コロナ感染の後遺症

C51ddf95dd464a6ab253c9a726519714  先日のニュースで新型コロナウィルス感染から、救命できた患者さんの中には、後遺症で長期間苦しんでいる人々がおられます。その後遺症は次のようなものです。
❶味覚障害…知覚神経障害
❷嗅覚障害…知覚神経障害
❸全身倦怠感…筋肉の障害
❹発熱…免疫システムの興奮
❺頭痛…頭に存在する平滑筋が収縮する筋緊張性頭痛
❻呼吸痛…肺線維症・知覚神経障害
❼食欲不振…食欲中枢の神経障害・胃腸障害

06717aef4bfb4cf7a9bf972646e1adf4

 さて、これらの症状から予想できることがあります。多くは神経障害です。また、平滑筋という内蔵全ての筋肉の障害です。血管壁、肺の中に存在するベースである肺胞の壁などです。

 では何故、神経や平滑筋が障害を受けるのでしょう?恐らく、感染すると、一個の細胞ばかりだけではなく、多数の細胞がコロナウィルスで傷つく、いや損傷するのです。コロナウィルスは細胞内に侵入すると、細胞の核に入り、自分の体を人体の細胞にたくさん創らせ増殖るのです。そして最後に細胞を破壊して拡散するのです。

7f9426f8d7b44e6580143d54ac077a4e  そこで拡散して周囲の細胞に次々に感染して、多くの細胞を破壊します。初めの感染が神経であれば次々に神経を破壊します。平滑筋であれば次々に平滑筋を破壊します。

Nursm  人間の健康は、ぁらゆる分野が微妙なバランスで成り立っています。一つの分野でアンバランスになると、全身がアンバランスになるのです。

 例えば、神経がコロナウィルスで障害を受けると、その神経に支配されている平滑筋や知覚が麻痺します。それが味覚障害¥嗅覚障害・深部神経麻痺になるのです。平滑筋は血管壁・消化管壁・気管支肺胞壁にありますから、血流障害呼吸障害になるのです。脳の血流が必要な時に、平滑筋が弛緩して動脈を拡張しなければ、頭痛が起きても不思議ではありません。 また、神経ではなく、平滑筋が障害を受けても同じことが起きるのです。司令塔の神経がダメになっても、手下の平滑筋がダメになっても同じことです。

Crnkoisyo  一例を上げれば、血管である動脈を支配する自律神経がコロナウィルスでダメージを受けたとすれば、動脈の平滑筋をコントロール出来なくなり、その結果、動脈の収縮・弛緩が出来なくなります。組織が酸素やブドウ糖が必要な時に、十分血流が流れませんから、組織が訴えます。それが頭痛だったり倦怠感だったりするのです。そして、逆に平滑筋がコロナウィルスでダメージを受ければ、自律神経のコントロールに反応しないために、やはり同じ症状になるのです。

 さらに、新型コロナウィルスにおけるいろいろな治療薬が、副作用として全ての細胞内のミトコンドリアをダメにするリスクがあるので、細胞内のエネルギーが作られなくなります。それも、これらの後遺症の可能性がありますね。ある意味で医療による後遺症とも言えます。



| | コメント (0)

中日新聞の記事

521016fc1a0a4962af67d3265cf3536b 新型コロナウイルスの感染拡大に伴うアルコール消毒液の代替品として注目を集める「次亜塩素酸水」。効果や安全性を疑問視する議論もあったが、製品評価技術基盤機構(NITE)は二十六日、一定の条件付きで「消毒に有効」との最終報告を発表した。県内市町の中で独自に次亜塩素酸水を生成し、住民に無料配布してきた川北町の関係者は胸をなで下ろす。(平井剛)
 「発表を聞いて安心した。体に有害な物を配っているのでは、と思われるのが怖かったので」。町福祉課の村田真寿美課長は話す。
 町が次亜塩素酸水の生成を始めたのは四月十七日。アルコール消毒液が店頭で入手困難になったため、生成器一台を町保健センターに設置。同月末に二台追加して町民に配布を始めた。
 だが、取り扱いに注意が必要な次亜塩素酸ナトリウムと混同した使用や「有効性は確認されていない」とするNITEの中間報告(五月二十九日)、さらに文部科学省が六月四日に学校での噴霧使用に注意を促したことで流れは一変。効果や安全性を疑問視する声が高まった。
 町は六月以降も週二回、生成日を設けて配布を続けている。村田課長は「五月中は一日約百人が受け取りに来たが、報道などの影響で三十〜四十人に減った。それでも苦情などはなかった」と語る。
 NITEの最終報告を受け、町は今後も配布を継続する。ただし、新型コロナへの消毒効果には一定の条件がある。村田課長は「流水での使用なら何ら問題ない」とした上で「コロナに限らず、インフルエンザウイルスや食中毒を引き起こすノロウイルス、黄色ブドウ球菌などにも有効とされている。身の回りを清潔に保つために次亜塩素酸水を使ってほしい」と話す。

