前立腺ガンの治療法

ガン細胞は針生検で刺激したり、男性ホルモンを極端に低下させるホルモン治療を実施すると、4、5年後には悪性度が高い去勢抵抗性前立腺ガンが生まれるのです。

❶それを避けるためには、針生検はしない。
❷触診だけで、前立腺ガンの状況を把握する。
❸男性ホルモンを低下させるホルモン治療を避ける。

具体的な治療法を解説しましょう。
⑴ エストラサイト
この薬剤は【女性ホルモン+抗がん剤】です。前立腺ガン細胞は男性ホルモンの低下に対して、極端に神経質になるのです。女性ホルモンが高くなっても、ガン細胞は無視するでしょう。しかしながらガン細胞は女性ホルモンを吸収して死滅するのです。さらに抗がん剤と一緒に細胞内に吸収されるので死滅の頻度が高くなります。
定型的な投与量は毎日4カプセルです。私はそれを毎週1カプセルあるいは2週間に1カプセル服用してもらいます。通常量では、ガン細胞が認識してしまい、細胞分裂や拒否反応=悪制度が増加するに決まっています。極端に少量であれば、ガン細胞が認識しなくなるので、拒否反応や細胞分裂が進行しません。
⑵ ザルティア
前立腺肥大症などの排尿傷害の治療薬です。この薬剤の作用は一酸化窒素NOで、全ての細胞を緩めリラックスさせるのでです。膀胱出口や前立腺の平滑筋をリラックスさせるので排尿が楽になるのです。この作用は前立腺ガン細胞もリラックスさせるので、治療薬を拒否抵抗しないで吸収するでしょう。エストラサイトに拒否反応しないように、同日に服用します。
⑶ イクスタンジ
ガン細胞が男性ホルモンを作る悪性度の高い去勢抵抗性前立腺ガン細胞を死滅させる薬剤です。男性ホルモンを作る細胞に吸収されて、男性ホルモンを分解する薬です。男性ホルモンが減少すれば、悪性度が低下するのです。
正式に処方量は毎日4カプセルです。前立腺ガン細胞の拒否反応を避けるために、毎週1カプセルあるいは2週間に1カプセル服用させます。

どうですか? ガン細胞の性格を考慮して治療するべきなのです。投与量が1/28〜1/56ですから、ガン細胞も気付かず、副作用もわずかしか出ないのです。

| | コメント (0)

触診の価値

Gigital 多くの泌尿器科医師が、PSA値が高くなった初診の患者さんに対して、前立腺の触診をしません。触診で確認出来ても出来なくても針生検で診断できるのだから、患者さんの肛門に指を入れて触診をするなんて無駄だと思っているのでしょう。

しかし、患者さんにとっては、入院して麻酔をかけて針生検をして、術後に出血をしたり急性前立腺炎や慢性前立腺炎になる患者さんが多くいます。ガンの発見だけを優先にしている事が常に正しいとは限らないのです。ステージ(Ⅰ)であれば、多くの患者さんは健康のヒトと寿命は同じです。

触診で判明することは、イラストの通りです。
❶硬さ
ⅰ)前立腺の硬さ、ⅱ)前立腺肥大症の硬さ、ⅲ)石の硬さに区別できます。正常の前立腺の硬さは低い悪性度でグリソン・スコアが5以下です。前立腺肥大症の硬さは中間の悪制度で、グリソン・スコアが6〜7程度です。石の硬さの悪性度は高く、グリソン・スコア8・9・10です。
❷表面の形状
ⅰ)滑らかなな場合は、ガン組織が前立腺を超えていないのでステージ(Ⅱ)になります。ⅱ)凸凹している場合は、悪性度が高く前立腺組織を超えていると考えステージ(Ⅲ)以上でしょう。

❸拡がり方
ⅰ)前立腺の右側だけか左側だけの場合は、悪性度が低めでステージ(Ⅱ)でしょう。ⅱ)左右両側に存在する場合には悪性度が高くステージ(Ⅲ)以上と判断します。

どうですか? 触診だけで、一瞬にして、かなりの情報が得られるでしょう。これだけで治療を開始できますね。私のマイルドな治療を開始すれば、悪性度が高くならない副作用も少ないのです。私の治療法は近日ご紹介致しましょう。

針生検で悪性度を確認しなくても、触診で判明するのです。しかしながら、触診で触れないガン細胞が稀に存在します。ある意味でステージ(1)です。その場合は、半年に一回の頻度で経過観察すれば良いのです。

| | コメント (0)

針生検してはダメ

Pcaratent PSA値が高いと、必ず針で前立腺の細胞検査を行います。ガン細胞を発見して、悪性度を確認するのです。一見まともですよね?

