« 傍外尿道口嚢胞(亀頭の水疱)治し方 | トップページ | 帰宅 »

坐骨神経痛・自律神経失調症

整形外科の患者さんで坐骨神経痛や自立産経失調症の人がいます。

❶医師が治療しますが、なかなか治らないのです。いろいろな医師を受診しますが、治らないので当院に来院するのです。

❷脊椎の周囲が変形して、神経が圧迫されて痛みが出ると考えています。治らない患者さんを脊椎の手術をしますが治らないのです。

❸医師は神経が損傷しているので治りません、と解説します。あるいは体質です、と言うのです。

❹何らかの原因で、神経が傷めると、神経のミトコンドリアが休止します。1本の神経に1,000個のミトコンドリアが存在して電気を流していないからです。クスリを内服しても治らないのです。

❺そこでプラズマ治療で大量のマイナス電子を供給照射すると、ミトコンドリアが復活して電気が流れて、神経が正常化するのです。

❻結果、あらゆる神経のバランスが正常化して、症状が改善するのです。

❼また、排尿障害で膀胱に負担がかかると、膀胱の情報が脊髄を介して坐骨神経に伝達させることがあります。その場合には、排尿障害と頻尿の治療薬で治ります。


|

« 傍外尿道口嚢胞(亀頭の水疱)治し方 | トップページ | 帰宅 »