能美市は「再開未定」

 能美市も五月十三日に次亜塩素酸水の生成と配布を始めたが、同三十日から休止している。危機管理課の担当者は「配布再開はまだ決めていない」と答えた。

 次亜塩素酸水 次亜塩素酸(HCIO)を主成分とする水溶液。消毒用に流水で掛け流す場合は有効塩素濃度35ppm(1ppmは0.0001%)以上で掛け流しを20秒以上行い、拭き掃除の場合は80ppm以上で物の表面をひたひたにぬらす必要がある。川北町が生成しているのは60ppm。

+++++++++++++++

徐々に次亜塩素酸水・次亜水が公で、認めて頂いて嬉しい限りです。噴霧やミストも認可されると良いですね。

| | コメント (0)

熱中症とコロナ感染の鑑別

Faeb49683cd04b1383a683bb542657a9

 発熱があると、熱中症とコロナ感染の区別がつかないので、搬送するべき病院の選択が困り、無駄な時間が長くなるので、それぞれの患者さんが重症化してしまいます。熱中症の場合は急いで治療しなければ、患者さんは亡くなってしまいます。逆にコロナ感染の場合は、タイムラグがありますから、急死することはないのですが、タイミングを間違えると、重症化して呼吸困難の重症肺炎になります。

 では、どのように鑑別すればいいのでしょう。
❶熱中症
体温が上昇し、さらに脱水するので全身倦怠感が強く、会話することも出来ません。
9e26c2fa4ef7490a9d8d80ad7019285e

❷コロナ感染症
ある意味で、感染者がウィルスに支配されていますから、顔が無表情=人間ではない=ロボットの様=無機質に近いので、人間性の個性的な表情がなくなるのです。笑顔・疲労感・辛そうな表情では無くなるのです。インフルエンザの患者さんの場合、私がよく経験することです。

Facem

 ですから、患者さんを一目見ただけで、検査をしなくても判断できます。ここまでは医学的根拠が漠然としているので、もう少し詳しく解説しましょう。

 では何故にウィルス感染症の場合、顔に表情が無くなるのでしょう。このイラストは表情筋を示しています。表情筋はすべて皮膚だけに繋がっている横紋筋なのです。通常の横紋筋=骨格筋は関節を挟んで骨と骨との間に存在します。決まった方向に動かすだけですから、通常の骨格筋の動きはとても単純です。

Facebrain  ところが表情筋はイラストを見て分かるように、18種類の多数の表情筋と互いに連絡しています。当然動きは複雑です。苦笑・大笑い・悲しみ・ガッカリ・怒り・驚き・喜び・幸せ・号泣・軽蔑などあらゆる表情を作成するのです。表情筋同士が微妙に動きを調整するのです。その神経支配が脳中枢の感情を支配する前頭連合野です。イラストの9番と11番です。

Facem4  表情に関連した交感神経は、興奮すると白血球=好中球を増やし、リンパ球を少なくするのです。逆に副交感神経は白血球を少なくして、リンパ球を増やすのです。ですから、ウィルス感染の場合は、交感神経が抑制され、副交感神経が強化されるのです。ところが、新型コロナウィルスは、白血球免疫を興奮させるので、交感神経は徹底的に抑えられます。

 交感神経は悲しみ・喜び・怒りなどのあらゆる感情を支持します。ウィルス感染症に対しては、液性免疫=抗体免疫=リンパ球をたくさん使用するので、当然として、交感神経と密接に関与している表情筋も抑制されてしまい無表情になるのです。

 熱中症の場合は、炎天下の中で運動や労作業をしているので、交感神経が徹底的に使用されます。高温で湿度が高いために、体はたくさんの汗をかきます。これも交感神経の仕事です。体内の水分循環が不全になり、熱中症になるのです。当然、交感神経も極度の疲労で働かなくなり、血圧は下がり無表情になりますが、過度の疲労という表情です。

| | コメント (0)

