回のコロナウィルスによる肺炎は、外からの生物学的刺激である感染症による肺炎です。通常のバイ菌が原因の細菌性肺炎の治療しているだけでは治らないのです。

❶感染防御
マスク・手洗い・うがいを常に行う。
❷コロナウィルスの殺菌
スーパー次亜水で室内をミストする。顔にミストを噴霧して、目をパチパチ、息を吸う。
❸自己免疫類似反応の防止
あらゆる自己免疫類似症状に対して、過剰免疫をコントロール出来るステロイドの吸入や注射を行なう。
❹外出禁止
屋外や屋内で感染者が居れば、コロナウィルスを拡散しているので、吸引すれば必ず感染するでしょう。
❺コロナウィルスの治療薬であるアビガンが6月末に販売されるそうです。それまで皆さん頑張りましょう

 

 

| | コメント (4)

症状から分かる新型コロナウィルス感染の特徴


Simura2お笑いタレントの志村けんさんが、お亡くなりました。長年の間、多くの日本人に喜びを与えていたお笑いタレントの良い人であったのに………😞。私も含め他人のために人生をかけて懸命に仕事をしている人も、寿命には関係ないのでしょう………😞。

ニュースによると、新型コロナウィルス感染の3割の感染者に、嗅覚障害や味覚障害の患者さんが存在します。また多くの肺炎患者さんの中で、一定の割合で人工呼吸器で治療しなければならない現実があります。

Crnsyst 一般的に人工呼吸器を使用する病気は、火災の呼吸器の熱傷・誤飲性肺炎・海で溺れて溺水性肺炎などで、呼吸器損傷の回復を待ったり、気管内の洗浄を維持するために、自発呼吸を筋弛緩剤注射薬で抑えて、人工呼吸器でコントロールするのです。

しかし、肺炎患者さんを人工呼吸器でコントロールする事は滅多にありません。恐らくは、新型コロナウィルスは、自発呼吸を麻痺させているのかもしれません。。

Crnsyst2 以上の症状のことから気がつくことがあります。嗅覚・味覚・呼吸システムのそれぞれの体内のセンサーが、コロナの感染により麻痺したのかもしれません。センサーを麻痺させることで、人体のシステムがウィルスに混乱させられているのかもしれません。

この特徴から治療法を考案しなければなりません。原因の分からない様々な病気の治療として、使用される治療法がステロイド治療です。コロナウィルスの正確な病理学的システムは不明ですが、根拠がなくても積極敵に実施するべきです。数回の専門家会議が行われていますが、経験の無い病気については何の結論も出ません。医師は教科書的な知識しか頼らないのです。

 

 

 

| | コメント (2)

ウィルス感染の実態

Crn 新型コロナウィルス感染症で世界中がパニックになっています。感染した場合に、人体の中はどのような現象が起きているかをイラストで示しました。

感染すると、免疫システムが反応します。先ずは抗体免疫が、ウィルスに応じた免疫抗体を作ります。そのために微熱が生じるのです。すると、4科~5日かけて抗体ができ始め、最終的にウィルスを攻撃して治ります。

免疫抗体が完成するまで、4日~5日のタイムラグがあるので、その間に補足の意味で、白血球免疫が作動します。そのために高熱になるのです。すると、白血球が大量に生産されます。

白血球はウィルスを殺害することは出来ませんから、体内の常在菌に反応して炎症が起きるのです。炎症はさらに白血球を刺激し、白血球が急増するのです。それが肺炎になる理由です。時間が経過すると、白血球が大量に分解破裂して、白血球内の毒素が大量に放出されて敗血症になり死に至るのです。

では、対処にはどうすれば良いと思いますか?高齢者がコロナウィルス感染した場合に死亡率が高いのは、抗体免疫が完成するまで時間がかかるので、白血球が大暴れして肺炎・敗血症を起こすからです。免疫抗体ができるまでの時間に、白血球の興奮を抑えてあげればいいのです。そのために、免疫の興奮を抑える免疫抑制剤であるステロイドを投与すれば良いのです。

