« ドクターアグリマックス#2ご婦人 | トップページ | PSAの存在 »

前立腺肥大症に治療

前立腺肥大症は、もともとは排尿障害が長期間あったので、前立腺に物理的に負担がかかり、前立腺が大きくなったのです。

❶ですから前立腺肥大症の治療だけではなく、排尿障害の治療も同時期に行なうのです。

❷先ずは前立腺を小さくする薬は、アボルブです。半年間飲み続けると、100%の大きさが70%になるのです。約く30%小さくなるのです。

❸しかし、かなりの大きさだと30%小さくなっただけでは不十分です。その場合にはプロスタールが必要です。プロスタールは男性ホルモンを低下させて前立腺肥大症小さくさせるのです。

❹前立腺肥大症の治療にプロスタールは1日2錠ですが、前立腺ガンの場合には1日4錠以上になります。

❺つまり男性ホルモンが低下させると言うことは、前立腺ガンを誘発させることになります。本当はこの治療は危険です。

❻したがって、かなり大きい場合は手術しかないのです。もしもプロスタールを使用する場合は前立腺ガンを注意しましよう。あるいはドクターアグリマックスを内服させ、人体が若くなったと錯覚させましょう。(笑)

|

« ドクターアグリマックス#2ご婦人 | トップページ | PSAの存在 »