« 間質性膀胱炎のご夫婦の共同作業 | トップページ | 膀胱ガンの治療の欠点 »

男性のうつ病

ときどき男性患者さんが「うつ病」で悩みました。さてどうしてうつ病になったのでしよう。

❶うつ病の多くが 中年以降の男性患者さんです。どうしてだと思いますか? 実は男性ホルモンか低下したからです。脳に存在する男性ホルモンは人間を明るくします。

❷しかしながら、男性ホルモンが低下すると、脳細胞がうつ病になるのです。特に男性ホルモンの低下が多い男性はうつ病になるのです。

❸これを治すには、どのようにすれば良いのてしようか?実は、大豆イソフラボンであるドクターアグリマックスを毎日飲めば良いのです。ドクターアグリマックスは男性ホルモンてはありませんが、構造式が男性ホルモンに似ているので、人体が男性ホルモンが上昇した、あるいは若くなったと錯覚するのです。

❹結果的に男性ホルモンが増えたと思い、脳のうつ病が改善するのです。

❺特に、出世したり仕事がとても出来る男性は、若い時の男性ホルモンがとても高かったのです。中年以降の男性ホルモンの低下は、他人の男性よりも高いのですが、若い時の男性ホルモンより低下しているので、うつ病になるのです。

❻男性と違い女性はうつ病にはなりません。中年以降になると、女性ホルモンが低下して脳内のホルモンバランスが男性と逆になります。すると男性ホルモンが女性ホルモンよりも高くなりますから、元気で男らしくなるのです。中年以降のご夫婦は、奥さんは元気で、旦那さんは静かでおとなしくなるのです。(笑)私の夫婦も同じです(笑)。

|

« 間質性膀胱炎のご夫婦の共同作業 | トップページ | 膀胱ガンの治療の欠点 »