コロナウィルス感染で亡くなる方は、ある意味で自己免疫疾患で亡くなったとも言えます。ところが、ウィルスは抗生剤は効かないし、免疫を上げなければならないからと言って、白血球を抑える抗生剤やステロイドを使用しないので、致死率が高くなるのです。

先日、足柄上病院で、コロナウィルス感染者三人に喘息治療薬であるステロイド吸入薬であるシクレソニドを使用したら、肺炎が治まった理由がこれです。

| | コメント (2)

ウィルス感染症

Coronafcell_20200327095701  ウィルスは自らの能力で子孫を作ることは出来ません。他の巨大な生物に寄生・感染・利用して子孫を増やすのです。ウィルスは単細胞生物です。ある意味で遺伝子と容器だけの生物です。生殖能力がある訳でもなく、ひたすら他の生物に感染するのです。

Coronafactory_20200327095701 感染された生物の細胞は、ある意味で工場です。工場の中枢センター(細胞内の核)に、ウィルスの遺伝子mRNAが侵入して、工場(細胞小管)の操作を変更してしまうのです。自分と同じ遺伝子mRNAと容器を作らせるのです。

遺伝子mRNAとウィルス容器が十分に完成されると、細胞(工場)を破壊して、さらに拡散するのです。

ウィルス感染の基本はすべて同じです。ただ、ウィルスの接触・侵入・コピーの程度、白血球免疫の影響程度などによって症状や悪性度が千差万別になるのです。インフルエンザの場合でも、高齢者は肺炎になることもありますが、さほど多くはありません。しかしコロナウィルスの場合は、高齢者が肺炎になることはニュースでも知られたことです。コロナウィルスの場合は、恐らく呼吸器感染がメインコースでしょう。ですから、ウィルスが呼吸器に侵入しないように、次亜水を積極的に噴霧して部屋の空気を積極的に殺菌すべきです。ところが現時点では、ウィルスのPCR検査だけに集中しているのは効果的ではありません。

 

| | コメント (0)

第一の目的は?

次亜塩素酸HCLOが、バイ菌やカビやウィルスの殺菌消毒に随分以前から使用されているのです。インフルエンザウィルスやノロウィルスの消毒にも使用されています。

予防のためにマスクをしたり手を洗浄して防護服を着ていた政府のスタッフがコロナウィルスに感染したのはニュースでも公表されています。したがって、一般的な予防対策では予防出来ないのです。その理由は、ウィルスの粒子が眼の角膜からも感染するからです。角膜に付着したウィルスは、汚れた涙となって、涙小菅→鼻涙菅→口腔内へと移動して感染するのです。

それを予防するためのエビデンス根拠がないので、何もしないでただ様子を見ていたので、感染がどんどん拡大したのです。

1f4cdaa464a94b2a8495300b973a3a25 通常の消毒剤の「次亜塩素酸」は、酸度強いので吸入したり角膜に付着することは出来ませんですが、家具やドアノブやトイレなどには気兼ねなく使用できます。
しかしながら、部屋などには通常噴霧することは出来ません。なぜなら、次亜塩素酸をそのまま吸入してしまうからです。吸入しても問題がないようにするためには、人体に悪影響がない工夫した弱酸性の次亜水に改良して、濃度も薄くすればいいのです。それが「スーパー次亜水」です。

医師も含め高学歴の人間は、他人が作ったエビデンス根拠がないと、自分では何もしないのです。何故なら、自分で考案した事を実行して、上手くいかないと、自分の責任になるからです。いろいろな事実を組み合わせて、人を助けるために実行するのであれば、失敗したとしても問題無いのです。エビデンス根拠は、様々な事実を組み合わせて積極的に自分で作るべきです。

 

| | コメント (2)