その後、何が起きると思いませんか?私だけの考えをお話ししましょう。

❶針生検でケガをした多くのガン細胞は免疫細胞(白血球・マクロファージ)が積極的に食べます(貪食)。ケガをしていない周囲のガン細胞は、『自分たちは消滅する!』と焦ります。
❷消滅しないためには、たくさんの細胞分裂をするのです。ガン細胞は均等な細胞分裂はできません。
❸結果、突然変異のガン細胞が生まれるのです。その中に自分たちのための男性ホルモンを作成するガン細胞=去勢抵抗性前立腺ガンになるのです。
Pcakyosei6 ❹針生検後にホルモン治療が始まります。1ヶ月〜3ヶ月に1回の注射で、男性ホルモンをゼロに近づけるホルモン注射をするのです。すると、男性ホルモンの極端な低下で、すべての前立腺細胞は次々と死にます。
❺その状況を知った前立腺ガン細胞は、さらにイラストのように細胞分裂に力を入れます。
❻結果,突然変異の去勢抵抗性前立腺ガンに変身するのです。


どうですか? 前立腺の針生検とホルモン注射は、人体生命を脅やかす可能性があるのです。ただし、この考え方は私独自のものです。一般の医師から見れば、私の考えは異常・勘違い・気狂いでしょうね。

0ead082be43448bd970b04f186f44b75 事実、60歳〜70歳で50%以上、80歳で80%以上もラテント癌が存在するのです。ですから、針生検をすれば、かなりの確率でガン細胞が発見されます。当然。上記の流れで治療するに決まっています。ですから、前立腺ガンで死亡する患者さんが増えいるのです。
泌尿器科学会はグラフで分かるように、近年、前立腺ガンの患者さんが何倍も増えているので、積極的にPSA検査を実施しましょうと宣伝しています。しかしグラフを見て分かるように、PSA検査が開発されて広まったために、見つけなくてもいい前立腺ガンがたくさん発見されたのです。結果、昔に比べて前立腺ガンで死亡する患者さんが10倍近くも増えたのです。

⑴そこでPSA値が高い場合、診察された泌尿器科医師に必ず前立腺の触診をしてもらい、ガンのシコリを見つけてもらいましょう。確認がなければ、針生検は拒否しましょう。
⑵もしも確認された場合は、常識的に【針生検➕ホルモン治療】になります。すると、最終的には去勢抵抗性前立腺ガンを作るのです。
⑶それをどうしても避けたいのであれば、高橋クリニックにお越し下さい。遠方の方でも、一度来院して頂ければ、2回目からは必要なお薬を着払いでお送り致します。
(…誤解しないで下さいね。これは商売のために宣伝している訳ではありません。あくまでも人命を助けるためです。私は持病で苦しんでいる医師です。たくさんの患者さんが来院されると疲れてしまうのですが…人助けの医師なのでで仕方がないですから)

 

 

 

| | コメント (1)

前立腺ガンの触診

最近の泌尿器科の医師は、PSA値が高くても前立腺の触診を実施しないで、即、針生検を行います。その理由は、触診でで前立腺ガンを触れなく確認できなくても、針生検で発見出来るからだと思っているのです。

大昔は、前立腺ガンの確認は触診と針生検しかなかったのです。当時はPSA検査が存在しませんでしたから、触診が重要だったのです。結果、針生検をしていませんでしたから、前立腺ガンの発見も少なく、前立腺ガンで亡くなられる人も少なかったのです。現在では、その他にエコーけんさとMRI検査で確認できます。しかし、一般的な泌尿器科医はエコーや触診では分からないと思っているのです。


Img_0663 先ずは、必ず触診を実施すれば、一定の確率でガンを確認できます。このグラフで分かるように悪性度と人数を計算すると、
❶悪性度の低いのが161例の20%が触診できない、
❷中間の悪性度が520例の10%が触診できない
❸高度の悪性度が350例の10%が触診できないとすると、
129+468+315=855/1031=83%
最低でも83%の人が触診で前立腺ガンが確認できます。最低でも83%の人が触診で前立腺ガンが確認できます。

