« ワクチン接種の副作用の予防法 | トップページ | コロナ対策=エアロゾル対策 »

間質性膀胱炎の手術方法

 

Icop1泌尿器科学会で原因不明とされている「間質性膀胱炎」の原因は、患者さんが無自覚の排尿障害と膀胱三角部の過敏さが原因です。

 積極的な排尿障害の治療薬のα1-ブロッカーであるユリーフ・シロドシン、ハルナール・タムスロシン、エブランチルと、膀胱三角部の興奮を鎮めるβ3作動薬であるベタニス、ベオーバの投与で患者さんの80%以上の人が軽快しました。

しかし、20%未満の患者さんは、まだ我慢できない症状で悩まれるのです。そこで私の考案した内視鏡手術で症状を軽快させます。方法は【初めのイラスト】の通りです。

❶まずは、膀胱出口を開きやすく切開します。6時と12時の切開が基本です。追加としては、1〜2時、4〜5時、7〜8時、10〜11時です。すべて行う必要はありません。

❷症状を作っているのは、排尿障害で刺激された膀胱三角部ですから、縦に切開したり、ボトックスを注射すると症状は軽快します。

Icop2 【2枚目のイラスト】膀胱の手術は、日帰り手術のために仙骨神経ブロックで行います。すると手術中にオシッコを出すことが可能です。術中にオシッコを出すようにいきんでもらうと、正常であれば膀胱出口が十分に開く筈なのに、慢性前立腺炎や間質性膀胱炎の患者さんの場合には、膀胱出口が逆に閉じるのです。それも12時の方向から下に下がるのです。そして6時の部分が正常よりも上に位置しているのです。

その理由は膀胱括約筋が肥大して、膀胱出口の12時に位置しているため、排尿時に膀胱括約筋が収縮して12時の位置が下がるのです。6時の位置が相対的に上に上がるので、膀胱出口の6時の位置が膀胱側に飛び出るのです。

Icop3 【3枚目のイラスト】ですから内視鏡手術としては、膀胱出口の12時と6時の位置を十分に切開するのです。また6時の位置を膀胱三角部まで十分に切開すれば、症状も低下します。

この方法に気づき実行しているのは、日本(世界?)でも私ひとりだけです。当然、保険適応外です。「過活動膀胱の尿失禁」と言う病名でボトックス注射を行って、ついでに内視鏡手術をしたことにすれば、10万円以下の保険負担金でできます。この私のやり方を真似して実行して頂ければ、たくさんの患者さんに好かれますよ。 

以前に記載した慢性前立腺の内容とほぼ同じです。病気は同じだからです。

|

« ワクチン接種の副作用の予防法 | トップページ | コロナ対策=エアロゾル対策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ワクチン接種の副作用の予防法 | トップページ | コロナ対策=エアロゾル対策 »