« ツエ杖の歩行 | トップページ | 日本の悪い環境 »

胆管癌、肺転移

男性患者さんで、胆管癌と肺転移が発見された人です。

❶主治医から手術ができないので、抗がん剤の治療を行なっています。しかしながら血液の白血球が低下して悩んでいました。

❷そこで試しにプラズマ治療を始めました。週2回の治療です。これを1ヵ月ほど続けて、どのような結果になるか楽しみです。

❸転移ガンが少し小さくなりました。また抗がん剤の投与も少なくても、小さくなりました。

❹また酸素カプセルに入り、人体の隅々まで酸素を届けると、ガン細胞に血液が届きます。その後にプラズマ治療で大量発生マイナス電子を供給すると、ガン細胞を白血球などが攻撃しやすくなるのです。

❺患者さんは今も元気に通院しています。この人の奥さんも喜んでいます♪♪♪実は奥さんが難聴になり、プラズマ治療で治ったのです。それで、ご主人を紹介してくれたのです。( ◠‿◠ )

|

« ツエ杖の歩行 | トップページ | 日本の悪い環境 »