« 間質性膀胱炎を治療する医師へ | トップページ | 卓上用の小型ミスト噴霧器 »

紹介状

泌尿器科で原因不明とされ明確な治療が出来ない難病がたくさん存在します。その例として、
❶間質性膀胱炎
❷難治性過活動膀胱
❸非細菌性慢性前立腺炎
❹神経因性膀胱
❺膀胱疼痛症
❻慢性うっ血性骨盤疼痛症候群
❼慢性尿道炎
❽陰部掻痒症
これらの病気は患者さんが自覚しない、医師が検査しても正常範囲内と診断されてきた排尿障害が原因なのです。
泌尿器科医師が行う尿流測定、残尿測定、膀胱内圧検査、細菌培養検査、エコー検査、内視鏡検査、CT検査、MRI検査でほぼ異常を認めないのです。

しかしながらエコー検査で、膀胱出口周辺を標準画像の10倍に拡大して観察すると、粘膜の硬化像、膀胱三角部の肥厚、膀胱排尿筋の変形、膀胱括約筋の肥大が認められます。これらの所見は長期間に渡る軽度な排尿障害による後遺症です。

また、患者さんによって異なる症状は、負担のかかった膀胱三角部が発する頻尿情報が脊髄神経回路を介して、痛み・しびれ・かゆみ・圧迫感などさまざまな症状(関連痛)を作っているのです。

患者さんにブログの記事の公開や解説書をお渡ししています。開業医になって32年に渡って3万8千人以上の患者さんを治療し、5千人以上の患者さんに手術を行いました。しかしながら、私は高齢者であり身体障害者1級の血液透析の不完全な人間です。最近では心臓や眼が悪くなったりして、突然死しても不思議ではありません。そこで私の考えを参考にして、多くの悩まれる患者さんを助けてください。お願い致します。

高橋クリニック 高橋知宏
東京都大田区中馬込
03 3771 8000   FAX 03 3771 8033
1979年慈恵医大卒業し泌尿器科学教室入局
1987年大学病院を退職し、救急病院に勤務
1990年に開業する。
泌尿器科専門医、外科認定医、消化器外科認定医、スポーツドクター、整体師

✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️✳️

遠方の患者さんで当院に一度も来院できない患者さんや、私が突然死したために治療が受けられなくなった患者さんも、ご自分の病気に関連するブログ記事を印刷して、この紹介状を持って、地元の泌尿器科医師にお願いしてください。

 

 

 

 

 

 

 

|

« 間質性膀胱炎を治療する医師へ | トップページ | 卓上用の小型ミスト噴霧器 »

コメント

高橋先生、何だか急に心底、心配になります。

初診が終わり、まだ三回目の診察だというのに
「自分の身を守る為に全国の泌尿器科医に掛けあうつもりでいなさい。必要な薬を出してもらえるまで粘りなさい。」
と、仰られた場面が恐怖とともに思い出されます。

投稿: | 2021/06/01 22:33

高橋先生、何だか急に心底、心配になります。

初診が終わり、まだ三回目の診察だというのに
「自分の身を守る為に全国の泌尿器科医に掛けあうつもりでいなさい。必要な薬を出してもらえるまで粘りなさい。」
と、仰られた場面が恐怖とともに思い出されます。

投稿: | 2021/06/01 22:35

今日、お薬を送ってもらいたい為お電話させて頂きました。事務の方に、先生に無理しないで下さいとの旨伝えてください!とお願いしました。僕は先生に巡り会えて本当に良かったと思っています。高校生の頃からこの病に苦しみ、過去に数ヶ所の病院を巡っていましたが、真逆の薬を出され余計苦しんだり。先生に出会えなければ…多分ここにいません。仏様になり、こうして感謝の言葉を述べる事も無かったと思います。色々と伝えたい事などありますが…高橋先生のしてきた事は本来医師のあるべき姿と言うか…上手く表現出来ませんが(汗)助けてくださり、ありがとうございました!
回答
治療効果があって良かったですね。
私の治療した患者さんが、残念ながら100%効果が出るとは限らないのです。
医学が無限大の宇宙と考えて、常に努力して対応しないと、神さまから罰を与えられるかも知れません。頑張ります。

投稿: taketo | 2021/06/02 20:50

先生、お世話になります
先生の紹介状は先々、永遠に日本全国の泌尿器科の先生方の目に留まる事でしょう、先生の診療ブログが若いドクターの虎の巻きになる事は間違い無いですね、教科書、医学書、文献にも無い、先生独自の突拍子も無い発想から生まれた診断のこのブログは国民的財産です!
回答
認めて頂いて、ありがとうございます。

