« 女医さんとの関係 | トップページ | 女性の重要性 »

膀胱括約筋の治療

膀胱出口の周囲に、男女問わず膀胱括約筋が位置して存在します。、

 ❶オシッコが漏れ出ないように膀胱括約筋が常に収縮しています。この膀胱括約筋が緩まないと排尿障害になるのです。

❷男性の場合には、膀胱括約筋が緩まないで長期間で前立腺に負担がかかり、前立腺肥大症になるのです。医師は前立腺肥大症が自然に大きくなると思っています。

❸女性の場合には、前立腺がないので、膀胱括約筋が肥大して排尿障害が強くなると、膀胱に負担がかかり、慢性膀胱炎、過活動膀胱、間質性膀胱と診断されるのです。

❹ですから病名は異なりますが、原因は全て同じです。男性の場合は、前立腺を小さくする方法で少しは改善します。

❺女性は隠れた排尿障害を積極的に治療しなければなりません。しかし女性の排尿障害の薬がエブランチルしかありません。本当は男性用のハルナール、ユリーフ、フリバスが適応です。

❻自費で購入は高いので、お父さんやご主人の保険証を利用してください。どちらもダメであれば、ユリーフのジェネリックのシロドシンを安価で購入してください。

❼男性は排尿障害があればPSAが高くなりますから、気になるのであれば排尿障害の治療してください。

|

« 女医さんとの関係 | トップページ | 女性の重要性 »