Pcadig 触診のイメージはイラストのようです。80%〜90%は触診で確認できます。触診で硬さが判明すると、悪性度のグリソンスコアが判定できます。とても硬いと悪性度が高い、比較的に柔らかいと良性にに近いと判断します。

触診で分かりにくいのが右のイラストです。前立腺の外腺に存在する前立腺ガンは容易に確認できますが、右図のように内腺に存在すると触診では分かりにくいのがのです。

Pca30935petechops2

エコー検査で観察すると、前立腺ガンは真黒に見えます。前立腺は腺細胞と線維組織と平滑筋が混ざっていますから、エコー所見では白っぽく見えるのです。とところが前立腺ガンは、水々しいガン細胞だけが密集しているので、赤い矢印示すように黒く見えるのです。

ところが前立腺ガンはガン細胞だけで集合しているので、真黒にしかみえないのです。ちょうど見える尿の溜まっている膀胱と同じ色具合です。

Pca30935petps

この患者さんが他院でPET検査を行いました。前立腺の中に赤く見える部分が前立腺ガンです。この所見です。PET検査では前立腺の右中央にガンが存在するように見えますが、私の行ったエコー所見では、前立腺の外腺に存在することが分かります。

 

Psaorig

PSA値が高いと言う理由で、十分に調べもしないで、前立腺針生検する医師が多いのです。イラストに示すように、PSAが漏れ出て血液中に上昇するのは、前立腺カンだけではないのです。PSA開発当時は、前立腺ガンが独自にPSAを産生していると誤解されていたのです。それがキッカケでPSA=前立腺ガンだと思い込んでしまtったのです。

Psago 初回の針生検をした際に、ガン細胞を発見できない場合には、PSA値が高くなるので、何回も前立腺針生検をするバカな医師が存在します。一回の前立腺針生検で6か所~10か所以上も穴が開け有れます。前立腺内のタンパク分解酵素であるPSAがはりの跡を閉鎖させないのです。結果、PSAが常に漏れ出てしまうのです。バカな医師は、前立腺針生検の後に、今度こそ前立腺ガンが増悪していると誤解するのです。

 

 

 

| | コメント (0)

前立腺ガンの悪性度

Glison

 前立腺ガンは、悪性度が顕微鏡画像で5段階に分けられます。グリソ分類❶❷❸❹❺と決められています。それがイラストの通りです。

 

分類❶は、正常の細胞と同じで細胞の密度もほぼ正常です。
分類❷は、細胞が少し大小の違いがあり、細胞の密度がも隙間がでています。
分類❸は、大きさがまちまちで、5倍〜1/5倍の違いあり、細胞の密度は低いのです。
分類❹は、細胞膜の厚さがイビツで、密集して塊りになっている細胞もあります。
分類❺は、イビツに大きく固まった細胞だけです。

一人のた男性の前立腺ガンの組織が、全て同じではありません。少なくても2タイプのグリソン分類を足すのが、「グリソンスコア」と呼ばれます。いろいろなタイプを発見するために、前立腺針生検を医師は6回から18回もも刺して見つけようとするのです。その結果、文類の組み合わせで、


Img_0663 ❷+❸=グリソンスコア⑤高文化型(軽悪性度)
❸+❸=グリソンスコア⑥高文化型(軽悪性度)
❸+❹=グリソンスコア⑦中文化型(中間悪性度)
❹+❹=グリソンスコア⑧低文化型(高悪性度)
❹+❺=グリソンスコア⑨低文化型(高悪性度)
❺+❺=グリソンスコア⑩低文化型(高悪性度)

悪性度の違いによる5年10年生存率を示したグラフです。医師は針生検によって、事前に悪性度を確認して治療方針決めるのです。

ところが、グラフを見て、ある疑問を感じます。悪性度が軽症だろうが重症だろうが、針生検の確認後から生存率が、顕著に低下しているように見えるのです。

 

| | コメント (1)

