« 一卵性双生児  | トップページ | 関連症状 »

子孫を増やすのが…目的

Fufu3 生命とは、子孫を増やすのが一番の目的です。目的は同じでもスタイルは異なります。

 人間として生まれて、思春期が過ぎて大人になり、自然と性行為を行いますが、本質的には子孫を増やすことが生命の本質です。一般的に無意識のうちに異性が好きになり、子孫の有無に無関係に性行為をするのです。

 新型コロナウィルスも目的は同じです。ウィルスは人間と違い性別がありませんから、他の生命体の細胞を利用して感染し、細胞内で自分のコピーを大量に作るのです。しかし、使用するコピー機の細胞が不完全であれば、完璧なコピーが作れなくなります。それがある意味で変異種になるのです。最近、コロナウィルスの変異種の存在が話題になっていますが、その理由は人間の細胞の影響です。人種に応じて、新型コロナウィルスが感染した細胞に影響されて、変異したコピーが出来てしまうのです。その変異に応じて感染力が弱ければ死滅するし、感染力が強ければ拡散するのです。

 人間の子孫は、コピーではないので、常に変異種です。自分の子供は異性との合体で作るので、コロナウィルスのようにコピーではありません。ですから人類は進化するのでしょう。

 感染を受けた細胞が実際には100万個のコピーを作るのです。さすがに細胞は疲労して死滅します。例えば。人間の奥さんに、たった100人の子供を産ませれば、さすがに奥さんは死ぬでしょう。ですから、コロナウィルスは人間に何のお礼もせずに殺すのです。生き物であれば必ずお礼するでしょう。それから考えれば、コロナウィルスは生き物では無く、ある意味で心のない無機物でしかないのです。ですから、コロナウィルスを積極的に殺菌しても神様から怒られないでしょう。そのためにも次亜水で積極的に消毒・スプレー・ミスト噴霧すべきです。

|

« 一卵性双生児  | トップページ | 関連症状 »

コメント

No.37960です。
本日プラズマ治療で伺ったものです。
診察受けたのにうまくお話しできなかったのと、文章なら読んでいただけるかと思い、お伝えしたかったことを書かせていただきます。
プラズマ治療はまだ変化がなく、もう一回受けると3回になるので、そこである程度なにか効いているのか見極めたいと思っています。そこで少しでも効いてきていればもちろん続けます。
効果が感じられなかったときには、手術を今度こそ申し込みさせて欲しいと思っています。薬も効かなかったので、これが効かなかったら、もうそれしか希望はないと思っています…現状維持はもう絶望でしかありません。たかが尿意と思うかもしれませんが、痛みが強い方より深刻に見えないのかもしれませんが、強い尿意により、今日も明け方まで一睡もできずに伺いました。新婚なのに、尿意に5割以上気を取られて、なにも楽しめません。子供も本当は欲しいのに性生活も染みるような痛みがあり、去年の夏から全て断っています。身体を傷つけることになったとしても、可能性があるほうにかけたいです。どうかそのときは手術をお願いできないでしょうか?なにか条件等があれば全て受け入れるつもりです。
良い返事がいただけたら、それだけでも希望を失わずに生活できます…どうか前向きにご検討お願いします。長い文章失礼いたしました。

投稿: よ | 2021/02/13 12:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一卵性双生児  | トップページ | 関連症状 »