« 慢性前立腺炎の真実 | トップページ | 貧血 »

センサーが気になり

8432e8e6f2b64e9099738255a4ddf77b心臓の集中治療室であるCCUに2日間閉じ込められていました。手術の翌日、術中出血のため、透析中に発熱して血圧が低下している際には、眠れたのです。しかし体調が良くなると眠れなくなりました。

その理由はセンサーの存在です。足の親指に酸素濃度測定センサーがあり、右手首の橈骨動脈に血液の測定センサーがあり、右前腕の静脈に点滴の針が留置され、鼻には酸素チューブが付けられ、胸に心電図モニターが四つ装着され仕方がなく、深夜ずっ〜と起きていました。

体調が良くなると、体に付いている感覚が気になって気になって仕方がないのです。それで眠れなくなりました。翌朝、逆に眠っていました(笑)。

|

« 慢性前立腺炎の真実 | トップページ | 貧血 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 慢性前立腺炎の真実 | トップページ | 貧血 »