去勢抵抗性前立腺ガンCRPCの防止

去勢抵抗性前立腺ガンCRPCのの原因は分からずに、泌尿器科学会は治療を続けています。

Akunin8_20201226093101  多数の去勢抵抗性前立腺ガンの患者さんの経過を観察すると、原因がだんだんと判明できます。イラストに示すように、PSA値が少しでも高くなると、何も考えずに針生検をするのが、一般的です。その結果、ガン細胞が傷つき、マクロファージに食べられます。

 その後、男性ホルモンを極端に低下させるホルモン治療を受けます。当然として、前立腺ガン細胞は次々に死にます。しかし、……しかしです、ガン細胞がすべて全滅する訳ではありません。何故かと言えば、ガン細胞は塊りです。ガンの塊りの中央と周囲の外側とでは、治療の効果は異なるのです。何故かと言うと、低男性ホルモンみ直接接触するのは周囲の外側のガン細胞細胞です。

Crpc2

 イラストで示すように、ガン細胞の「塊り」も中央部の細胞は、ホルモン治療の影響は受けにくいのです。それだけではありません。周囲の死亡したガン細胞を中央のガン細胞が認識します。当然として『どうしようか?何とかしなければ!』と思います。先ずは対策として、細胞分裂して細胞の数を増やすのです。細胞分裂が何回も繰り返すうちに、突然変異が起こり、それが去勢抵抗性前立腺ガンCRPCになるのです。

 

 ガン細胞の治療をしないではいられません。しかし。前立腺ガンの5年生存率・10年生存率は、ガンではなっかった健康あ男性とほぼ同じです。ですから正規の治療をするから悪性度の高い去勢抵抗性前立腺ガンになるのです。それを回避しながらも治療しなければなりません。

Crpc1

 イラスト画像を触れてください。イラストが拡大します。イラストの左側は正規の治療によって去勢抵抗性前立腺ガンが誕生する解説です。それを避けるために、せ正規の治療である男性ホルモンを極端に低下させてはいけません。そのために男性ホルモンを低下させないエストラサイトを処方します。エストラサイトは女性ホルモンと抗がん剤を合体させた薬です。

 

 男性ホルモンは低下させないので、ガン細胞は気がつかず、直ぐには死滅しません。男性の細胞であっても、女性ホルモンもレセプター受容体があります。その女性ホルモンで前立腺ガン細胞は死にます。この薬の正規の処方量は、毎日4カプセルですが、それでは生き残ったガン細胞が恐怖を感じて何とかしようとするに決まっています。それを避けるために、処方量を2週間に1カプセル、あるいは1週間に1カプセル投与するのです。すると、ガン細胞の塊りの中央のガン細胞が治療されている事を気がつかず、細胞分裂に力を入れないのです。その結果、ガン細胞の塊りが少しずつ小さくなり、さらに去勢抵抗性前立腺ガン細胞が生まれないのです。

次に去勢抵抗性前立腺ガン細胞が存在する可能性が高い場合には、エストラサイトの他にイクスタンジを処方します。この薬も正規の処方量は毎日4カプセルですが、エストラサイトご同じように2週間に1カプセル、あるいは1週間に1カプセル投与するのです。去勢抵抗性前立腺ガン細胞は、自分で男性ホルモンを作るので悪性度が増すのです。イクスタンジはガン細胞内で、男性ホルモンが作れないようにする薬です。悪性度が低下させるための治療です。

| | コメント (0)

去勢抵抗性前立腺ガンの原因

 

Pcakyosei_20201224122201

 ホルモン治療も効かない前立腺ガンが、治療を始めて5年前後で発生します。それを「去勢抵抗性前立腺ガン」と言います。この前立腺ガンは、ホルモン治療が次第に効かずに、新たに副作用の強い抗がん剤の治療を行いますが、残りの寿命は1年も長くなれないのです。

 では前立腺ガンは、何故このような悪性度の強い病気になってしまうのでしょう。

その理由をこ細かく解説します。

❶更年期を超えると、体内の男性ホルモンが低下します。前立腺は男性ホルモンが大好きなのです。なんとかしようします。
❷その結果、男性ホルモンを作る画期的な前立腺細胞を作ろうとするのです。それが前立腺ガン細胞です。
❸排尿障害があると、前立腺内に存在するPSA酵素が、前立腺から漏れ出てしまい血液中に染み込んでしまうのです。
❹血中濃度のPSA値が高くなるので、医師は触診もせずに前立腺ガンを単純に疑い、針生検をするのです。
❺すると、前立腺内に寝ていた悪性度に無関係の弱いガン細胞が傷付きます。
❻傷ついたガン細胞が免疫システムのマクロファージに攻撃され食べられてしまいます。
Akunin8_20201226093101 ❼周囲の針生検でケガをしなかったガン細胞が、危機感のある状況に対応して増殖します。
❽増殖=細胞分裂ですから、繰り返し繰り返しな何回も細胞分裂をすると、突然変異を起こします。
❾さらにホルモン治療で男性ホルモンが極端に低下して、たくさんのガン細胞が死に、もっと刺激されるのです。