ステロイドの有効性

ステロイドに治療効果 新型コロナ患者の死亡低下治験

 【ロンドン時事】新型コロナウイルス感染症の治療法確立に向けた臨床試験が英国で行われ、安価で入手しやすいステロイド薬に重症患者の死亡率を低下させる効果があることが分かった。英オックスフォード大の研究者らが16日発表した。

 治験では、人工呼吸器を装着した患者らを対象にステロイド薬「デキサメタゾン」の効果を調べた。通常の処置を受けたグループは28日以内の死亡率が41%だったのに対し、デキサメタゾンを10日間投与されたグループの死亡率はこれを3分の1下回った。

 酸素治療を受けている患者を対象とした治験でも、ステロイドを投与されたグループの死亡率は2割低かった。ただ、呼吸機能に問題のない患者には投薬効果がなかった。

B058a6cbdf1842a58c9f87c44010ddb2 【解説】
私の考えでは、新型コロナウィルスは、体内の白血球免疫を過剰興奮させて、まるで自己免疫疾患のようにして自分自身を攻撃してしまい、重症化するのです。それを防止するために免疫抑制効果のあるステロイドを投与すれば、死亡率が低下するのです。
しかし、ステロイドの内服では胃潰瘍になる事があるので、私はステロイドの注射か、気管支喘息のステロイドの吸入薬を勧めます。

| | コメント (0)

次亜水の悪評価の影響

Crngrp  昨日の6月14日の感染者数は75人でした。

 経済産業省が5月29日に、次亜水の悪評価を行いました。その2週間以上経過した昨日の感染者数が増えたのです。私の身勝手な想像ですが、経済産業省の行為で、それまで次亜水を使用していた人々が、公表を信じて次亜水の噴霧を止めた人が多くいたのかもしれません。その結果、コロナウィルスに感染した人が増えたのかも知れないのです。(笑)

 今後も増え続けるでしょう。ちなみに、6月15日は71人でした。

| | コメント (2)

世界の新型コロナウィルス感染

Coronasekai

 世界中に拡散した新型コロナウィルスは、未だに継続しています。この表は、主な国の感染者数と死亡者数を示しています。アメリカ合衆国では、感染者数が209万人、死亡者数が11万6千人にもなりました。アメリカ合衆国の感染者が多いのは、習慣と国政によるものです。アメリカ人は握手・キス・ハグしますから、接触感染が増えるに決まっています。外出から自宅に帰宅しても、土足のまま自宅に入るので、靴底に付着したコロナウィルスが部屋中いっぱいになります。帰宅しても手を洗いませんし、うがいもしませんん。また、全国民が保険に入っている訳ではなく、金持ちだけが任意保険に入っているだけです。結果、インフルエンザのワクチンやBCGワクチンもほとんどの国民が接種していません。コロナウィルスの細胞膜と共通のインフルエンザウィルスや結核菌のタンパク質が存在すれば、ワクチン接種の経験のある人は感染しないのですが、多くの人が高額なので接種はしていないのです。

ロシアとインドは、感染者がそれぞれ51万人と29万人もいますが、死亡者数が6,713人と8,493人と少ないのです。ロシアは、持病のあり感染者が亡くなると、死因を持病のせいにしているらしいのです。インドは何故でしょうか?

 新型コロナウィルスの発生元である中国では、23.2万人、死者数は4,632人とされていますが、どうも信用ができないようです。ですから、この表には省かれています。日本は、世界で45位前後です。もっと少ない国は百カ国以上もありますが、先進国ではなく、また中国人のたくさんの旅行者が行かなかった場所だからでしょう。
 ドイツは日本と同じで土足で自宅には上がりませんが、日本と違い玄関がバリアフリーなので、ウィルスは侵入しやすいでしょう。

 何故、先進国である日本が感染者数と死亡者数が極端に少ないのでしょう。日本政府が、中国と同様に虚偽の報告をしているとは思えません。検査が少ないからだと世界は疑問視していますが、仮に検査が普及していないからだとすれば、感染による死亡者数はもっと増える筈です。日本では原因不明で亡くなられた方を、原因追及せずに放置することは考えられません。日本の感染死亡者数が少ないのは、感染者数が実際に少ないからです。

