« 人生には山あり谷あり#2 | トップページ | 間質性膀胱炎の考え方 »

クラスター対策

Cluster1新型コロナウィルス感染で問題になっているのが、クラスター感染です。つまり人が集合して食事したり会話したり大声をあげたりする環境に、感染者が一人でも存在すれば、多数の人びとが感染するのは当たり前でしょう。初めのうちは、経済は上昇していましたが、それに比例して感染者が極端に増加します。

Cluster2感染者が」が増えたために、政府は緊急事態宣言を行いました。おおっくの人びとが会話したり食事会を行いませんから、次第に感染者の数が減っていくのは当然でしょう。
ところが、クラスタ防止のために収入が激減して、経済が激減低下するのも当然です。このままでは、日本を始め世界中が経済低下になります。

Cluster3空気浮遊感染である新型コロナウィルス感染をクラスター感染の政府の防止策だけでは、感染者の数は多少減るかも知れませんが、当然、経済は極端に低下するに決まっています。このままでは、その内、経済が破滅するに決まっています。

これを解除するために、飲食店などのお店や宴会場に次亜水ミスト噴霧すれば、感染者の拡散するウィルスを完全に殺菌してくれますし、現場で非感染者に吸入侵入したコロナウィルスも、次亜水ミストが吸入され殺菌してくれます。ですから各お店に1台以上の次亜水ミスト噴霧器を設置すれば、感染は一気に低下します。

 

 

|

« 人生には山あり谷あり#2 | トップページ | 間質性膀胱炎の考え方 »

コメント

こんにちは。
日本でも新型コロナに対するmRNAワクチンの接種がはじまるようですが、安全性について先生はどう思われますか?
職場で接種を希望するかしないか返答しなければならず、悩んでいます。
もしよければ考えをお聞かせ願いたいです。
回答
新型コロナウィルスは、他のウィルスに比較して病状が複雑です。
ですから、ワクチンの安定性も明確には判定出来ないでしょう。
あとは運次第です。

投稿: | 2021/02/04 16:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 人生には山あり谷あり#2 | トップページ | 間質性膀胱炎の考え方 »