➓遂に男性ホルモンを作る画期的な去勢抵抗性前立腺ガン細胞がと突然変異で誕生するのです。

 どうですか? どう考えても医師が何も考えずに定型的に行う検査と治療により、死に至る前立腺ガン患者さんを作ったことになるのです。この現象を注目して何故にその理由を深く深く考えないのでしょう。医師は常識的な事実だけで当然と思っていてはいけないのです。

| | コメント (0)

前立腺ガンの触診

Ganp1

 泌尿器科の医師が最近では、前立腺ガンの検査のために、直腸触診をしなくなりました。PSA値が少しでも高いと即、針生検を行うのです。触診で前立腺ガンが触れないような患者さんは、針生検で発見されると、悪性度に関係なくステージ1️⃣になります。ところが、ステージ1️⃣の患者さんの5年・10年の生存率は、健康な人と同じなのです。触診で触れない前立腺ガンは、針生検で見つける必要はないのです。

 

 前立腺ガンは通常、外腺に発生しますから、イラストのように触診で判断できるはずです。

Ganp2  しかし、外腺は2枚目のイラストのように、触診で全て触れる場所にある訳ではありません。触診に意味がないから針生検だけすればいいと医師が考えるので、触診をしなうなるのです。しかし、40年以上も泌尿器科医師をしていますが、外腺に存在して触診で触れない患者さんを経験をしたことがありません。

Ganp3 前立腺ガンが本来は外腺だけに発生する筈ですが、内腺にも出現します。しかし、イラストのように内腺に一個だけあるのを見たことがありません。内腺に前立腺ガンが発生した場合には、触診でもエコー検査でも確認できません。

Ganp4 前立腺肥大症の前立腺に無数のガンが存在することが稀にあります。触診しても肥大症の所見しかなかった患者さんが、PSA値が高いことが気になり、地元の泌尿器科で針生検したら、悪性度の高いガンがあったと、私に怒りの電話をしてきました。当然謝りましたが、悪性度の高いガン細胞を10本以上も刺しまくり、その後、通常のホルモン治療で悪性度がもっと高くなり、去勢抵抗性前立腺ガンになるでしょう。去勢抵抗性前立腺癌(ステージ④骨転移)の罹患率は前立腺ガンの13%、5年生存率は57%です。ステージ①②③の5年生存率・10年生存率は90%前後です。それも針生検を行いガン細胞の確定診断を行った症例です。

触診で触れない前立腺ガンは、半年〜1年間に1回の経過観察をすれば良いのです。針生検で見つけることで、刺激してしまうからです。確定診断は出来ますが、寝ていたガン細胞を起こすことになるのです。放置すれば、その人の本来の寿命を十分に全うできる筈です。

 

 

 

| | コメント (0)

PSA値と排尿障害

Psa1 PSA値が高くなり、前立腺針生検をされても前立腺ガンが発見されない患者さんが多く存在します。そして、その後、ガン細胞を発見するために、何回も前立腺針生検をされてしまうのです。

 排尿障害の無い健康な男性は、膀胱出口がイラストのように十分に開いてくれるので、腹圧の圧力がスムーズにオシッコを出します。

Psa2

 ところが、膀胱出口が十分に開かない排尿障害がある人の場合には、排尿時の腹圧が健康の人のようにスンナリと排尿にはなりません。その結果、前立腺に腹圧の圧力がかかり、前立腺内のPSAが前立腺から漏れ出て染み出して、血液に流れてしまうのです。その結果、血液検査のPSA値が高くなるのです。これは前立腺ガンではなく、医師に誤解されるのです。

