« バレンタイン | トップページ | プラズマ療法の適応疾患 »

前立腺ガンの悪性度

Glison

 前立腺ガンは、悪性度が顕微鏡画像で5段階に分けられます。グリソ分類❶❷❸❹❺と決められています。それがイラストの通りです。

 

分類❶は、正常の細胞と同じで細胞の密度もほぼ正常です。
分類❷は、細胞が少し大小の違いがあり、細胞の密度がも隙間がでています。
分類❸は、大きさがまちまちで、5倍〜1/5倍の違いあり、細胞の密度は低いのです。
分類❹は、細胞膜の厚さがイビツで、密集して塊りになっている細胞もあります。
分類❺は、イビツに大きく固まった細胞だけです。

一人のた男性の前立腺ガンの組織が、全て同じではありません。少なくても2タイプのグリソン分類を足すのが、「グリソンスコア」と呼ばれます。いろいろなタイプを発見するために、前立腺針生検を医師は6回から18回もも刺して見つけようとするのです。その結果、文類の組み合わせで、


Img_0663 ❷+❸=グリソンスコア⑤高文化型(軽悪性度)
❸+❸=グリソンスコア⑥高文化型(軽悪性度)
❸+❹=グリソンスコア⑦中文化型(中間悪性度)
❹+❹=グリソンスコア⑧低文化型(高悪性度)
❹+❺=グリソンスコア⑨低文化型(高悪性度)
❺+❺=グリソンスコア⑩低文化型(高悪性度)

悪性度の違いによる5年10年生存率を示したグラフです。医師は針生検によって、事前に悪性度を確認して治療方針決めるのです。

ところが、グラフを見て、ある疑問を感じます。悪性度が軽症だろうが重症だろうが、針生検の確認後から生存率が、顕著に低下しているように見えるのです。

 

|

« バレンタイン | トップページ | プラズマ療法の適応疾患 »

コメント

6日間、更新がなかったので高橋先生の身にもしや、何か良くないことでも起きたのかしら?と、心配していましたが
良かったです。
安心しました。

少しずつ日が長くなってきて力強い春の光を感じます。
この光がコロナに負けない希望の光となってくれることを
節に願っています。

高橋先生も、どうぞ楽しい春をお過ごしください。
【回答】
ご心配をおかけしました。
しかしながら、私も高齢者で毎日思いつく事がないのです。
ソロソロ、ブログも手術も止めても良いかな?と思うことがあります。

投稿: | 2021/02/21 17:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バレンタイン | トップページ | プラズマ療法の適応疾患 »