では、何故日本では感染者数が少ないのでしょう。それは、新型コロナウィルスと日本の習慣との相性が合わないからです。

798f691d280f47a58a7744d2312b3069 ❶土足で自宅に上がらない。玄関と室内は段差になっていて、バリアフリーではない。
❷挨拶はお辞儀だけ。キス・握手・ハグはしません。
❸帰宅したら、手を洗い・うがいをします。海外では、そのような習慣はありませんし、水道水が清潔ではない。
❹マスクすることに抵抗はない。
❺政府の指示を国民が、ほぼほぼ守る。
❻国民のほぼ全員が健康保険に介入しており、様々な感染症のワクチンを過去に受けた経験が多い。
❼日本語は大声で会話しなくても通じる。
❽日本の天気によって、コロナウィルスが拡散しにくい。雨によって洗い流され、お天気の日は太陽光の紫外線で殺菌され、湿度が高いとエアロゾルに水分が集まり落下して浮遊しない。
❾日本の水道水のように、そのまま安心して飲めるのは日本だけ。日本の水道水は塩素が含まれており、コロナウィルスも殺菌される。
❿下水道を完全に消毒するのは日本だけ。
⓫日本の歩道や車道にはゴミがほとんどない。ゴミがあると、コロナウィルスが長時間付着する。

日本の習慣・環境は、世界とこれほど違うのです。先進国の中でも、驚くことでしょう。もしかすると、仏教の極楽とは日本のことだったのかも知れません。江戸時代にアメリカ人が日本を訪問した際に、高度文明ではなかったけれど、その環境の良さと国民の誠実さに驚いていたのです。

 

 

 

 

 

| | コメント (1)

東京新聞の政府寄りの記事

F0088a6ba659454dbf8636b15c2de9f0 今日の東京新聞の記事で、6月11日の次亜水チームの反論に対して、下記の記事が記載されました。

+++++++++++++++

 感染症対策コンサルタントの堀成美氏は「新型コロナ感染の危険性が最も高い病院でさえ、次亜塩素酸水を含むあらゆる消毒液の噴霧などしていないのに」とこの騒動にあきれた様子だ。「新型コロナが存在しない家庭や職場、飲食店などで次亜塩素酸水を噴霧する必要などないし、そもそも新型コロナは飛沫か接触で感染するもので、空気感染しない」と説明する。
【解説】
有名な病院に次亜水が設置されていないから、医療崩壊になりつつあるのです。飛沫でエアロゾルになり空中を3時間近く浮遊するから空気感染するのです。」

 医療ジャーナリストの油井香代子氏は「院長らが個人で判断できるクリニックなど小さな医療機関では次亜塩素酸水を消毒などに使う所があるが、公立など大きな病院は次亜塩素酸水を使っていない。有効性や安全性のエビデンス(科学的根拠)がないからだ」と指摘。「同会議が有効性があるとする一つの実験データだけではエビデンスにならず、省庁や公的機関が『お墨付き』を出すわけにはいかない。いくつものデータが積み重ねられなくてはならない」と話す。
【解説】
大きな病院で次亜水を使っていないから、感染者が増えるのです。数少ないエビデンスだろうと、少しでも感染症wl減らすために、いろいろと工夫すべきだろう。ジックリと待つだけなら、素人と同じだろう。」

 有効性が不確かな情報に振り回されないためにはどうすればいいのか。油井氏は「省庁や公的な病院など信頼できる機関が明らかにしているものを読み、基本的な知識を身に付けることが必要だ」と話した。
【解説】
信頼できる機関がダメだから、こんな結果になったのです。

+++++++++++++++

この記事は、どう考えても政府寄りです。

| | コメント (2)

次亜水の反論ニュース

980be7e2c9d34227994520e8ca99a88b  殺菌・ウイルス不活化効果が強いとされ、新型コロナウイルス感染拡大対策の一つとして注目される次亜塩素酸水の普及を目指す研究者ら有志でつくる「次亜塩素酸水溶液普及策晋会議」は11日、東京都内で記者会見を開いた。次亜塩素酸水は新型コロナウイルスに効果がなく、空間噴霧が有害だとするような報道は「明らかな誤報」だと主張するアピールを行った。


 記者会見で
三重大大学院教授の福崎智司教授は空間噴霧による付着菌除去の効果を説明し、「濃度を制御して使えば人体に影響はない」と述べた。


56bbc7bb1d904fbfb6f3e35536fb8d42  北海道大名誉教授の玉城英彦氏は、コロナウイルスへの有効性を検証中の独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)と同じ方法による実証実験の結果、次亜塩素酸水により瞬時に不活化したと明らかにし、「帯広畜産大の実験でも同様の結果が出ている」と語った。