投稿: けんじ | 2021/06/02 21:39

読んでいて、心より頭の下がる思いと感謝の念、怒り、情けなさ さまざまな想いが溢れました。怒り等は人間の常識から脱することの難しさ、真実を認めない情けなさ。今のコロナの政府の対応をみるよう。真に患者のことを 皆がみな先生のような人物像になることを願います

投稿: 塚本 | 2021/06/03 22:12

読んでいて、心より頭の下がる思いと感謝の念、怒り、情けなさ さまざまな想いが溢れました。怒り等は人間の常識から脱することの難しさ、真実を認めない情けなさ。今のコロナの政府の対応をみるよう。真に患者のことを 皆がみな先生のような人物像になることを願います

投稿: 塚本 | 2021/06/03 22:12

高橋先生、紹介状見て心配になってきました。
去年の七夕の日、2度目となる手術を受け、もうあれから一年になるんですね。私が通院している泌尿器科は入院ベッドのあるクリニックでして
40代半ばのドクターに診てもらっています。ニコウェーブも設置してあり、週一回ほど利用しています。主治医は初めの頃は「膀胱頸部硬化症」という病名はご存知でしたが、手術するオプションがあることは想像もしていなかったようです。手術前後のエコー写真をお見せして、膀胱三角部が肥厚すると高エコーに描出される事は「正直知らなかった」とおっしゃっていました。
そこで高橋先生が上梓された本の慢性前立腺炎、膀胱頸部硬化症のページをコピーしてお渡ししています。(著作権を侵害してすみません)
私が高橋先生に手術のシーンを動画で撮影をしたいと相談した際、謙遜されてお断りされましたが、実は主治医に見せたかったのが私の本音でした。
【排尿障害→様々な症状→エコー所見→内視鏡所見(bar in the sky)→頸部の切開→三角部の肥厚の切開→症状の改善】という流れを主治医に理解してもらい、エコー所見などを意識して、疾患として理解してもらいたかったのです。エコー所見の目の付け所も学習して欲しいところです。
日本の泌尿器科では慢性前立腺炎などは不定愁訴として扱われ、疾患の本質を知らない医師は患者が診察を繰り返して不定愁訴を言い続けると、そのうち「気のせいですね」、とか、「また来たの?」といった対応となるので患者はドクターショッピングを繰り返さざるを得なくなります。
泌尿器科の医師たちは陰部の痛みなど主訴にして受診する患者を、一定数診ていると思いますが、「分からない」と謙虚になって患者に伝える事なく、「どこも異常ないよ」「気にしすぎ」とか言われてしまう事になっています。「排尿障害からくる疾患は100年後は普通に手術されていると思います」と高橋先生に話したことがありましたが、ブレイクスルーする時がきっと来るものと信じています。先生のこのブログは永遠に残して欲しいです。このブログを見ると目から鱗が落ちる経験を泌尿器科の先生方がされると信じています。
最後に私自身の症状はニコウェーブを併用してかなり楽になっています。
高橋先生には本当に感謝しております。
ありがとうございます。

投稿: ヤス | 2021/06/04 07:59

No.37960
先生の作った紹介状、ブログなどの資料はこれからの希望になるものだと思います。
今まで私が会ってきた病院の先生方は、症状があるといってもなにもなってないとすぐに決めつけてしまうような人たちでした。何箇所も病院にいって、本当に悔しい思いばかりしました。
私は先生のところで原因を発見してもらえて、手術の約束をしてくれて希望が持てました。夫婦で泣いて喜びました。
これを見せて、病院巡りをして探せば、まだ柔軟な方は薬の処方などはなんとかしてくれるかもしれません。それもかなりの人の希望になると思います。薬の効きがよくなかった私は他に手術してくれる人がいるかというと、現状あてがまったくありません……悲しいことにまだ先になってしまいそうですが、私も先生のような医師が増えてくれることを切に願っております。

先生も大変な中、手術をお願いするのも本当に心苦しくは思っておりますが、現状他に手術を頼める方がなく、申し訳ないです。○手術の日程についてまた分かることがあれば教えていただきたいです。○まだ全然わからなければ、いつよりは後になりそうなどでも教えてほしいです。
私含め患者さん一同、先生が具合悪いととても不安になってしまいますので、なによりご自身のお身体に気をつけてお過ごしください。

投稿: よ | 2021/06/04 21:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 間質性膀胱炎を治療する医師へ | トップページ | 卓上用の小型ミスト噴霧器 »