« 略語 | トップページ | 西郷輝彦さん »

泌尿器科医師の誤診

Db0d4c809c0c43ec85094b3a19ab3dda 一般的な泌尿器科は次の病気を治療しますがなかなか治りません。その理由は下記の通りです。

❶間質性膀胱炎 頻尿、膀胱疼痛、尿中に白血球とバイ菌がなく、膀胱鏡に一定の所見があると診断されます。原因は膀胱粘膜に不明の免疫炎症が起きているからだとされています。実は膀胱括約筋の肥大化した排尿障害が原因です。原因不明の
❷慢性前立腺炎 尿道痛、陰嚢の痛みや痒み,尿に異常がないと診断されます。
❸神経因性膀胱 残尿が50〜1,000ccあり、尿が正常の場合に診断されます。
❹PSAの上昇 細かく調べもしないで前立腺癌と診断する。
❺膀胱疼痛症 尿が正常で膀胱が痛いと
❻慢性膀胱炎 毎月の膀胱炎症状があったら
❼前立腺肥大 80才で80%の確率です。前立腺の体質だと思われています。実は膀胱括約筋によって排尿障害があるために前立腺に負担がかかり、前立腺が抵抗して大きくなるのです。
❽花粉症・汗かき・下痢症 上記のすべの病気の80%に免疫炎症・アレルギーと診断されます。本当の原因は、排尿障害で水分が外に出せないために人体で作られるのです。

上記の病気の全ての原因が、膀胱括約筋が原因の排尿障害です。しかし、それぞれ違う原因だと思うので治せないのです。また患者さんが排尿障害を自覚していないので、違う原因と思われてしまいます。私が入院しておりますので初診でお会いできません。早く治療したければ地元の医師に次のように『嘘ぅそ』を言ってください。
「オシッコの出が悪く、頻尿です。」と。(笑)少なくても3ヶ月で症状は軽快します。

治療薬は、
⑴排尿障害を治すためにはα1ブロッカーを飲んでください。ハルナール、ユリーフ、フリバス、エブランチルです。
⑵症状の原因は隠れた頻尿や残尿感です。ですからいろいろな症状を抑えるためにベタニス、べオーバを飲んでくださいー

|

« 略語 | トップページ | 西郷輝彦さん »

コメント

高橋先生、もうすぐ手術ですね。
何も出来ませんが、お元気になられること、心より願っております。
桜の季節を良い体調で迎えられますように。

投稿: 千葉の女性患者 | 2022/02/21 06:14

早くお元気になられますよう。

投稿: 救われた患者 | 2022/02/24 12:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 略語 | トップページ | 西郷輝彦さん »