Psa3

PSA値が高いから、前立腺ガンを疑い、針生検をされてしまいます。しかし、ガン細胞が発見されないと、「良かったですね。」と言いながら、『くそう〜!』と思いながら、PSA値が高かった理由を説明しないのです。その後も定期的にPSA検査を行い、前よりも高くなったから、「ガンが必ず存在します。見つけましょう!」と、何度も針生検をすすめるのです。

 針生検をされると、前立腺内に少なくても10個所以上も穴が開けられるのです。術後その穴が必ずしも閉じるとは限りません。そして排尿障害がある人は、腹圧によって前立腺が強く圧迫されるので、そこから前立腺内のPSAが漏れ出てしまいます。そして排尿の度にPSAが穴から漏れ続けるので、穴は閉じなくなります。そのため、針生検後には次第にPSA値が上昇するのです。その結果、何回も針生検をしましょうと言われるのです。4回も針生検をされた患者さんが来院したことがあります。最後の針生検で悪性度の低いガン細胞が見つかりました。針生検を行った医師は大喜びでした。

 実は針生検を何回も行ったことで、前立腺内の正常細胞が傷付き、たくさん死滅します。その結果、細胞を補充するために何回も細胞分裂が起きるのです。最終的に細胞分裂で突然変異が生まれて前立腺ガン細胞になってしまうのです。それが、4回目の針生検の前立腺ガン細胞なのです。ある意味で、針生検でガン細胞が生まれたとも考えられます。ある意味で、医師による犯罪とも言えますね?

| | コメント (0)

前立腺ガンの発生率が高い理由

02896912c3a240efba34b2d56cbba013 男性の80歳代の50%〜80%の高齢者に前立腺ガン(ラテント癌)が存在するとされています。発生学的に前立腺ガンは高い理由を私の考えで解説しましょう。
生涯の男性ホルモンの推移はグラフのようです。グラフのように大きな波があるのです。初めの①は、胎児が男性になるため、男性ホルモンが上昇します。次の②は出産前後に男性ホルモンが上昇します。③思春期から20歳までに男性ホルモンはMAXになります。


 前立腺には成長と共に、幾つかの男性ホルモンの負担がかかります。
Bphgai4❶胎児の初期に男性ホルモンが分泌されて、男子になれと命令されます。それが外腺(尾部前立腺)の初めての誕生なのです。前立腺は臨床的に考えると、内腺と外腺に分けることができます。発生学的に観察すると、最初に生まれるのが外腺(尾部前立腺)で次に生まれたのが内腺(移行領域)です。イラストで分かるように外腺(尾部前立腺)が大きいですね。先に発生したからです。

Bphgai5❷次に出産直前に、またもや男性ホルモンが上昇します。それが内腺(移行領域)の誕生です。胎児が出産前後に、内腺(移行領域)が次第に大きくなるのです。

Bphgai6❸誕生してから思春期を超えて二十歳まで、男性ホルモンはドンドン高くなります。そして思春期前後に、さらに大きくなるのです。最終的に内腺は尿道の全周に成長し、尾部前立腺は外側に追いやられるので、外腺と言う名称になるのです。このために前立腺が完成するのです。特に内腺(移行領域)が発達します。


Bphgai7❹40代までは、男性ホルモンはある程度維持できます。しかしながら、二十歳の頃よりは低下するので、内腺(移行領域)が前立腺液の生産の必要がなくなるので、線維化・筋肉化が始まり次第に大きくなり、前立腺肥大症になります。

❺更年期を過ぎると、男性ホルモンはさらに低下します。内腺がさらに大きくなり、前立腺肥大症になります。その結果、外腺は相当に物理的な圧迫をされるのです。当然ですが前立腺肥大症が完成します。

  以上の事から分かるように、前立腺の外腺は物理的にも刺激され続け、男性ホルモンの濃度の上下でも刺激され続けているのです。その結果、前立腺の外腺の細胞が変化して、遂に前立腺ガン細胞になるのです。他の臓器でこれほど負担のかかる臓器はありません。ですから、男性の80歳代50%〜80%にラテント癌が見つかるのも不思議ではありません。

 これまでの話しは、前立腺の外腺が誕生から成長し高齢者になるまで、ずっと刺激され続けていたということです。それほど長期間に渡って刺激され続けた正常組織が、何かに変化するかも知れませんね? それが前立腺ガンのキッカケかもしれません。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