« 歌・合唱 | トップページ | 血液透析の増加 »

六本木に住んで

わたしは交際していた女性から自宅に電話がかかりました。それを父親が聞いて怒りました。そして、しばらくして彼女と別れました。(笑)

❶わたしは、ある日突然として父親と一緒に生活出来ないと怒って、わたしの部屋を探し大学の近くで探してました。

❷六本木の奥に個人マンションがありました。7階建ての5階が空いていました。1LDK部屋の代金が11万5千円でした。当時としては高額でしたが、当時の収入は30万円〜40万円だったので借りることにしました。

❸赤坂八丁目で景色も良く、慈恵医大まで車で10分くらい近かったのです。ここを中心に仕事をして遊びました。

❹5年ほどしたら、両親と仲が良くなりました。そこで両親を六本木に呼び、レストランで食幅をしました。そして六本木から歩いて私のマンションまで連れて来ました。

❺父親は昔に自衛隊本部で仕事をしていましたから、懐かしく思ったのでしょう。そして私の自宅に連れて中を見せました。すると父親が私の会社の本部にして、費用を出してあげると言われました。(笑) タクシーを呼び自宅に帰しました。料金1万円をあげました。

❻今の奥さんとお結婚して二人がが住んでいたのがこのマンションでした。しかし2ヶ月もしないうちに、静岡県の富士市に仕事で転居しました。

❼今はもう同じマンションはありません。前のマンションは買い取られて新しいマンションが作られたのです

|

« 歌・合唱 | トップページ | 血液透析の増加 »