次亜水の安全性

Faa94c25e5234690b983240c7733e094 次亜水の安全性について解説しましょう。

バイ菌を食べて殺菌する好中球は、食べたバイ菌を次亜塩素酸で分解するのです。その化学反応は次のようです。

O2+酵素→O2-
O2-+H++酵素→H2O2(過酸化水素)

H2O2+Cl-+H++酵素→HOCL(次亜塩素酸)+H2O(水)

したがって体内では次亜塩素酸が年中利用されているのです。

ですから、他の消毒薬や殺菌剤に比べて安全性は高いのです。右のイラストで示すように、次亜水の効果と安全性は断トツです。


Jiasuiilast 次亜水は容易に次のように分解します。

2HClO(次亜塩素酸)→H2O(水)+O-(酸素原子)+2Cl-(塩素原子)

この塩素原子がウィルスに反応して殺菌するのです。また酸素原子も殺菌作用があります。

 

| | コメント (0)

新型コロナウィルスの重篤者の年齢傾向

インターネットのニュース記事に次のようなデータが記載されていました。

※※※※※※※※※※※
中国で新型コロナウイルスに感染し、死亡した人は高齢者に集中している――。1月30日までに亡くなった213人のうち、地方政府の発表や報道で、年齢や性別などがわかる54人分の個人データを朝日新聞が集計した。平均年齢は70歳で、65歳以上が約8割を占めた。専門家は抵抗力の弱い高齢者に対する周囲のケアが必要だと指摘する。

 中国政府は25日以降、死者の数などを発表しているが、それぞれの属性は明らかにしていない。朝日新聞は地方政府などが個別に発表しているデータを集計し、年齢や居住地、症状などがわかる死者の状況を調べた。

 54人のうち最年少は、感染者が最も多い湖北省武漢市から70キロ離れた天門市の31歳女性、最高齢は武漢市の89歳の男性2人。65歳以上が42人を占めた。新型肺炎については、中国当局も高齢者ほど感染による重症化のリスクが高いと指摘しており、それを裏付ける結果だ。※※※※※※※※※※※
この記事で分かる様に、新型コロナウィルス感染の重篤者は、65歳以上の高齢者が罹患するのです。一般的に高齢者は免疫力が低下するからだと思われています。しかし、肺炎は実は過度の免疫反応なのです。例えば、死んでいる人にコロナウィルスを浴びせても、肺炎にはなりませんよね?生きているから、肺炎になるのです。その理由は白血球が主役の細胞性免疫が過剰反応なのです。

では何故、白血球が過剰興奮するのでしょう。その理由は、抗体が主役の液性免疫が年齢とともに低下するからです。抗体の生産量が少ないと、白血球が主役の細胞性免疫をコントロールができないからです。ある意味で、白血球をコントロールできない自己免疫疾患なのです。治療としては、白血球免疫の抑制剤であるステロイドを使用すれば、改善するでしょう。

Menekiglaf

その理由を私の考えた年齢に応じた免疫の活性度を表したグラフで解説します。青い曲線グラフが抗体免疫(液性免疫)で、赤い曲線グラフが白血球免疫(細胞性免疫)を示しています。青年になるまでに両方の活性能力は高くなりますが、中年を過ぎると、どちらも下降低下します。しかし、システムが複雑な液性免疫は、年齢とともに急に下降します。細胞性免疫は、本能的な免疫なので、液性免疫ほど低下しません。すると、互いの免疫にある程度ギャップが発生するのです。すると、ウィルス感染しても、抗体免疫(液性免疫)がなかなか対応できないので、中枢神経は白血球免疫(細胞性免疫)に指示を出し続けるのです。その結果、まるで自己免疫疾患のように「肺炎」になってしまうのです。専門用語でサイトカインストーム(サイトカイン放出症候群、、生理活性物質による嵐)と言います。サイトカインとは生理活性物質の総称です。コロナウィルスは恐らくサイトカインの放出を過剰にさせる性質があるのでしょう。

