« 針生検してはダメ | トップページ | 間質性膀胱炎の対処法 »

コロナ感染の本質

「緊急事態宣言」の中止から、外出ができるようになりました。しかしながら、またまた新型コロナ感染者が、絶対に増えます。政府は、大金の経費を使って、PCR検査を多数実施して、新型コロナ感染者をたくさん発見しています。この政策で感染者が減少すると思いますか? 感染患者数を確認するだけではなく、感染者を減らすための政策を考え実行しなければならないのです。

Heni3 最近、変異型コロナが出現して、恐怖感が出ています。変異型コロナは感染力が、今までのコロナと比較して1.7倍も強いのです。しかし、これは空気感染の空気浮遊が同じなのですが、人体に侵入してからの違いなのです。感染能力の違いは、人体細胞への密着が強いのです。細胞の密着度が高いのであれば、感染率が高くなるのです。それを防ぐためには、元の新型コロナも変異型コロナも空気感染を防止すればいいだけです。

Heni2

空気感染の本質は、ウィルスが空気浮遊しているだけです。手のアルコール消毒しても、自宅にアルコールスプレーしても、マスクしても、ウガイをしても空気感染を防ぐことは出来ないのです。

空気浮遊しているウィルスが、髪の毛・顔・素肌・服・スカート・ズボン・靴に付着します。眼からも侵入します。これを防ぐためには、手の消毒とウガイと家具の消毒だけで防げると思われますか? どう考えても無理です。

Corona11

ですから、感染を抑えるためには、同じ空気浮遊・感染を抑えればいいのです。その空気感染を抑えて殺菌できるのは、「次亜水ミスト」だけです。自宅、会社、飲食店、待合室、病院、映画館、コンサート会場、歩道に次亜水ミスト噴霧器を設置すれば、感染者は激減するでしょう。費用はさほど高くはありません。また次亜水ミスト携帯噴霧器を持って入れば、どこに外出しても安全で完璧な対処法でしょう。

 

|

« 針生検してはダメ | トップページ | 間質性膀胱炎の対処法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 針生検してはダメ | トップページ | 間質性膀胱炎の対処法 »