« 事故と医師の責任 | トップページ | 男性のうつ病 »

間質性膀胱炎のご夫婦の共同作業

ご婦人が間質性膀胱炎で、膀胱疼痛、陰部疼痛、頻尿などの様々な症状が出現して、ご婦人が悩んでいます。

❶地元の医師に治療されますが、症状が治らずに悩みます。そしてインターネットで私を見つけて、遠方から来院するのです。

❷原因は、ご婦人な排尿障害ですが、エブランチルしか女性に処方できません。しかしながら、αブロッカーのハルナール、ユリーフ、フリバスよりも弱いのです。

❸そこでご主人に許可を得て、前立腺肥大症として処方してもらい、奥様が内服するのです。

❹独身の場合は、お父上に頼んで処方してもらいます。そのようにして、女性は治るのです。そのような患者さんはたくさん存在します。

|

« 事故と医師の責任 | トップページ | 男性のうつ病 »