« 間質性膀胱炎の本質 | トップページ | 難治性の尿道炎 »

前立腺肥大症の理由

一般に医師は前立腺肥大症が原因で排尿障害になると思っています。しかしながら本当の違います。

前立腺肥大症になった男性は、もともと排尿障害走あったのです。

❶若い時から頻尿や慢性前立腺炎頑張りあったのです。本人は「私の体質だ!」と思っていたのてす。

❷長い時間をかけて排尿障害が続くと、前立腺に物理的に負担がかかり、前立腺が大きくなり前立腺肥大症になるのです。

❸ですから頻尿や慢性前立腺炎の男性は若い時から排尿障害の治療を行なえば前立腺肥大症入院ならないのです。

❹前立腺肥大症になったら当然、前立腺を小さくしなければ排尿障害は改善しません。そのため前立腺を小さくさせる女性ホルモンに近い薬剤を処方されるのです。

❺こんな事にならない様に、若い時から排尿障害の治療をしましょう。そうすれば前立腺肥大症になりません。(笑)

|

« 間質性膀胱炎の本質 | トップページ | 難治性の尿道炎 »