ですから高齢者になる程、この現象が起きやすくなり、結果、高齢者の感染者が重篤になるのです。対策としては、ウィルスに効果のない抗生剤・抗菌剤を処方して、白血球と常在菌を抑えてあげるのです。そうすれば、白血球の過剰な興奮が抑えられ、その間に抗体免疫の効果を待つ時間を確保するのです。インフルエンザもSARSも今回の新型コロナウィルスも、白血球を興奮させて、ウィルスが繁殖しやすい環境を作っているのかもしれません。

 

 

| | コメント (1)

検査結果を100%信じないで……

今日のニュースによると、中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎を巡り、厚生労働省は4日、新たに3人の感染が確認されたと発表した。いずれも一度はウイルス検査で陰性になったが、再検査で陽性に変わった。国内の感染者は無症状の4人も含めて計23人になった。

Inf 一般的に、感染者の検査の陽性率は100%ではありません。例えばインフルエンザ・ウィルスの検査の陽性率は、70%~80%です。つまり感染患者さんのうち、検査しても20%~30%の患者さんは陰性と誤診されるのです。すると、医師は「インフルエンザではなく風邪だから様子を見ましょう」と対応するのです。

Nodo1 過去にインフルエンザにかかった高齢者が、検査して陰性だったから様子を見ましょうと言われて、翌日に肺炎になって亡くなられました。結果はインフルエンザだったのです。また、風邪症状が出て病院に行ったが、インフルエンザ検査で陰性だったので「風邪」だと診断されたヒトがいました。その後1カ月ほど体調が優れなかった。「今年の風邪は治りが悪いですね?」と話されていました。それは明らかにインフルエンザにかかって全身にウィルスが充満したからです。検査を100%信じてはいけないのです。

Nodo2 風邪とインフルエンザの患者さんの臨床的印象の違いは、次のようです。
❶顔が無表情・・・インフルエンザ
❷関節痛・・・インフルエンザ
❸38℃以上の高熱・・・インフルエンザ
❹全身倦怠感・・・インフルエンザ
❺軟口蓋の炎症所見・・・インフルエンザ(2番目のイラスト)
❻咽頭後壁の炎症所見・・・風邪(3番目のイラスト)

医師として五感を使って診断します。でも患者さんによっては、インフルエンザと診断しても、検査をしないと信じてもらえないのです。……検査結果しか信じないバカな医師と同じです。

| | コメント (1)

針生検の弊害

Wbc3_20200204172801 PSA値が高いことで、泌尿器科の医師はガン細胞を見つけるために、懸命に前立腺針生検を行います。

針生検を行うと、前立腺が10カ所(6本〜18本)近く傷だらけになります。傷に対して白血球が集まり炎症を起こします。傷のために損傷した細胞を貪食細胞(好中球、マクロファージ、樹状細胞)が集合して食べ、前立腺の外に運び出します。また、顆粒細胞(マスト細胞)も刺激され、炎症を起こし、貪食細胞を刺激し更に集めます。マクロファージは平滑筋細胞が変身する場合もありますから、針生検の後は大騒ぎです。もしもガン細胞が存在すれば、過剰に刺激されますから、悪性度の高まる可能性が出て来るのです。

貪食細胞で食べられたガン細胞は、その対処方法として、細胞分裂して細胞を増やすしかありません。密度が高く狭い前立腺の中で、貪食細胞が全ての癌細胞を捕獲できるとは思えません。その結果、生き残った癌細胞が増え、突然変異のガン細胞が生まれ悪性度が増すのです。PSA検査が全国に普及したために針生検の症例が増えて、その結果、前立腺ガンで死んでしまう患者さんが増えたと、私は考えています。

 

1975年の前立腺ガンの死亡者数は1,200人だったのが、2017年には12,000人を超えました。10倍にもなったのです。1990年ごろから、PSA検査が普及したために、針生検が増えたからでしょう。

 

これは泌尿器科学会では、非常識な考え方ですから、医師は誰も信じてくれません。ガン細胞を生き物ではなく、物として考えているので、無謀な検査をするのです。

 

| | コメント (0)