« 難治性の尿道炎 | トップページ | お中元 »

大学を辞める

私は大学の関連病院の富士中央病院に七年目に勤務しました。結婚した三ヵ月目でした。

❶与えられた病院のマンションは2LDKの広いマンションでした。しかもマンションから病院の私が妻に見えるくらいの近い距離でした。そこで長女が生まれました。楽しく妻は娘を育てました。

❷1年半のその後、大学は福岡の関連病院に私が部長として移動するごとになったのです。少し出世です。

❸しかし妻はそれをとても嫌がりました。東京に戻りたいと強調するのです。娘の小学校受験も考えたら、やはり東京に戻るべきでしょう。このまま大学の言われた通りに実行すると離婚するかもしれません。

❹そこで大学の主任教授に会い大学を辞めることを伝えました。教授は簡単に許可しました。(笑)その後、娘は有名な学校に入学して大学院まで行って卒業しましたありがとう

❺私がアルバイトで勤めていた横浜の救急病院にお願いしたら簡単にOKしてくれました。

❻その後、泌尿器科はもちろんのこと外科医として一生懸命に勉強しました。たくさんの手術を行いました。おかげで医師として能力が上昇しました。

❼3年ほど勤めてから開業医になったのです。それが今の私です。開業医として寿長に進歩しましたが、今回の心臓の手術で身体が悪くなり、本当に困りました。今は懸命に頑張ってリハビリを行なっています。

|

« 難治性の尿道炎 | トップページ | お中元 »