« きれいな看護婦さん | トップページ | 大分県 白山クリニック#2 バック筋膜の手術法 »

大分県 白山クリニック

大分県から来た美容整形の医師が来院しました。わたしの包茎手術法を詳しく知りたく来たのです。本人から、お礼に10万円を頂きました。ビックリです。これで4人目のクリニックです。(笑)

❶わたしのしの手術は、きれいにするのと、ペニスを大きく長くする方法です。余った包皮を除去するのはもちろんのこと、余った皮膚でオチンチンを大きくする方法です。

❷今は私の体調が悪く、手術ができません。そのため手術して欲しい患者さんをみんな断っています。

❸美容整形外科の医師が、私の方法を知りたかったのです。私はブログに手術の方法を詳細に記述しています。方法を細かく説明しています。よく読んで下さい。

######

現在の私の長茎増大手術の新しい手順です。

❶マジックインクで包皮に切開のメイキングする。

❷電気焼灼でマジックインクを深く焼く。
❸包皮を引っ張ると、皮下組織・表層筋膜が露出する。
❹傷の少し下を電気焼灼あるいは電気凝固してメスで切開する。
❻バック筋膜を正中の根元までハサミで注意しながら切開する。
❼同様に裏スジ側のバック筋膜も根元までハサミで切開する。裏スジ側は出血しやすいので十分に止血する。
❽バック筋膜を左右に切開して、海綿体から十分に剥離する。
❾根元の靭帯近くのバック筋膜徹底的に剥がす。
➓海綿体の薄いバック筋膜をメスを斜めにしながら薄く切開する。すると海綿体が太く伸びる。
➓❶3つの海綿体(陰茎海綿体2つ、尿道海綿体1つ)の付着物を剥離する。
➓❷陰茎を積極的に引き伸ばし、バック筋膜を根元に押し込む。
➓❸出血を確認して止血する。
➓❹包皮に縫合ステープラーで10箇所固定する。
➓❺ステープラーの間に、皮膚新生のためにプロペトを塗る。
➓❻手術3週間後にステープラー解除器具で取り外す。
手術をなさる医師はこの手順を参考にしてください。
❷陰茎の根元方向に向かって、手前側のバック筋膜をハサミで注意しながら少しずつ切開する。
❸包皮が十分に陰茎根部まで剥離できたら、陰茎根部を牽引しながら、深部の余分なバック筋膜が確認できます。
❹陰茎根部側にハサミを入れて、ハサミを開きながら末梢側に移動させると、バック筋膜の癒着部分に当たります。
❺そこでハサミをナイフのように抹消側に少しずつ切開できます。
❻抹消側を切開しているので、血管の存在が少ないので、従来のように出血しにくいのです。
❼結果、過去に手術をしていない患者さんとほぼ同じに手術が可能です。

❺さらに包皮と皮下組織を引っ張ると、海綿体に癒着している7「バック筋膜・深層筋膜」が露出する。

複雑で丁寧な手術でしょう。だから時間がかるので、視力が低下して高齢者の私には大変なのです。それでも失敗することがありますから、手術を希望する方は覚悟してくださいね。

手術の予定で来院された患者さんに、体調が悪い時には丁寧にお断りします。後日、日を改めて、手術料金も少し減らしています(笑)。私以外の活発な先生に手術してもらってください。お願い致します。修正手術は短時間で完成するので、喜んでやってあげます。(笑)

追加+++++++


過去に包茎手術をされた患者さんが、長茎増大手術を希望される人が時々います。

そのような患者さんは、術後の影響でバック筋膜の陰茎に癒着度が強く、容易に剥がすことが出来ないのです。過去に手術をしていない人の場合には、指だけで多くの部分が容易に剥離できます。

そのため過去に手術をしている人の場合には、指だけでははバッグ筋膜を容易には剥離できません。そこでハサミで切開しなければなりません。方法を具体的に解説しましょう。

❶まずは指を使って可能な限り剥離する。

Back1

この方法で先日、過去に手術したことのある患者さんを再手術をしました。術前が6.5センチだつたのが、術後10.5センチ〜11.0センチになりました。………嬉しい❣️


 

 

 

 

 

 

|

« きれいな看護婦さん | トップページ | 大分県 白山クリニック#2 バック筋膜の手術法 »