 
東工大特任教授の奈良林正氏は、米国では環境保護庁、疾病予防管理センター(CDC)、海運局などで次亜塩素酸水がコロナ対策に採用され、中国国家衛生健康委員会の消毒指針は「空気や手、皮膚、粘膜」などの消毒剤として有効と記ていることを紹介した。


 また、普及促進会議はこのほか政府に「国民の命と健康を守るため医療機関、高齢者施設、防災避難所をはじめとする必要な箇所への次亜塩素酸水溶液の配布と備蓄を進めてもらいたい」と求めている。

996ac14a5ba6412683952335125f9ce5  この問題をめぐっては、NITEが5月29日に公表した中間報告で、有効性や安全性が確認されていないと継続検証の必要性を指摘した。これを受けて文部科学省が、児童生徒の前で次亜塩素酸水を噴霧しないよう求める通知を出すなど混乱が起きていた。(産経新聞)

4a4763aeb6cf419393a3de26865f00e4 【解説】
やっと、本当にやっと次亜水の本質を公表してくれました。あらゆる公共施設に次亜水ミスト噴霧器を設置してくれれば、コロナウィルス感染者は激減するはずです。

| | コメント (3)

本日6月11日記者会見の内容


次亜塩素酸水溶液の新型コロナウイルスへの有効性と空間噴霧の安全性についての科学者による記者会見について

標記につきまして、NITEの中間発表に端を発した一部誤報から広がった次亜塩素酸水溶液の有効性と空間噴霧の安全性について誤った風評が広がっています。
この風評による混乱でこれからの感染防止と新しい社会生活での有効な除菌液の活用が阻害されて国民・児童に感染が広がることに危機感を持った科学者が研究成果とアピールを発表。 次亜塩素酸水溶液の活用の普及に取り組む、学者、メーカー、ユーザー等有志による「次亜塩素酸水溶液普及促進会議」がアピールと公開質問状を発表します
※「次亜塩素酸水溶液普及促進会議」は新型コロナウイルス感染拡大防止に期待されている次亜塩素酸水溶液の普及と正しい使い方の啓発等を目的として設立した有志団体です。

NITEのファクトシートに研究の一部を掲載された三重大学福﨑教授は次亜塩素酸水溶液の有効性と安全性の研究成果を解説し、北海道大学名誉教授で6月1日にNITEと同条件下の試験で次亜塩素酸水溶液は新型コロナウイルスの不活化に有効だったという試験結果を発表した玉城先生は沖縄からテレビ出席していただく予定です。

東京工業大学の奈良林特任教授からは空間噴霧の現状と海外事例などの紹介をします。

+++++++++++++++

日時:  6月11日(木) 11:00~12:00

会場: TKPガーデンシティPREMIAM丸の内パシフィックセンチュリープレイス

13階 ホール13A   東京都千代田区丸の内1丁目11番1号

次第:

11:00  会見趣旨説明・アピール

          次亜塩素酸水溶液普及促進会議代表 越智文雄

11:05  三重大学大学院教授 福﨑智司

    次亜塩素酸水溶液の効能・空間噴霧の効果と安全性

11:15  北海道大学名誉教授 玉城英彦 (テレビ参加)

    新型コロナウイルスに対する次亜塩素酸水溶液の有効性試験結果

11:25  東京工業大学特任教授 奈良林 直

     大量空間噴霧の実際と可能性 海外採用例


11:25  東京工業大学特任教授 奈良林 直

     大量空間噴霧の実際と可能性 海外採用例

11:30  各研究者への質疑応答

11:55  終了

会見に至った経緯とアピールの概要は「次亜塩素酸水溶液普及促進会議」ホームページを

ご覧ください。 https://jia-jp.net/

     

[お問合せ: 次亜塩素酸水溶液普及促進会議代表 越智文雄 011-757-6317 ]


| | コメント (2)

次亜水の記者会見

数年前より高橋先生のブログを拝読して感銘を受けています。
「次亜塩素酸水普及促進会議」の記者会見が6/11(木)
にあります。下記URLを参照ください。
またこのH.Pには次亜塩素酸水の有効性に関するエビデンスの記事が掲載されていますので参考になるかと思います。

https://jia-jp.net/

| | コメント (0)

より以前の記事一覧